Agenda gratis

平々凡々の毎日を留めます・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終の棲家 ~ キッチン&ダイニング&リビング ~

2016-02-14 23:34:21 | インテリア
各部屋紹介 ~最終回~

  キッチン&ダイニング&リビング


『終の棲家』各部屋紹介・・・ 第一弾の ~和室~ からおよそ一年三か月。
いよいよ今日が最終回です。

お家の顔とも言える「リビング」は、一番長く過ごすところであり、くつろいだり癒されたいスペース。
沢山のお客さんが集う「ダイニング」は少々見栄を張っても素敵にしたい場所。
料理好きの私にとっての「キッチン」は見た目も機能も動線もどれもあきらめることなく望みを追求したいところ。
そんな3つの大切なスペースを仕切りなしのひとつの空間にまとめました。
壁紙や天井や床材、窓やドアを決めて、その箱の中にキッチンや家具や雑貨をコーディネイトしていく感じでした。



玄関からリビングに入る扉



ダイニングスペース

キッチンはI型、II型、L型、U型、アイランド型どれにするか、明るい対面式のオープンタイプがいいか料理に集中できる壁付けタイプがいいか、居酒屋風の囲いタイプも素敵・・・いろいろ悩みました。
お家見学会やショールームに出向いたり雑誌を眺めたりお宅訪問番組を見たり、IKEYAや雑貨屋さんでヒントをもらったり、あれこれ見比べて決定したのが





壁付けタイプのL型。
システムキッチンはLIXILの既存のものですが、IKEAで見たキッチンが印象的で、、、







こんなイメージになるよう壁にグレーのタイルを張りました。




あと、スッキリ全部収納してしまって作業するだけの無機質の空間にしたくなくて、好きな雑貨を並べられるような飾棚もつけました。
朝陽で食器を乾かしたい」という時代遅れな希望を実現するため「食洗機」はやめて出窓にしました。
んが、実際、乾きません
それに、棚が高すぎて手が届かず苦労してます。
ただ、背伸びの生活になったおかげか、この歳で身長が2cm近く伸びました
こんな想定外なことや思わぬ副産物が生まれたり、生活してみるといろいろです



鍋やケトル、調味料にふきん、洗い上げのお茶碗など生活感たっぷりになってます。






キッチンのもう一つの主役『ワゴン』
当初は、可動式ワゴンを造作する予定でした。
料理する作業台として広くて収納力もあって、どっしり重量感がありながら掃除しやすいように可動式!
こんなワゴンを作るとなると20万円は下らないと。
理想的なものが出来ればいいけど、出来上がってイマイチだと泣くに泣けない。
すごく迷っていました、、、
そんなときIKEAで出会ったのがアイランドキッチンSTENSTORP

大きさも風合いも色も形もGOOD!
可動式ではないけど4本脚なので掃除も問題なし!
費用も予定の1/5と安価。
上手に組立られるか不安があったものの爆買の勢いで即決購入~「 IKEA買い物ツアー

お家が完成し、いよいよ組立てるという時にはじーんと込み上げるものが
うまく完成するか雰囲気にマッチするか、いろいろ心配と感慨にふける中、ちょっと目を離した隙に義弟があっと言う間に組み立ててくれました(あっぱれ






引き出しはないけど収納力バッチリ!



組立てとは思えない存在感!



お家ともマッチしてると思いませんか~?



苦労して自分で 「 ペイントしたスツール 」と!


斜め天井と白い壁、出窓とグレータイル、ウッド調のシステムキッチンにワゴンと、すべてが私好みのキッチンになりました~





キッチンとリビングの間に冷蔵庫が見えます。
地鎮祭でいただいたお札を祀る場所を、と急遽棚を作ってもらいました。



冷蔵庫の上・・・こんな感じになっています

和な雰囲気も大好き!
お家を建てた感動と感謝を忘れないよう、毎年神社へ足を運んで前年のお札を返し、新しいお札をもらうようにしてます!


冷蔵庫の隣にはニッチを作って給湯器や太陽光、玄関のモニターを集めてます。

ニッチの下には IKEAのマガジンラックを取り付けました。
冷蔵庫とニッチの奥が 真っ赤なパントリー になってます。



あと、これは『本当に良かった~』と思う“床コンセント”
お鍋したりホットプレート使ったり、ケーキ作る時のハンドミキサー、炊飯器を使うときなどなど、コンセントで動線がさえぎられることなく、安全で重宝しています。



ダイニングテーブルとキッチンワゴンの下、2か所に付けてます。
これ本当にお勧めデス


こうして完成したキッチンです
毎日、立ち向いたくなるようなキッチン
いつでも料理したくなるようなキッチン
片付けが楽ちんでいつも清潔なキッチン
いかがでしょう~?










続きましてダイニング。
と言っても、テーブルとカップボードを置いてるだけです。
窓にはバンプー調のブラインドを。
ブラインドを開けるとお隣のオリーブの木が癒してくれるんです
 




カップボードは unico!
テーブルは ACTAS!
普段ひとりで座ることはあまりないのですが、人が集まる時にはゆったり窮屈にならないよう、最大10人が集えるテーブルにしました。
メインチェアは4客ですが、たくさん人が座る時用に・・・



(椅子の脚には床を傷つけないようソックス履かせてます)




斜め天井から吊り下げられるペンダントライト!
黒がアクセントになって気に入ってます




もう延べ何人の人がここに座って乾杯したことでしょう。。。
これからもたくさんの笑顔が見れる場所となりますよに



では最後にリビングルームへ・・・
玄関からの扉を開けると左にテレビ、さらにその左に和室があります。
中央にソファーとテーブルを置き、その奥にキッチンとダイニングが広がっています。






テレビ台は備え付けてもらい、その上の白い棚はIKEAで購入したものを設置してもらいました。

ラグもIKEAです(ベッド下のラグとお揃いです)



テレビの上の棚には家族の写真や季節の花など癒しのグッズを飾っていてテレビを観ながらも、ついつい視線に入ってきたりします




南の窓の下にはチェアを。
unicoで一目惚れして買ったものです。
ダイニングの補助椅子として買いましたが普段は帰宅したときコートやバッグを置いたりしてます。
インテリアにもいいアクセントになってます。






ソファーとテーブルは地元の 芸美堂⇒ で購入。
工務店さんから教えてもらった芸美堂さん、外観からは想像できないくらいお洒落で素敵な家具や雑貨を扱っていて今でも時々足を運びたくなるお店です。



柔らかい木の感触とカバーが取り外せるのが気に入ってます。
(あとお値段も良心的でした ^^)
クッションは母が綿から作ってくれました!
見てるだけでもホンワカしてきます。


これが私のリビング!
この冬は炬燵を楽しんでます。
寒い冬も暑い夏も快適で~す♪






長くなりましたがこれが キッチン&ダイニング&リビング の全貌です♪
大げさですが私の夢と希望と趣味とごだわりといろーんな思いがいっぱいつまった空間。
これから新しい思い出がたくさん刻まれるといいな~





一年三カ月かけて紹介してきた『終の棲家』
私にとって安らぎの場所であり命の再生の拠点です。
改めて・・・協力してくれた家族や同僚、携わってくれた工務店さん等々、私の『終の棲家』に関わってくれた全ての方々に感謝です。
心からリラックスできて元気がチャージできるようなお家になるようこれからも大切に暮らしていけたらと思ってます




コメント (1)

終の棲家 ~ ウォークインクローゼット ~

2015-06-21 22:32:22 | インテリア
各部屋紹介 ~第八弾~

  WIC


階段を上がってくると、可愛い手洗い器の横に白い扉が見えてきます・・・
『終の棲家』が完成し引っ越しも済み新生活がスタートして10カ月になろうとしています。
この家で唯一、早くも模様替えをしたのが扉の向こうにあるウォークインクローゼットです。






天井下に棚を作ってパイプハンガーを付けただけのシンプルな部屋です。
どうにでもアレンジできるような~んにもありません。





予定では左奥のスペースに両親が嫁入道具(?)にと買ってくれて20年以上ずっと使ってきた洋服タンスを入れるつもりでした。
サイズを測って扉が十分開け閉めできるスペースを確保し引越しの日を迎えたのですが、、、
階段からも吹き抜けからも運び入れることができなかったのです。
思いれもあるし、大切な衣類を湿気や陽ざし、害虫から守るためにも洋服タンスは必須だと考えてたので入らないと判ったときは呆然でした。
引越し業者さんに聞くと、けっこうこんなトラブルは多いみたいで「置くスペースだけではなくて搬入するルートの幅や高さをしっかり確認すること」が重要だそうです。
(ちなみに運び込むことができなかった洋服タンスは、実家で母が使ってくれてるので捨てることにはならず一安心)

思いもよらないハプニングがあり、ひと回り小さいサイズの洋服タンスを購入するかどうするか、なんとなく使い勝手が悪く見栄えも悪いまま時間が過ぎてしまいました
そうこうしているうちに衣替えのシーズンを迎えたのです。
費用をかけず衣類も守れて整理できるには?これを機会に重い腰をあげたのです。
洋服タンスを置くはずだったスペースにパイプハンガーを増設してもらい、その下のデッドスペースになっていた足元にはホームセンターでパイプハンガーを購入しやっとスッキリなWICが実現したのです!



左側のSEASON-OFFの洋服には陽ざしが当たらないよう布をかけようと思ってます。
梅雨が終わるまでの課題(?)です。





右側の手前がSEASON-ONの洋服です。






天井下の棚にはクリアボックスや、スーツケースを置いてます。




まだまだ空きがいっぱい 。
ですが、高すぎてあまり重いものはNGです




WICにもIKEAでGETした家具たちが!



BRIMNES(引き出し×4)
BRIMNES(引き出し×2)
小さいほうは5月に買い足しました。




NORDLI(引き出し×4)
これらのチェストは色のせいもあるのかスッキリスリムに見えますが、深さがあり見た目以上の収納力!
たくさんいれても滑車がついてるので出し入れも軽くて本当に使いやすい!
すごーーーくお気に入りです。




RASKOG
ターコイズのワゴンはここで活躍中です。


IKEAまで命懸け(笑)で買い出しに付き合ってくれた妹・・・終の棲家お買い物
どの部品も間違えることなく買い忘れることなく完璧に揃えてくれました。
それをキッチリ組み立ててくれた義弟と甥っ子。
傷ひとつつけず黙々と仕上げてくれました。
私はお金を出すだけ、えらそうに言ってもひとりではどうすることもできなかったなあ。
本当に本当に感謝です





こちらは叔母がプレゼントしてくれたチェスト。
かれこれ20年以上になりますがマンション時代からBAGの収納に使ってます。
温かみのある風合いが大好きです。



その奥に見えているのは和ダンス。
これとも長いお付き合いになりました。
たっぷりの奥行があり“たとう紙”に入れたままの着物がスッポリ入るので和タンスとして使うようになりました。
そうそう、入口付近には着物の着付けも十分にできるスペースが確保できました。
夏も近いことだし、久々に浴衣でも着てみましょうか~ 







こうして新旧が入り混じったWICになりました。
洋服も和服も大好きな私としては収納力のあるクローゼットを手に入れてしまったので、タンスの肥やしが増えてしまわないか、少々贅沢な悩みを抱えることになったのでした・・・



コメント

終の棲家 ~ BED ROOM ~

2015-03-19 23:09:00 | インテリア
各部屋紹介 ~第七弾~

  寝 室


生まれたときから私にとっての「睡眠」は最も重要な“欲”
人はよく「お腹が空いて眠れない」とか「お腹が鳴って眼が覚める」と口にしますが、私は苦しいダイエット中でも寝れば乗り越えられる!
いくら楽しいお酒の時間でも睡魔にはかなわない。
眠くなると肩がキュイーンと凝ってきて飲めなく(起きてられなく)なる!
旅先のホテルの枕が少々合わなくても何のその!
外がガヤガヤうるさくてもへっちゃら!
誘拐されて監禁されても熟睡できるかも?!

と、まあ寝ることが大好きな私の寝室のコンセプトは

『寝るだけの部屋』

でした。
ベッドで飲食したりTVやDVDが常設されていたり、あと同じ空間にWICがあるなんて考えられませんでした。
寝ることに集中する部屋にしたかったのです。
そんなわけで、お家のサイズと比較すると寝るだけなのに、とてもとても贅沢な広空間となりました。











壁紙は二面をグレーにして落ち着きのある雰囲気に!





ベッドボード側はこの家唯一の“漆喰”の塗壁です。
断熱・保温・調湿・遮音・防火・耐久等の優れた性能を持つと言われている“漆喰”
寝室にはより快適さを追求して少々お高いけど塗ってもらうことに
これまた、色や塗り方を組み合わせると何十種類から選ぶこととなりましたが、寝るだけなので見た目は何でも良かったかな
今まで以上に寝ることが好きになって毎晩、吸い寄せられるようにベッドインし秒殺で眠りの底に・・・ 


ベッドと言えば・・・ 引越しのとき  に苦労(引っ越し屋さんが )したマットレスの搬入!
吹き抜けから吊り上げるしか方法がなかった。
ベッドは解体できてもマットレスはそうはいかない、入らないからと言ってポイッと捨てれるような代物ではない




私はただ祈るばかり・・・





収まったときはほっと安堵。。。でした








寝室の窓は・・・



Hand-Madeのカーテン
私がデザインして母に作ってもらいました。
閉店セール中の生地屋さんでレースの生地を安くゲット、アイアンレールはネットで購入。
業者さんに分けていただいたリングを通して・・・





思い通りのイメージに!





日差しの差し込み具合がいいかげん(良い加減)!
プロのカメラマンさんが「いいですね~」と絶賛してくれました







南の壁面にはガラスブロックと棚を作ってもらいました。
見せる収納とはいえ本当に寝るだけなので普段は壁と化してます。





キャビネットにディズプレイ感覚で寝具類を収納しました。
どのシーツをセットするか・・・ベッドメイキングも楽しくなりました。





照明はごくごく暗め。





ダウンライトが2つと、ワンポイントにブラケットライトをつけました。
が、、、毎晩の点灯時間、1,2分と言ったところでしょうか。





この部屋のIKEAグッズは・・・ベッドの下のラグとシーツ類もIKEA製。




色や風合い、自分なりにとてもマッチしてると大満足!
お家が完成する前に準備するのには勇気が要ったけど本当にいい買い物できたと思ってます。
頑張ってよかった 終の棲家お買い物⇒




あと、寝室にも心温まる逸品が
このブログに何回も登場している“ おばちゃん ”の職業は画商さん。
百貨店での絵画個展には売り子としてひっぱりだこの人気画商さんなのです。
そのおばちゃんが長年手掛けている有名画家さんの絵画をこの寝室へのプレゼントとして頂いたのです。
飾る部屋と絵をマッチング、飾る位置まで全ておばちゃんのプロデュースです





ぬくもりと華やかさがあって、派手じゃないけど存在感があって贈ってくれたお二人の気持ちの優しさが醸し出されるような作品。
購入するならば○○○万円???
貴重なコレクションのオーナーにでもなったような気分を朝晩味わいつつ癒されております。
扉を開けると真っ先に眼に心に飛び込んでくるのです。






いかがですか~?
そんなこんな癒しの寝室に仕上がりました
寝ることが楽しくなる空間とは言いつつ、、、











暖かくなってきたらベッドでストレッチしたりワイン飲みながら読書?
朝は目覚まし時計の代わりに英会話のCD聴きながらWAKE UP?
な~んて、ここからがいい女への第一歩だったりして 













コメント

終の棲家 ~ RESTROOM ~

2015-02-17 23:05:40 | インテリア
各部屋紹介 ~第六弾~

  ト イ レ


いよいよ各部屋紹介も終盤!
今回は遊び心をくすぐるトイレです。

8月の終り・・・家中の壁紙が貼られ工事現場が一気に華やかになったのを鮮明に思い出します。
そんな壁紙の中でも一番カラフルに変身したのがトイレでした。
トイレの壁紙⇒

ブルーも素敵、落ち着きのあるグリーン?オレンジも魅力的だしイエローにも惹かれる?
風水ではトイレには暖色系が良いとされているそう。
うーん、ずいぶん悩みました。
そんな時期に『トイレの窓にはリバティの生地でカーテンを作ろう、スリッパもおそろいに!』な~んてイメージが膨らんだ時に真っ先に浮かんだ色がピンクでした。
「ちょっと待って!」「早まるな!」なんて工務店さんから声がかかりそうですが、実は工務店さんの事務所の女子トイレもピンクだったのです(うふふ)     PLUS ONE⇒


スリッパとそれと同じ柄の生地、そのハギレで作るタオル、カーテンレールのアイアン、タオル掛けやペーパーホルダーなどなど施主支給品の準備。
トイレは自分の手と足と目を使って作ったものや探したものでいっぱいの空間になりました。
しんどかったけど今思うと楽しい時間だったなあ~
トイレのインテリア⇒




こうして完成したトイレのスナップ写真あ・れ・こ・れ


リバティー柄のスリッパ







IKEAのタオルホルダーにリバティ柄にリメイクしたニトリのタオル






どうしても設置したかったトイレクリーナー
空港でよくみかける「SARAYA」
トイレに入った時、あるとほっとしませんか~?







お家が完成してからもずっと探してたサニタリーボックス
やっと、これだって言うのが見つかりました。
( 掃除ブラシは100均 )







サニタリー専用の缶ではないですが洗えるし清潔感があるし私ん家のトイレの雰囲気にぴったりだと思いませんか~
3個セットで1,200円也







トイレアクセサリーの中で紹介していない(写真に撮ってない)トイレットペーパーホルダーbyIKEAですが、残念ながらこれは大失敗
今回購入した数多いIKEA商品の中で、唯一のNGでした。
バネが強すぎてペーパーが軽やかに回りません。
馴染んでくるかと様子をみてきたけど、全く弱まる気配なし、今はもう使ってません。
近々、工務店さんに推奨されていた「KAWAJUN」を購入予定です
1,000円ほどで買った商品です、全くの想定内です




トイレの照明はブラケットライトにしました。
唯一、ネットで購入した照明。
お値段も高めだったしこれは失敗できません
取り付けてスイッチオンするまでは不安でしたね~
もっとアンティーク感があると良かったのですが、、、





少し和風チックでした?
でも、けっこう好評です






マンションから持ってきた「トイレの神様」のお札
手を合わせて毎日3回唱えています。
トイレを清潔にすると美人の子どもが産まれると聞いたことがあります。
トイレを清潔にすると心もキレイになるような気がします。




毎日お世話になる場所です、居心地の良いスペースとなりますように。。。




この天板の下は物入れになっていますよ




18ロールのトイレットペーパーがスッポリ入るような大きさにしてもらいました





トイレクリーナーの詰め替えボトルとか、芳香剤のストックとかトイレグッズもろもろ、収納力バッチリです!




今じゃ、どこのトイレにもついてあるリモコンですが24年前のマンションのトイレにはなかったので、けっこうテンション
温っか~い便座やウォシュレットも新鮮です。



ニッチには楽しい雑貨を飾りましょ♪



写真の右側が玄関、左の扉が洗面所になってます。
チェッカーガラスから漏れるピンク色が好きです!






こうしてピンクの写真を何枚も見てるとさすがに目が疲れてきますね
でも、でも、でも、
実際にトイレ座って見えるのは扉の "白" ですから・・・




どうぞご心配なく~





コメント

終の棲家 ~ FRONT DOOR ~

2015-02-11 14:38:27 | インテリア
各部屋紹介 ~第五弾~

  玄 関


およそ2カ月ぶりの各部屋紹介。
今回はお家の顔とも言える玄関です!
『冷たいくらいスッキリしているけど温かみのある空間』
いくらなんでも、こんな究極なわがままは口には出来ず、でもずっと心に秘めて打合せに臨みました

面積の小さい玄関でも決めることがた~くさん。

玄関ドアは?
たたきの仕上げは?
框は?
階段下のスペースは?
窓は?
照明は?
下駄箱は?
などなど・・・


そんな中でも一番苦労したのは階段下に作った収納との境界をどうするか。
イメージは “ウェスタン扉”
ですが、工務店さんは難色を示しました。
コストかけて作っても壊れやすいということで布カーテンとかスクロールカーテンを勧められました。
私もどこかのお家で見たわけでもないし、それなりに調べて知識があるわけでもなく一度はカーテンに同意しました。
ですが、どうしても諦めきれず 『理想通りの仕上がりにならなくても、使いにくくても、壊れても、後悔しても、』と自分なりに覚悟を決めて強行することにしたのです。
決行となると工務店さんも労力を惜しまずアイデアを出してくれたり職人さんとの橋渡しにと、全面的に協力してくれます。
こうして完成してみると本当に感慨深いですね。
『あ~、あのとき強行して良かった』と今でも足を留めてデレデレ見とれてしまいます






サイズとデザインと色を決めての完全造作!
最初から頭の中にイメージはできてたので、決断してから発注までは本当に早かったです。
出来上がるまではドキドキでしたが理想以上の仕上がりに大満足。





ウェスタン扉ですが物を出し入れするときや掃除するときには開けたまま固定したかったので両サイドに金具をつけてもらいました。





プロの仕業に感動・・・






中はまだ整理途中。
地震や災害時に持ち出せる防災バッグや傘や雨合羽、ほうきにちりとり、スコップやじょうろ等・・・
もう少しスッキリ整理したいと思います。





タイルなど敷かずたたきはコンクリート打ちっぱなしの仕上げに。
冷たい感じもしますが、どんな小物を置いても相性がいいし水を流して掃除もできるし、タイル代も節約できました~ 





下駄箱の下も潰さず、普段出しっぱなしの靴が2足くらい置けるスペースを作ってくれました!
素人には思いつかないちょっとしたアイデア。
すご~く気に入ってます








ドアの横に棚も作ってもらいました。
季節のお花を飾ったり鍵などを置けるように!







窓と照明のバランス、いかがでしょ?
玄関に窓があると本当に明るくて風が通っていいですね。






窓の下にはグリーンや雑貨を並べられて温かさを演出することができます










下駄箱の上は壁を作らず階段を下りてくると玄関が見下ろせるようにしました。
そこにもグリーンを飾れるように。
今は、工務店さんに無理言って描いてもらった「手描きの図面」を飾っています。
このお家の原点である「手描きの図面」いつまでも大切にします。










こうして完成した玄関。
『冷たいくらいスッキリしてるけど温かみのある玄関』になったかどうかはわかりませんが、疲れて帰ってドアを開けたときにほっとできる空間になったことは間違いないです。
こんな空間をずっと維持できるよう心がけたいと思ってます
























コメント

終の棲家 ~ HOBBY ROOM ~

2014-12-20 00:19:50 | インテリア
各部屋紹介 ~第四弾~

  HOBBY ROOM


玄関を入るとすぐに階段があり、その階段を上がると二階には寝室とWICがあります。
『・・・うん?・・その奥って?』
と、ほとんどの人がみんなそう言います。

そうです、寝室のベッドの横を抜けると・・・
一段下がった屋根裏風の少し隠れたところに書斎と言いますか、趣味室と言いますか、作業テーブルがあります。














ミシン踏んだり、パソコンしたり、アイロンしたり、たま~にお勉強も・・・
そんな何でもできるスペースがリビングとは別に欲しかったのです。











寝室とは完全に仕切られてて、
洋裁の生地やら道具、扇風機やストーブなどの季節ものを仕舞うクローゼットがあって、












作業に疲れたときに一服できるテラスがあって、



















一階の気配も感じられて、











散らかってても見えない位置にあって、、、









と、こんな私の自由わがままな希望がぜーーーんぶ 叶ったのです

正直、図面上ではなかなかイメージが湧かったけど、出来上がってみると「あらまっ」想像以上の素敵な空間に、大・満・足
一歩この空間に足を踏み入れるとテンションUP となるのです






お家全体はどちらかと言うと北欧調のホワイティ?な感じなのですが、ここは床もテーブルも少し濃い目の茶色でアジアンチックな感じにしました。








写真右 ↑ に見える踏み台(?)、な~んと棟梁が作ってプレゼントしてくれました。
この段差と私の足の長さを心配してくれたのでしょう、、、
この踏み台がなければ、きっと何回も足を踏み外して大参事になっていたに違いない
何よりのプレゼント、ありがたく使わせていただいております






テーブルの下にはブルーとガラスブロック。
椅子に座ってしまうと見えないですが 
こだわりのポイントです











お気に入りのTV番組「渡辺篤史の建物探訪」を見て参考にさせてもらった寝室との壁。
こちらから見ると棚になってます。
天井が空いてるのもこだわりです!








プリンターやミシン、ファイルボックスなどしっかりすっきり収納できてます!






ここにも「 ワイヤーPid 」つけてます。
洗濯物はもちろん、アイロンしたあとの洋服や洋裁で仕上がったものの一時掛けにも使えます。












テラスの窓には・・・カーテンでもなくブラインドでもなく
“調光ロールスクリーン”と言う新商品を勧められるまま取り付けました。
今まで見たことないスクリーン、明るくて上品で素敵でしょ!
(色合いが冬には少し涼しすぎますか?)













そして、ここにもIKEAグッズありますよ~
「RASKOG」というキッチンワゴン。
二色買いましたが、どちらもキッチンでは使ってません。









ここでは洋裁道具(ミシン糸、はさみ、針 etc)を入れてます!
洋裁や手芸しないときはクローゼットに入れてます。










アイロン台も普段はクローゼットへ。












ミシンやパソコンしながらでもテレビが横にないと落ち着かない私。
せっかく専用の部屋を作っても、結局何するにもテレビのあるリビングで、なんてことになりそうな予感が
(マンション生活でもそうでした

この問題を解消すべく、かなり高価な家電を購入することに。
綾瀬はるかがコマーシャルしてる「Panasonicのビエラ」
無線なのでどこへでも持ち運べます。
この作業テーブルはもちろん、キッチンでお料理しながら、寝る前や起きてすぐベッドで、食卓で食事しながら・・・
お家の中ですが、かなり活動範囲が広がりました。
勇気のいる買い物でしたが、本当に重宝してます。
















当然、この場所でブログも書いてるのですが・・・
なかなか時間がなくてゆっくり座る時間がなくて更新もずいぶん滞ってしまってます。
引越し以来、まだミシンも出してない状態です。









あともう少しで片づけも終り、毎週末の新築お祝い会もそろそろ終盤戦。
年が明ける頃には落ち着いて静かな日常が戻ってくると思います。
このスペースをフル活用して思う存分、趣味に家事に没頭したいと思ってます






コメント

終の棲家 ~ PANTRY ~

2014-12-02 23:28:18 | インテリア
各部屋紹介 ~第三弾~

  PANTRY


今回は工務店さんに『 真っ赤な壁の長~いカニ歩きパントリー 』とネーミングされたパントリーの紹介です。
私の熱い思いをほんの少しだけつけ加えると・・・

♪ ~パリのアパートの一角によくある赤い壁と日本の土間を思わせる勝手口に繋がる細長い廊下、アンティーク調のランプに照らされるのはヨーロッパのカフェでよく見る雑貨たち、キッチン横に控えた空間は大容量で料理人の心をも包みこんでくれる、そんな癒しのパントリー~ ♪

こんな感じかしら?
くどくてスミマセン


ではでは、かろうじてカニ歩きしなくても歩けるけど、荷物持つとUターンできない愛しのパントリーの紹介です!




棚が付き壁紙が貼られ完成したときは、何を飾ろうかどんな風に配置しようか考えるのがワクワクで楽しくてしょうがなかったなあ。









キッチンとの境界壁に「嵌め殺し窓」を作りました。
「ハメゴロシ」って、、、開けられないからってこんなに可愛い窓なのに・・・
業界では普通に使われている言葉らしいです。
キッチン側から見るとチェッカーガラスに映る赤がとってもキュートなのです。








UNICOのペンダントライトです。
シンプルなヌードタイプ。
展開されていた全色(水色、黒、白、オレンジ だったかな?)どれも素敵だったけど悩んで黒にしました。
お盆の暑い頃に発注したなあ~ 懐かしい







ここにもIKEAグッズが!
「TJUSIG」というハンガー。
見たとき「 絶対にパントリーに取り付けよう! 」と即決しました~
こんなに素敵なのに1000円ちょっと(白も買いました)







そうしてお菓子を運ぶ用のBAGやお弁当BAG掛けに収まってます。










パントリーへの入口付近は・・・
向って左に冷蔵庫、右に 我が家の管制塔⇒ があります。
白い壁とのコントラストが目に沁みますねえ。











3年前にベルギー旅行で買ってきたコーヒーカップやBEERの空き瓶が心地よい居場所を見つけられて嬉しそう~
あの時はお家を建てるなんて全く予想もしてなくて、とりあえず一目ぼれして買い込んだカップ、頑張って持って帰って良かった。










雑貨たちばかりではありません。
角度を変えて見ると・・・炊飯器にお米、ホームベーカリーにホットプレート、一升瓶のお醤油に粉類や調味料のストック、レジ袋に箱買いした缶BEER、分別ゴミ箱などなど。
狭いけど棚は大容量!かさばるものもOK!まだまだ空スペースあり!床下収納も未使用!
可愛いだけでなく包容力たっぷりの心強い味方です。








これから窓にカフェカーテンを吊るしたり大好きなカゴをディスプレイしたり、、、
お漬物も漬けてみようかな?レモン塩や塩麹も気になってます。
パントリーが出来ただけで料理の幅も広がりそうな予感。。。









最初、工務店さんと妹に 『 はあ? そんな細長い食品庫、本当に要るー? 』 と失笑されたけど強行してよかった。
料理やパン作り、スイーツのアイデアが膨らむこと間違いなし !

だと信じてます。。。 
























コメント

終の棲家 ~ SANITARY ROOM ~

2014-11-30 20:58:25 | インテリア
各部屋紹介 ~第二弾~

  SANITARY ROOM


前回の「 和室 」に続いて洗面所&お風呂の紹介です。

まずは何といっても清・潔・第・一 !!
光が届いて明るく、空気が流れドライな感じ・・・こんな空間を目指しました!

ちょうど打合せの頃、好きになった“栗原はるみさん”をイメージさせる濃紺のタイルを選びました。
経過とともに目地の汚れが目立ってくるという意見を聞き流し・・・
やはり憧れだったタイルに!
一言で「タイル、濃紺」と言ってもかな~りたくさんの中から選ばなくてはいけません。
ここでも選ぶ楽しさ半分、一つに決める苦しさ半分でした。
素材選び⇒


お家の枠組み(?)が出来て一番にお家に入って来るのは浴槽です。
浴槽が入ったのを見たとき、感動したなあ~
基礎工事で洗面所とお風呂の大きさを確認したとき、こんな狭いところに本当に入るのかすごく心配だったなあ~





もう遠ーい昔のような気がします・・・。





洗面所は玄関を入った正面にあります。


いつもは扉は開けっ放しですが











中に入ると・・・




洗面台の横に造作してもらった台と洗濯機、その西側がお風呂です。





お風呂の扉、標準装備だったジャバラ扉はやめました。
マンションのときにジャバラ扉の掃除に苦労してたので、と言うより掃除できなくてものすごく汚かったので少し高かったけど、片開き扉に!






ハート型のバスクッション ↓
Loftで見つけました。
ちょっとアンマッチですが、絶妙な質感とハート型でここに頭をあずけて足を伸ばすと本当にリラックスできます。










銭湯のようなプッシュ式蛇口!
なんとなくノリで選んだけど・・・6万円以上もアップしたけど・・・シャワーしか使ってないけど・・・後悔なんてしてませんよ








洗面台の横がテラスになっていて洗濯物がすぐに干せるようになってます。







お隣の緑が紅葉して・・・素敵な借景、楽しませてもらってます





今のところテラスに屋根がないので雨の日は外に干せません。
そんな時のために・・・
「ワイヤーPid」をつけました。






レールを出し入れするだけの簡単な作りで、普段は全く邪魔にならない大きさ。
外干しする時も一時的に中でセットできるので寒い日には重宝してます!






あと、新築を機会にやりたかったこと。
タオルをお揃いのものに一新すること!
どこのお家でもタオルは買ったものは少なく粗品や景品、引き出物など頂いたものがほとんどでバラバラですよね。
ホテルのようにフカフカで色も揃っているタオルに憧れてました。









と言うわけで生まれて初めてタオルを購入~。
フェイスタオルは無印良品、バスタオルはIKEAです。





洗面所全体が白と紺で、時に冷たく殺伐な印象を受けますがキャビネットの木目やタオルの色味のおかげで温かい印象を与えてくれます。










IKEAと言えば他にこんなものも。



洗濯かご



高さを測って台下にピッタリ収納できるようにしました





タオルラック



これもサイズを測り棚の位置など決めました!
身長の低い私はトップのガラスにはほとんど手が届きませんが
これは、効能より見た目重視かな。
けっこう好評です





収納も床下と壁付けにしっかりあります!



奥行がないので容量が心配でしたが上の2段は、余ってる状態です。
きちんと整理したいのですが容量に余裕があるので、引っ越したまま放ってます。
そういえば、床下収納も今のところ何も入れてません。






・・・と、理想の空間が出来上がり洗面も入浴も洗濯も思い通り快適に過ごしています。
これからはお風呂にグリーンを置いて、アロマキャンドルでも灯して入浴をもっと楽しみたいな~













好きな雑貨をたくさん置きたくなる空間。













これからまだまだ増えてしまいそうです



























コメント

終の棲家 ~ 和室 ~

2014-11-16 19:00:11 | インテリア



各部屋紹介 ~第一弾~

  和室


私の「終の棲家」ですが、母のお家でもあります!
島で独り暮らししている母・・・
私以上に元気で畑仕事や洋裁、孫の世話に毎日忙しく動き回っています。
一緒に住む気なんてさらさらないと思いますが、お互い歳もとってくると助け合って生活する方がいい時期が来るかも。
と、始めから和室は絶対必須でした。
ただ、小さいお家なので限られたスペースしかない上に、どうしても1階に作りたかった。
と言うわけで、たった3畳の可愛いらしい和室となりました。








基礎工事から







柱が組まれ壁ができて窓がつき







どんどん形になってきても、この頃は全くイメージ湧かなかったなあ~
最近の和室って扉にはロールカーテンが使われていたり引き戸も洋風のお家に合うようなものが多いですよね。
私は絶対に障子が希望でした。
小さい子供もいないし、穴が空くこともないでしょうし。
そんな私の希望に合わせて窓枠や敷居も和っぽく仕上げてくれました。
本当に落ち着く空間ができました。










リビングの横にあるので寝転んでテレビも見れます。
寒い冬にはこたつでほっこりも最高です。








琉球畳(風)です。
井草より扱いやすい素材だそうです。








寝転んで見上げると勾配天井の大空間(?)が広がってます!








従姉が贈ってくれた「 掛け軸
部屋全体が引き締まります!








2階から見下ろしたところ・・・すごく好きな眺めの一つです
私はまだ和室で寝ことないのですが母と叔母ちゃんが「寝心地も最高!」と言ってました。
ベッド派ですが真夏に和室で大の字になってのお昼寝もいいなあ。。。
と、完成してもまだまだ季節ごとにやってみたいことや、これからの暮らし方を考えると楽しみでしかたない私です



次はどのお部屋を紹介しましょ~?
次回もお楽しみに





おまけです
窓のある和室ができたら是非やってみたかったこと↓
(少し恥ずかしいですが)







取り込んだ洗濯物を、バッサッーと畳に・・・。
なんだか、贅沢な瞬間?!?
長時間、放っりぱなしにならないよう、注意いたします




















コメント

佳 気 満 高 堂

2014-11-15 21:12:54 | インテリア
  佳 気 満 高 堂

なんて読むか、どんな意味かわかりますか~?

さかのぼること2カ月以上前・・・お家完成に近づきつつあった8月の終わりに従姉に意を決して(?)相談をしました。
『新居にちっちゃくて狭いけど、床の間もどきがあって、そこに掛け軸を掛けたいんだけど・・・書いてもらえないか』と。
全く知識もなく素人の勝手な理想を、習字を習ってる従姉にぶつけました!

従姉の書はとても温かみがあり柔らかいタッチで見ていると優しい気持ちになれる、そんな印象を受けるものなのです。
なので和室の床の間を作ると決めたときから、心の中で思い温めていたのです。

そんな私の願いを快く受け入れてくれ、早速にサイズを測って書道の先生に相談して色を選んで言葉を決めて書いて表装し完成させてくれたのです。
しかも、ププププレゼントだなんて~ なんて幸せ者なのなしら

というわけで出来上がって、すぐに届けてくれたのです。







受け取って意味を聞いたとき思わず涙が。。。
なんて素敵な言葉なの~と。







読み方は
『佳気(かき)高堂(こうどう)に満(み)つ』

意味は
『めでたい瑞気が立派な家に満ちあふれること』

だそうです。

こんな素敵な書を毎日眺めて過ごせるなんて感動です。
と、言うよりこの言葉に相応しいお家になるよう、少しでも近づいていかなければと気持ちが引き締まる思いです。

従姉の雅号は「典翠」 品位があって爽やかでこれまた素敵です。







優しさがにじみ出て、でもそれだけでなく力強さもあり勢いもある字力!
あと表装の色合いや風合いも壁の色ととてもマッチしていて理想以上の仕上がりに本当に感激です。







お家とともに掛け軸と従姉の気持ちもずっと大切にしていきます!
本当に本当にありがとう





















コメント