TOY'S FACTORY goo ブログ 藍坊主の藍ブロ

すごいの出来てます。

comment ( 2 ) | Trackback ( 0 )

スタジオより。

機材車を運転している時、
ユウイチはオシャレな音楽をガンガン流していたので、
ふと、拓郎はどうなのか気になって観察していた。

予想はメタルを流すと思ってたんだけど、、
結果は、、、、無音。笑

ずーーと前を向いて黙々と運転。
よく飽きないと感心するけど、
わき目も振らず、ゴールデンウィークの
高速道路を運転してた。


話は変わって、昨日。
拓郎と2人で練習に入った時のこと。

待ち合わせの1時間前にスタジオに到着したので
覗き見したら、わき目も振らずにずーと同じフレーズを練習してた。

クリック音と、永遠に同じビートのループ、、、、


デジャブです。


「皆さーーん!彼は、ストイックの塊ですよー。」

という報告のブログでした。

尊敬の念を込めて。

藤森
comment ( 1 ) | Trackback ( 0 )

デビュー15周年を経て燃え残ったもの

こんにちは。

ただ今、明日のライブに向けて、
ゴールデンウィークの高速道路を
西へ西へ走らせている藍坊主です。

ユウイチが運転してるんだけど
知らない曲がずーとかかってます。
ホント、音楽が好きだな。と感心する。


すごく遅くなったけど、
aobozu DEBUT 15th ANNIVERSARY TOUR 「ルノと月の音楽祭」
へ来てくれた皆さん、有難うございました。

ツアー中、ファンの人から「セットリスト公開して下さい!」
って要望もらったのを思い出したんで、ファイナルのそれを載せときます。

2/11(月祝) 小田原市民会館
1,雫
2,ウズラ
3,桜の足あと
4,スプーン
5,ハローグッバイ
6,コイントス
7,マザー
8,名前のない色
9,星のすみか
10,lumo
11, 僕らしさ君らしさ
12,宇宙に行ったライオン
13,蛍
14,星霜、誘う
15,降車ボタンを押さなかったら
16,魔法以上が宿ってゆく
17,群青

EN
1,レタス
2,嘘みたいな奇跡を


そして、
アンコールで披露した新曲レタスのリリースを経て、
ニューミニアルバム「燃えない化石」のリリースが
決定しました。

新作がリリース出来ることは、ホントに有り難いこと。
ファン、関係者、スタッフ、メンバーに感謝。

デビュー15周年を経て燃え残った、藍坊主の原石。
って感じの曲達で、マジですげーのよ。
思いっきり楽しんで、レコーディングに臨もうと思います。
comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )

デビュー15周年イヤー最終日。

2003年2月12日、藍坊主というアルバムをリリースして15年。
改めて、藍坊主に活動を支えてくれているスタッフ、関係者、そしてファンに感謝。
最高の音楽を届けられるよう頑張るぜー!
本日、最終日!宜しく!!
comment ( 4 ) | Trackback ( 0 )

嘘みたいな15年編


本日よりデビュー15周年ツアーの後半がスタート。
年明けからレコーディングを行い、既に熱量高めです。
最高のツアーにします。
宜しく!
comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゴーイングマイウェイ

デビュー15周年ツアー始まりました。
先週の千葉、今日の神戸、共に最高の時間になりました。

15年前、青春パンクブームがあって、
デビューをして、ブームがさっても続けられてこれたのは
自分たちの道を歩いてこれたからだと思います。

藍坊主のワガママをいつも受け入れてくれる
ファンに感謝です。

明日も頑張るぜー。宜しく!
comment ( 2 ) | Trackback ( 0 )

新潟有難う!

本日、サカナモンツアーぶり。
約1ヶ月ぶりのライブ。(写真はその打ち上げです。笑)

風のリズムへ出演させて頂きました。
久しぶりの新潟、待ってくれている人が沢山いて嬉しかった。
有難う御座いました!

実は、木曜日に39.4度の高熱を出して、金曜日土曜日と寝ていたんだけど、
寝てるとダメだね。、、、ついつい考え過ぎてしまう。
すごくポジティブになったり、ネガティブになったり、
行ったり来たりしていたのだけど、
今日のライブでフラットに戻せました。

通常の自分より、少しだけローテンションというか、
あれです、音符の♭と一緒で、半音下な感じ。

車窓を見て、新潟はかなり紅葉も進んでいたし、
旬の旨いものでも食べて、明日からまた頑張ろうと思います。

YES、マイペース、マイライフ。

って言うか、この写真見てると、どうでも良くなってくる。笑

新潟有難う!また1月に!


comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )

36歳

36歳

今年も無事にやってきました。
36歳あっという間な気もするような。
長かったような気もするような。

ここまでこれたこと
力を貸してくれるみなさん
刺激を与えてくれるみなさん
応援してくれてるみなさん
ありがとうございます。


...なんだかまるで解散とか脱退みたいな切り出し方だけど
そういうわではございません
あしからず。

さて
少しずつだけど
変える、始める、終わらせる、整理する。
挑戦する、反省する、再挑戦する。
なんて感じで
以前のような
コレと決めたらコレ!
真っ直ぐ進む!
壁が出て来たらぶち破る!
みたいな感じじゃなくて...
最初から違う方法、変化する方法
そうして歩いたところに見える今までとは違う景色に意識が向いています。
ドラムの改造やってみたりというのもその一つかもしれない。

※普通のドラムセットだったんですけど
家のベランダでノコギリで切断し
塗料を塗りたくってみたりしてこんな形に。


そんな時にふと思うのは20代の頃とは気持ちの置き場所?が変わったような...。
ということ。

良い方向へ...とか
自分の中で思い描いた正解を正解であると証明するために...とか
何か積年の恨みでも晴らしたいかのような勢いで
絶対許すまじ...みたいなノリで行動してた時期もあったけど。
いつの間にか見えてた敵?みたいな物の姿が最近見えない。
敵じゃなかったような気もするんだけど。

追いかけてる間は届かない
でも追いかけないと追いつけない
という思考回路だったので
とにかく全力で走ってたら目的地を通り過ぎてたみたいな
敵を全部倒してもう周りに誰もいないのにまだ一生懸命刀振り回してるみたいになってた感じ。

そんなわけで一度深呼吸して周りをもう一度見てみようという感じかなぁ。

最近は
良いか悪いかは考えない...否、興味がない。
何かが起こる、何かが変わる、そのことに興味がある。

そんなわけでまた木の棒を2本持って強いヤツに会うために出掛けるのだ。
勝つとか負けるとかじゃなくて出会えるだけで奇跡。
斬りたいし斬られたい。
とにかくもっとちゃんと音楽を演奏したい。
一人じゃ自分の思ったような形で音楽をすることできないからそれができる人に会いに出掛けるのだ。


そんなわけで久しぶりにSAKANAMONと会えるのがとても楽しみ。
同じ釜の飯を食った者同士バッチバチにやりあいたいと思います。

そして11/16は横浜でHARMONICA CREAMSのサポート。
スペインやフランスの歴史あるケルトの音楽祭でアジア人として初優勝。
今年のフジロックのベストアクトとの呼び声もあるとか...。
ほんと嵐の勢いで快進撃してるバンドです。
きっと耳の早い人達は知ってたりするんじゃないかと思う。
今回はサポートkeyでエマーソン北村さんも参加。
忌野清志郎さんや斉藤和義さんなどで活躍されてきた方と共にお届けします。
hozzyとユウイチの水族館ライブおれも行きたかったけど(笑)
とっても素敵なライブになると思うので良かったら来てね。
http://harmonicacreams.com


最後まで読んでくれてありがとう。
comment ( 2 ) | Trackback ( 0 )

何にもない空からねー。

こんばんは。
昨日の小田原ライブに続き、本日は渋谷でサーキットイベントへ出演。
雨バンドっぷりを発揮して、会場入りのタイミングでは、
昨日も今日も雨、、、泣

しかし、本番には回復し、演奏した『空』は非常に気持ちが良かった。

本日はTOKYO CALLING 2018
イナズマ戦隊との再会もあり、本番前からテンション高めです。
頑張るぜー
comment ( 1 ) | Trackback ( 0 )

ツアー終了

昨日の名古屋で、フォレストーンのリバイバルツアーが終わっちまいました。
もっとやっても良かったな、と
10年前にはとても思えなかった感想と共に、ライブ余韻に浸ってます。

今移動車の中で、夏の銀景が流れてます。
アンサンブルもちゃんと聴きたくなったから
youtubeで検索して、携帯にイヤフォンを突っ込みました。

新東名の山並みと風力発電を見ながら聴くとたまらんね。

曲の好き嫌いということじゃなく、ツアーファイナル翌日に
藍坊主を聴くなんて、当時じゃありえなかった。

時間とともに藍坊主のファンになってる。笑
楽しみ方が少しずつ分かって来ました。

年を取るたびに良く見える高校野球みたいな感じかな。

今回のツアーは終わってしまったけど、また12月からスタートします。
デビューから15年。
僕らと、共に歩いて来てくれた君たちと、
藍坊主の音楽を噛み締めたい。

まだまだこの先も続くけど、今日でひと段落。
ツアーに関わってくれた全ての皆様、
どうもありがとう御座いました!
comment ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ