Agenda gratis

平々凡々の毎日を留めます・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終の棲家 ~ キッチン&ダイニング&リビング ~

2016-02-14 23:34:21 | インテリア
各部屋紹介 ~最終回~

  キッチン&ダイニング&リビング


『終の棲家』各部屋紹介・・・ 第一弾の ~和室~ からおよそ一年三か月。
いよいよ今日が最終回です。

お家の顔とも言える「リビング」は、一番長く過ごすところであり、くつろいだり癒されたいスペース。
沢山のお客さんが集う「ダイニング」は少々見栄を張っても素敵にしたい場所。
料理好きの私にとっての「キッチン」は見た目も機能も動線もどれもあきらめることなく望みを追求したいところ。
そんな3つの大切なスペースを仕切りなしのひとつの空間にまとめました。
壁紙や天井や床材、窓やドアを決めて、その箱の中にキッチンや家具や雑貨をコーディネイトしていく感じでした。



玄関からリビングに入る扉



ダイニングスペース

キッチンはI型、II型、L型、U型、アイランド型どれにするか、明るい対面式のオープンタイプがいいか料理に集中できる壁付けタイプがいいか、居酒屋風の囲いタイプも素敵・・・いろいろ悩みました。
お家見学会やショールームに出向いたり雑誌を眺めたりお宅訪問番組を見たり、IKEYAや雑貨屋さんでヒントをもらったり、あれこれ見比べて決定したのが





壁付けタイプのL型。
システムキッチンはLIXILの既存のものですが、IKEAで見たキッチンが印象的で、、、







こんなイメージになるよう壁にグレーのタイルを張りました。




あと、スッキリ全部収納してしまって作業するだけの無機質の空間にしたくなくて、好きな雑貨を並べられるような飾棚もつけました。
朝陽で食器を乾かしたい」という時代遅れな希望を実現するため「食洗機」はやめて出窓にしました。
んが、実際、乾きません
それに、棚が高すぎて手が届かず苦労してます。
ただ、背伸びの生活になったおかげか、この歳で身長が2cm近く伸びました
こんな想定外なことや思わぬ副産物が生まれたり、生活してみるといろいろです



鍋やケトル、調味料にふきん、洗い上げのお茶碗など生活感たっぷりになってます。






キッチンのもう一つの主役『ワゴン』
当初は、可動式ワゴンを造作する予定でした。
料理する作業台として広くて収納力もあって、どっしり重量感がありながら掃除しやすいように可動式!
こんなワゴンを作るとなると20万円は下らないと。
理想的なものが出来ればいいけど、出来上がってイマイチだと泣くに泣けない。
すごく迷っていました、、、
そんなときIKEAで出会ったのがアイランドキッチンSTENSTORP

大きさも風合いも色も形もGOOD!
可動式ではないけど4本脚なので掃除も問題なし!
費用も予定の1/5と安価。
上手に組立られるか不安があったものの爆買の勢いで即決購入~「 IKEA買い物ツアー

お家が完成し、いよいよ組立てるという時にはじーんと込み上げるものが
うまく完成するか雰囲気にマッチするか、いろいろ心配と感慨にふける中、ちょっと目を離した隙に義弟があっと言う間に組み立ててくれました(あっぱれ






引き出しはないけど収納力バッチリ!



組立てとは思えない存在感!



お家ともマッチしてると思いませんか~?



苦労して自分で 「 ペイントしたスツール 」と!


斜め天井と白い壁、出窓とグレータイル、ウッド調のシステムキッチンにワゴンと、すべてが私好みのキッチンになりました~





キッチンとリビングの間に冷蔵庫が見えます。
地鎮祭でいただいたお札を祀る場所を、と急遽棚を作ってもらいました。



冷蔵庫の上・・・こんな感じになっています

和な雰囲気も大好き!
お家を建てた感動と感謝を忘れないよう、毎年神社へ足を運んで前年のお札を返し、新しいお札をもらうようにしてます!


冷蔵庫の隣にはニッチを作って給湯器や太陽光、玄関のモニターを集めてます。

ニッチの下には IKEAのマガジンラックを取り付けました。
冷蔵庫とニッチの奥が 真っ赤なパントリー になってます。



あと、これは『本当に良かった~』と思う“床コンセント”
お鍋したりホットプレート使ったり、ケーキ作る時のハンドミキサー、炊飯器を使うときなどなど、コンセントで動線がさえぎられることなく、安全で重宝しています。



ダイニングテーブルとキッチンワゴンの下、2か所に付けてます。
これ本当にお勧めデス


こうして完成したキッチンです
毎日、立ち向いたくなるようなキッチン
いつでも料理したくなるようなキッチン
片付けが楽ちんでいつも清潔なキッチン
いかがでしょう~?










続きましてダイニング。
と言っても、テーブルとカップボードを置いてるだけです。
窓にはバンプー調のブラインドを。
ブラインドを開けるとお隣のオリーブの木が癒してくれるんです
 




カップボードは unico!
テーブルは ACTAS!
普段ひとりで座ることはあまりないのですが、人が集まる時にはゆったり窮屈にならないよう、最大10人が集えるテーブルにしました。
メインチェアは4客ですが、たくさん人が座る時用に・・・



(椅子の脚には床を傷つけないようソックス履かせてます)




斜め天井から吊り下げられるペンダントライト!
黒がアクセントになって気に入ってます




もう延べ何人の人がここに座って乾杯したことでしょう。。。
これからもたくさんの笑顔が見れる場所となりますよに



では最後にリビングルームへ・・・
玄関からの扉を開けると左にテレビ、さらにその左に和室があります。
中央にソファーとテーブルを置き、その奥にキッチンとダイニングが広がっています。






テレビ台は備え付けてもらい、その上の白い棚はIKEAで購入したものを設置してもらいました。

ラグもIKEAです(ベッド下のラグとお揃いです)



テレビの上の棚には家族の写真や季節の花など癒しのグッズを飾っていてテレビを観ながらも、ついつい視線に入ってきたりします




南の窓の下にはチェアを。
unicoで一目惚れして買ったものです。
ダイニングの補助椅子として買いましたが普段は帰宅したときコートやバッグを置いたりしてます。
インテリアにもいいアクセントになってます。






ソファーとテーブルは地元の 芸美堂⇒ で購入。
工務店さんから教えてもらった芸美堂さん、外観からは想像できないくらいお洒落で素敵な家具や雑貨を扱っていて今でも時々足を運びたくなるお店です。



柔らかい木の感触とカバーが取り外せるのが気に入ってます。
(あとお値段も良心的でした ^^)
クッションは母が綿から作ってくれました!
見てるだけでもホンワカしてきます。


これが私のリビング!
この冬は炬燵を楽しんでます。
寒い冬も暑い夏も快適で~す♪






長くなりましたがこれが キッチン&ダイニング&リビング の全貌です♪
大げさですが私の夢と希望と趣味とごだわりといろーんな思いがいっぱいつまった空間。
これから新しい思い出がたくさん刻まれるといいな~





一年三カ月かけて紹介してきた『終の棲家』
私にとって安らぎの場所であり命の再生の拠点です。
改めて・・・協力してくれた家族や同僚、携わってくれた工務店さん等々、私の『終の棲家』に関わってくれた全ての方々に感謝です。
心からリラックスできて元気がチャージできるようなお家になるようこれからも大切に暮らしていけたらと思ってます




コメント (1)