MORI@今日このごろ

島津亜矢さんを応援しています。亜矢姫のことや日々の出来事を気が向いた時に・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長編歌謡浪曲 元禄名槍譜「俵星玄蕃」

2008-01-31 07:20:39 | 亜矢姫

何度、録画を見直しただろう。島津亜矢さんの素晴らしい熱唱、熱演。1月29日(火)のNHK歌謡コンサートは「ドラマチック歌謡特選」と題して放送された。

NHK総合の生放送で「俵星玄蕃」を披露するということは初めてであり、この日が来るのをちょっとしたドキドキ感で待っていた。それと同時に8分30秒にもわたるこの歌をフルコーラスで唄えるのかどうか、短縮するならどのようにアレンジするのか、ということも大きな関心だった。

放送1週間前に歌コンのホームページに放送概要が掲載された。出演者は9組、歌唱曲数は10曲だった。通常は11曲なので1曲分は少ない。取らぬ狸の皮算用をして見ると・・・時間的にはフルコーラスの時間は取れるかもしれない。でも、全体のバランスもあるし現実的には難しいだろうなと思っていた。

放送前日の歌コンブログに「俵星玄蕃」の歌唱時間が6分近くになるということが書かれていた。やはりフルコーラスではないようだ。ということはアレンジされるということになる。いつもの流れではないから返って難しいかも・・・。いやいや、フルコーラスであろうがなかろうが亜矢姫ならやってくれるはずです。

午後八時、テレビの前でスタンバイ。録画準備OK。本日の亜矢姫は明るい赤に白地模様の振袖だ。先日の「熱唱ひとり舞台」の時も赤の振袖だった。亜矢姫にとって赤は勝負色かもしれない。

今回は「時代の歌、こころの歌」というコーナーで「俵星玄蕃」を披露することになっていた。歌う前に、小田切アナからこの歌がヒットした頃の時代背景や三波春夫さんの紹介があった。そして北島三郎さんのコメント、三波さんから直接指導を受けたという亜矢姫のトークのあと、さあ!始まりだ。

北島さんや前川清さんの優しい眼差しを受けてステージ中央に向かう亜矢姫。緊張をほぐすためか持っていた扇子で腿やほほを叩き、軽くこぶしに力を入れた。こちらにも緊張感が伝わってくる。「三波春夫さんが亡くなった後、長編歌謡浪曲は無くなってしまうのでないかと言われていました。しかし、この名作であり文化でもあるこの名曲の灯を消すまいと、今日は島津亜矢さんがこの物語に挑みます」。小田切アナの素晴らしいナレーションです。

さすが亜矢姫!やってくれました。フルコーラスと遜色のない素晴らしい熱唱でした。正直、唄う前は物足りなさがあるかなと思っていたのですが、そんなことは全くありませんでした。少しの失敗も許されない生放送で、これだけの大作を歌い上げることのできる亜矢姫は改めて凄い歌手だと思います。亜矢姫のファンであることを誇りに思います。

BS日本のうた「熱唱ひとり舞台」、そして歌謡コンサート、テレビ桟敷で亜矢姫の熱唱、熱演を見ていると生歌が聴きたくなりました。今年最初の観覧は・・・まだ決まっていません。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

熱唱ひとり舞台

2008-01-21 07:30:37 | 亜矢姫

昨年12月6日に北海道北見市で収録された「BS日本のうた」が放送された。今回の「熱唱ひとり舞台」は島津亜矢さん。収録には多くの亜矢友の皆様が応援に駆けつけられた。あれから1ヶ月半、放送を楽しみに待っていた。

収録当日は氷点下にもなる大変寒い中、12時からの座席指定券の引き換えのために早い人は早朝4時過ぎから並ばれたらしい。その甲斐あって前の方の席を確保することができて亜矢姫大応援団が結成されたようだ。応援の皆様、本当にご苦労様でした。

19時30分、番組が始まった。出演者全員の「皆の衆」でオープニングだ。亜矢姫は薄紫に白い模様の入った振袖姿。髪は後ろで小さくまとめて、顔は一段とすっきりして引き締まっているように見える。前列の亜矢姫大応援団を見つけて「おー」と言う感じで口をすぼめていた。

司会の塩屋アナが「本日の熱唱ひとり舞台は島津亜矢さんです」と紹介すると、隣の香田晋さんが盛んに亜矢姫をつついて冷やかしていた。亜矢姫は「痛い!痛い!」と叫んで逃げていたが、こんなことができるのも普段から親しいからだろう。

番組が始まって一時間、いよいよ亜矢姫の出番だ。「昭和61年、15歳でレコードデビュー、聴く者を圧倒する歌唱力、さらには表現力にも磨きを掛け、演歌の道を一直線、そんな島津さんの世界を今日は存分にお楽しみ頂きます。まずは一本刀土俵入りからどうぞ」という塩屋アナの紹介を受けてステージ中央の亜矢姫が映し出された。目を大きく見開き緊張感一杯の表情だ。衣装替えした真っ赤な振袖がよく似合っている。

・・・しがねえ姿の、しがねえ姿の、土俵入りでござんす!・・・リサイタルの時に聴いた「一本刀土俵入り」も素晴らしかったが、この日は一段と気合が入っていて凄みがあった。

続いて「富士」、そして亜矢姫が一番大事にしていると言う「海鳴りの唄」「帰らんちゃよか」「感謝状」と続いた。力強い歌、優しい歌、どんな歌でも亜矢姫の世界に引き込まれてしまう。

最後は長編歌謡浪曲「元禄男の友情 立花左近」。俵星玄蕃、赤垣源蔵、紀伊国屋文左衛門、決闘高田馬場に続く、亜矢姫にとって5曲目の歌謡浪曲です。歌謡浪曲は名作歌謡劇場と並んで亜矢演歌の大きな柱の一つだ。この歌も昨年のリサイタルで聴いていたが、その時以上に足を大きく開いて仁王立ちで唄う亜矢姫に大感動した。汗を掻きながら一生懸命唄う姿を見ていると涙が出そうになる。それにしても、これだけ長い歌詞と台詞をよくぞ覚えられるものだ。天性の記憶力もあるだろうが並大抵の努力ではないと思う。是非とも亜矢姫オリジナルの歌謡浪曲を誕生させて欲しい。

・・・雪が降ります、ハラハラと・・・終わった。斜め上を見つめる亜矢姫の顔。きりりと引き締まり満足感溢れる顔だ。そして緊張から開放された最後の最後に見せた安堵の表情。見ているこちらも一気に肩の力が抜けた。「亜矢ちゃん、よく頑張ったね。素晴らしかったよ」と声をかけてやりたかった。

エンディングの時に、「緊張しました」と言って塩屋アナの腕をつかんでいましたが、本当にほっとした気持ちから自然に出たことでしょう。全身全霊を懸けた30分、正に「熱唱ひとり舞台」でした。






コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2008-01-12 10:22:58 | 出来事

昨日、遅ればせながら初詣をしてきた。元旦には実家の近所の氏神様にお参りしたのだが、大きな神社にもお参りして大きな御利益も頂こうと言う魂胆であります。

広島護国神社は市内中心部にあり、県内で最も初詣客が多い。今年の三が日は約60万人の人出があったようです。昨日は小雨模様の天気だったが、それでもそこそこの参拝客が訪れていた。境内には14日に行われる「とんど焼き」の竹やぐらも組まれていた。

初詣のお願いは「健康」。いつもこれ以外のことはあまりお願いしない。健康でなければどんなことも叶わないし、健康であればどんなことでも叶うはずだから。あ、もちろん亜矢姫のことはお願いしましたよ。

おみくじを引いたらなんと「大吉」だった。実は昨年、一昨年と東京出張の際に浅草の浅草寺にお参りしておみくじを引いたら二回とも「凶」だったので、今回もおみくじを引くのは躊躇した。もし、三回連続「凶」なんてことになっていたら・・・考えただけでもぞっとする。やっと「凶」の恐怖から解放された。

おみくじに書いてあった一句です。
桃桜 花とりどりに 咲き出でて 風長閑(のどか)なる 庭の面哉(おもかな)

~長閑(のどか)な庭の美しい花の咲き匂って、春の盛りの楽しい様に上吉の運に向かいます。けれど油断せずに信神して、行い正しく些(いささ)かも不義の楽しみに身を過(あやま)たぬ様にせよ~

大きな御利益を頂きました。今年はこの言葉を信じて頑張ります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亜矢姫の決意

2008-01-06 17:58:48 | 亜矢姫

昨日、会報誌「亜矢だより」といっしょに亜矢姫からの年賀状が届いた。その裏面に亜矢姫直筆で「信じた道を、ただ一生懸命! 亜矢」と書いてあった。なんとシンプルでわかり易い言葉なのだろう。この言葉から現在の亜矢姫の思いが十分すぎるほど伝わってきた。

信じた道が何なのか?おぼろげながらは想像できても本当のことはわからない。いや、わからなくてもいい。それは亜矢姫だけが心の中にしまっておけばいいことだから・・・。

今年は明治座、新歌舞伎座、御園座という劇場コンサートも決まっている。地道な努力を積み重ね、決して背伸びをすることなく、一歩ずつ着実に成長していく島津亜矢さん。

「信じた姫を、ただ一生懸命!」 応援します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末ジャンボ

2008-01-04 18:44:24 | 出来事

今日から仕事始めだったが、やはり気分はまだまだ正月モードだ。おまけに明日から土日とくれば仕事気分になるはずがない。ま、今日はそういうことで来週から本気になろう。

年末ジャンボ宝くじの当選番号を調べてみたら、3,000円が1枚当たっていた。今回は連番20枚、バラ10枚を購入していたのだが、来年からは全部バラを買うことにしよう。連番は一番上を見ただけでもう終わりみたいなもので楽しみがない。どっちみち前後賞など無縁なのだから少しでも楽しめた方がいい。ちなみに、過去に10,000円が当たったことがあるが、その時は甥のお年玉として現物支給してやった(笑)。

今年の収支は、(3,000円 + (300円×3枚)) - 9,000円(300円×30枚) = - 5,100円でした。来週からはナンバーズで勝負だ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加