MORI@今日このごろ

島津亜矢さんを応援しています。亜矢姫のことや日々の出来事を気が向いた時に・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

亜矢姫コンサート in 広島①

2008-06-27 07:15:16 | 亜矢姫

昨年3月6日以来の亜矢姫コンサートが広島厚生年金会館で開催されました。現在、全国各地で開催されている「島津亜矢コンサート邂逅」です。今年のコンサートテーマ「邂逅」は、~運命的な・・・衝撃的な・・・ふとしためぐりあい~、という意味のようですが、私たちファンと亜矢姫の出会いそのものではないでしょうか。

この日は朝からとんだ失敗をするところだった。仕事に行くためバス停に向かって歩いている時、チケットを忘れたことに気付いて慌て引き返したのですが、もう少し気付くのが遅かったらバスに乗り遅れているところだった。まあ、明らかに間に合わないとわかっていたとしても引き返していましたが(笑)。

夕方、仕事を終えて夜の部の開始に間に合うように厚生年金会館に向かった。この会館に行く時はいつも市内中心部から歩いています。その途中に平和公園があるのですが、この日は外国からの修学旅行のような若い人達の集団が見学に来ていた。60数年前にこの真上で原子爆弾が炸裂したこと示す建物は原爆ドームしか残っていませんが、資料館に入って展示物を見るとその悲惨さに目を覆いたくなります。多くの方に資料館を見学して原爆の怖さを知って頂きたいと思います。
(続く)
コメント

亜矢姫コンサート in 広島②

2008-06-27 07:14:36 | 亜矢姫
会館には17時半くらいに到着しました。ご一緒することになっていた度胸船様は昼の部も観覧されているので「どちらにいらっしゃいますか」とメールを送ったら、ちょっと離れたところからラックスマン様が手を振って呼んで下さった。度胸船様、ラックスマン様、大阪の応援団の皆様方、10名くらいがご一緒でした。皆さん、昨年ののど自慢(鳥取県)、BS高知、福岡リサイタル、歌の散歩道(佐賀県)等でお会いした方々ばかりです。こうしていろんな方と知り合い親交を深めることができるのも亜矢姫のお陰です。

ロビーで開場を待っているとあっという間に長い列ができたが、私たちは入場が始まって列が途切れた頃に入ることにした。列の中には20代、30代の方もちらほら見受けられた。先日のBS日本のうた効果でしょうか。18時過ぎに入場して会場内を見たらこの段階ではまだ6~7割の入りだった。ちょっと不安・・・。

今回は亜矢友様のご厚意により最前列の席で観覧できることになりました。広島厚生年金会館は後ろから見るとステージの幅がすごく狭く見えるのですが、さすがに最前列に座ると広いですね。顔見知りの亜矢友の皆様、黄色の半纏を着用された皆様、総勢20名くらいの方々が周囲におられて心強い限りです。

開演5分前のブザーが鳴ったので後ろを振り向いて再び場内を見渡すといつの間にかほぼ満員状態になっていた。二階席の後部左右に少し空席は見えますが9割以上の入りです。良かった、良かった。地元、広島の人間としてはほっと一安心した。
(続く)
コメント

亜矢姫コンサート in 広島③

2008-06-27 07:13:58 | 亜矢姫
「おてもやん」からスタートしました。この歌は亜矢姫の地元、熊本民謡です。ちょっとユーモラスで調子の良い歌が開演を盛り上げます。この日の亜矢姫は白地に赤模様の振袖と金字の帯、両耳にはキラキラ光るピアス、指先は薄いブルーのネイルアートでした。

「ヨイトマケの唄」「おきな草」「お徳」「関の弥太っぺ」と続いた後、バンドの紹介の間に衣装変えです。このバンド紹介は何回見ても面白い。バンドメンバー一人一人が亜矢姫の紹介コメントに合わせて自分の楽器を演奏するのだが、コメント内容とメンバーの仕草が笑えるのです。この間ステージには亜矢姫はいないのですが、間を持て余すことはありません。

あまり聞いたことのないイントロで再び亜矢姫登場です。黒のふわっとしたロングドレスで登場した亜矢姫を見て会場全体に一瞬のどよめきがおこりました。亜矢姫のドレス姿を始めてご覧になる方にはちょっと衝撃的だと思いますが、このあとにまだまだ衝撃的なシーンが登場するのです。

ドレス姿の三曲目は「かもめが翔んだ日」。♪ハーバーライトが朝日に変わる・・・♪と歌いながら指揮者の前に行って一回転したかと思ったら、あっという間にブルーのミニドレスに変身だ。この時の会場は「オー」という大歓声と大きな拍手でした。後ろの方で「可愛い!」という声も聞こえました。この衣装変えは観客の意表を突く素晴らしい趣向だと思います。私も御園座で最初に見たときは一瞬何が起こったのかわかりませんでした。ミニドレスで2曲唄って第一部が終了しました。
(続く)
コメント

亜矢姫コンサート in 広島④

2008-06-27 07:13:28 | 亜矢姫
第二部は「海ぶし」からです。NHK歌謡コンサートで見せたあの大きな振りに比べるとややおとなしめですが、調子よく、力強い「海ぶし」でした。そして「海で一生終わりたかった」のあとステージを下りて会場回りが始まりました。ステージから下りる階段は私の席のすぐ近くにあり、階段を下りた亜矢姫は目の前でワンコーラス歌ってくれました。これはどうみても一番最初に握手出来そうだと思ったのですが、どのタイミングで手を出せばいいのか・・・。ワンコーラス終わったところで亜矢姫と目が会い、ここぞとばかりに手を差し出してしっかりと握手。誰の手にも触れていない最初の握手ができるなんて思ってもみませんでした。

亜矢姫の会場回りは決しておざなりではありません。歌いながら最後列の最左端、最右端までくまなく回ります。そして後ろの方で立ち止まってワンコーラス歌いきります。後ろのお客様も目の前で亜矢姫が唄ってくれるのですから大喜びです。そして二階席に向かっては申し訳なさそうに何度もお辞儀をして大きく手を振って声援に応えています。亜矢姫の歌は歩きながらでも握手しながらでも全くぶれることがありません。普通は歌詞が途切れたり音程が狂ったり息が上がったりするものですが、ステージで歌うのと全く変わりません。これも亜矢姫の凄いところだといつも思っています。

場内を一周して前の方に戻って左側のお客様と握手しながら、また私たちの方に近づいてきました。もう一回握手できるのかな?またしても亜矢姫と目が合い二回目の握手。結局、これが会場回りの最後の握手となったわけですが、なんと私が最初と最後の握手をしてもらったということになりました。これもお隣に度胸船様がおられたからだと思います。こんなことは二度とないと思いますが、大変うれしい出来事でした。
(続く)
コメント

亜矢姫コンサート in 広島⑤

2008-06-27 07:12:43 | 亜矢姫
再びステージに上がって「帰らんちゃよか」。この歌も亜矢姫の代表的な一曲になりました。最初に聴いたのは4年前の「BS日本のうた」の放送でしたが、いつ聴いても心に響きます。このあと亜矢姫が歌手になるために上京した頃の思い出や、お姉さんが結婚した時の心境などを話したあとに「感謝状~母へのメッセージ~」。ツーコーラス目はステージを下りて一人の女性のお客様の前でしゃがみこんで手を握りながら歌います。感謝状のお母さんに選ばれたお客様は感激でしょうね。「感謝状」を歌い終わって一旦舞台の袖に下がり場内が暗くなりました。

最後は「元禄男の友情 立花左近」。袴姿に扇子を持って名調子の始まりです。今日の亜矢姫は本当に絶好調です。声の調子も気合の入り具合も最高です。これは見ているこちらにもビンビン伝わってきます。これまでに「立花左近」を生で聴いたのは昨年の福岡リサイタル、そして今年の御園座の二回だけですが、それらの時以上に今回は素晴らしい出来だったと思います。

全てのプログラムが終了してお礼のご挨拶のあと舞台の左右で一礼、そして中央で正座して深々とお辞儀したまま幕が下りてきました。大盛況のうちに「2008年亜矢姫コンサート in 広島」が終了しました。
(続く)
コメント