栃木発「ちゃりあん」ブログ2

日常の「あたりまえ」を、より深く。

紗栄子さんがやってきた! 大田原市「nasu farm village」(旧・那須野が原ファーム)へ

2020-09-08 01:06:17 | 大田原市(地域おこし)

【那須ファームビレッジは2020年9月4日プレオープンいたしました!】

NEW! 10月31日よりレストランもグランドオープンしました!

レストランは「ランチ」のみ ①11時30分~ ②13時30分~ 予約制となっております。

☎0287-54-0009

 

先月、ちょっとざわついた話が舞い込んできました。

「紗栄子さんが那須に移住」

 

へー那須なんだ・・・でも、なぜ那須なのだろう?

とにかく情報がなかったので、その時はその程度のことで終わったのですが

 

翌日・・・

「どうやら大田原に住んでるらしい」

職場の同僚が教えてくれました。

 

那須ではなく大田原に。

これはただ事ではありません!

 

那須ならともかく、地元・大田原とくれば、詳細を調べなくては・・・

 

コロナウイルス騒動で思うようなお出かけができなかった私にとっては

地元に大きな話題が飛び込んできたことをとにかくうれしく思うのでした。

 

 

・・・・・

ところで、話は変わるのですが

大田原市にはSNS等で「まるで北海道」と表現される場所がありました。

予約制のレストランが人気の「那須野が原ファーム」です。

「アイランドホースリゾート那須」という名前でも知られた観光牧場。

 

私は地元でありながら、その場所も知らず、もちろん行ったこともありませんでした。

近くまでは仕事で行き来してましたけど。。。

 

そんな那須野が原ファームがニュースになったのは今年の6月。

「突然の休止案内」と「温泉付きコテージの着工」という2つの話。

 

6月末で休止するという話はSNSで知りました。

「その前に一度行ってみるか」

そう予定は組んでいましたが、結局、すっかり忘れてしまい、気づいたら休止されていました。

 

そしてコテージの建設。

これは当初、「牧場の中に大きなタワー型のハコモノ作るの?」って思い込んでいまして・・・

それは景観上いかんだろ・・・って意見広告出そうと思ってたら・・・

実際は「コテージ」で、景観を損なうものじゃないってわかって・・・

「あーよかった」って納得した矢先・・・

 

先ほどの「紗栄子さんが牧場経営に乗り出す」っていう記事と

「休止した那須野が原ファームにコテージが着工される」っていう記事が

先日、ようやく「一つにつながり」

 

「紗栄子さんが那須野が原ファームを那須ファームビレッジに改名して経営を引き継いだ」ということを

納得したわけです。

 

地元のブロガーとしては

注目されている場所は訪れて取材する

これは基本。

 

まずはWEBサイトをチェックする。

 

すると「入場は無料ですが立ち入りは乗馬を予約された方のみ」とありました。

 

さすがに見学だけでは無理かな。

 

当初はアポイントしてからと考えましたが

 

なにぶん、場所すらはっきりしなかった。

 

地図を案内されてすぐに特定はできたものの、中にはたぶん入れないだろう・・・

 

とりあえず、入口まで行ってみるか。

 

・・・そう考え

 

9月6日・日曜日。

 

彼女を連れていざ現地へ。

 

地元では「ライスライン」と呼ばれる、途中から県道170号となる道から入ります。

※国道461号線からだと「南金丸」交差点から県道170号線に曲がります。

 

左カーブの太陽光パネルが見えてきたら・・・

 

湯津上(ゆづかみ)方面へ右折

ここを右へ

そしてすぐに左折。

ここを左折

このクルマのように

茶色くて見えにくいですが看板が設置されています。

(9月6日現在・旧・那須野が原ファームの名前のままになっています)

この細い道を進み・・・

 

「渡辺工業所」を左にみたら

 

その先の小さな十字路を左折

看板あり。

 

ゆるやかな上り坂を進み、下ると、牧場らしいグリーンが見えてきます。

 

あ、ここかな?

 

下った先、右手の開けた風景がこんな感じ。

 

「NASU FARM VILLAGE」の入り口到着です。

 

WEBにもあった通り、乗馬しない人は入れない・・・かと思ったので

入口にクルマを停めて写真撮影。

 

SNSで「大田原で北海道」と呼ばれる風景

この日は台風の影響もあり曇ってますが

青空が広がる冬場は緑の草原とともに「映える」ことでしょう。

いまは「エモい」っていうのかな。

 

外で撮っていると、続々と車が中に入ってゆくではないですか!

 

「そんなに乗馬する人っているの?」

素朴な疑問はありましたが、レストランは休止してるし、乗馬以外は入れないからね。。。

 

アポはとっていないけれど、中がどんな感じだか見てみたい・・・

 

私は彼女を車に乗せ、とりあえず、駐車場まで進んでみることに。

 

 

大田原市は田んぼもある田舎町ですが

それでも、この広さは他にはない。

 

建物の近くに来ました。

正面は立ち入り禁止でしたが

 

「お客様用駐車場」が左折の案内。

 

進んでみます。

 

けっこう、クルマ多いじゃない?

あ、クルマに「NO HORSE NO LIFE」だって。

 

どうも乗馬以外のクルマもいそうだ。

そう踏んだ私たちは空いているスペースにクルマを停めてみました。

 

いかにも「紗栄子さん」の名前で見学に来た人らしいお客さんが。

※すいません、私もですが。。。

 

東側、山々を前に

近くにいた男性が「あそこ雨降ってない?」

あ、本当だ。

 

写真ではよくわかりませんが、山が白っぽく見えている部分は雨が降っているのが肉眼でわかりました。

 

晴れてはいますがパラパラ降ってきましたので、傘を差しながら移動します。

 

厩舎でしょうか、馬の鳴き声が聞こえます。

 

奥には煉瓦つくりに見える展望台らしき建物があります。

 

まずは厩舎へ。

 

中には入ることはできませんでしたが

奥でお馬さんが帰ってくるところを観ることができました。

 

雨はすぐ止んでくれましたが、その分、、蒸して暑くなりました。

 

傘をたたんで歩きます。

 

「店内の利用はホーストレッキングの利用者に限る」

WEBサイトと同じように書いてあります。

 

なので、二人は展望台へ。

 

階段を上ると・・・

あ、乗馬してる!

私は過去に1回だけ別の場所で「引馬」体験をさせていただきました。

けっこう、背が高く、怖かったです。

 

 

この水道がなんかオシャレ

花柄。

 

ズームで。

 

これはエレベーターではなく、1階へ通じる階段のよう。

 

こんどは北の方で局地的豪雨なう。

 

展望スペースの全景はこんな感じ。

 

下ります。

 

私はどうしても1階の中が見たい。

 

でも、彼女は無理はしない。

 

外を歩いてみることに。

 

すると・・・

 

 

駐車場にパトカーが。

 

なにがあったのでしょう?

 

警察官が二人、歩いてきます。

 

厩舎から乗馬がスタートしました。

 

離れた場所で「キャー」という叫び声が聞こえたので振り向いてズームすると

団体さんが記念撮影してました。

※なぜ絶叫したのかは二人ともわかっていますが、あえて伏せておきます。

 

1本の大きな木陰の下で彼女は涼んでいました。

 

一方、駐車場のほうではスタッフさんが警察官とお話をしていました。

ズームで遠くからなのでもちろん会話はわかりません。

 

けっこう、時間は経ちました。

 

私は建物の1階の中が気になってたまりません。

 

時折、出入りする人の扉の開閉で中に多くの人が居ることがわかるのですが・・・

 

先に厩舎へ近づいてみます。

 

消毒をして

 

奥で話をされている方は「乗馬」を希望された方のよう。

乗馬をする人しか、柵の向こうへは行けません。

 

お馬さんが顔を出せるようになってました。

 

木陰は少なく、ここだけ。

 

木陰から撮影

 

お子様が記念撮影。

あれ、お馬さん寝てる?

 

今度は外をじっと眺めてる。

ちょっと寂しそう

 

こちらは小さくてもおばあちゃんだそうです。

 

あ、芝生、入っちゃった。

すいません。。。

 

そんなこんな言っているうちに

 

私は建物の1階に入ることを決意。

 

取材許可の確認を撮ってもらうと、OKをいただきましたので・・・

 

「この記事は那須ファームビレッジ様の許可を得て、撮影・ブログ更新しております」Ok。

 

スタッフさんにお話を伺ったところ

 

現在、レストランは休止しており、いずれ再開したい、とのこと。

この日は「乗馬した方は店内で座って飲食ができますが、それ以外の方はテイクアウトのみドリンク提供できます」とのことだった。

 

店内のイスには多くの方が飲食をされていて、乗馬された方だったのだ。

 

とりあえず、彼女を呼び、中でドリンクを注文することに。

 

メニューはこちら。

 

左の棚は物販コーナーとなっていて

 

ドレッシング

 

ジャム

 

 

エプロンは9800円

ハンドタオルは1200円

牧場で摘み取ったブルーベリーは

大=1000円

小= 500円

 

エコバックは10000円寄付された方に

マスクケースは5000円寄付された方に返礼品として送るそうだ。

 

ちなみに、乗馬「外乗」された方は軽食としてカレーを食べてました。

 

あーカレー好きとしては、食べる機会が欲しい!

 

通路の奥、右手にトイレ

左手には

展望スペースに抜ける2階への階段がありました。

 

彼女がオーダーしたドリンク

そして私が購入した「唐辛子のディップソース」600円

 

場内は一方通行となっていますので、出口は左に進みます。

 

春になるとピンクに染まる桜並木がありました。

 

帰りは丘を下る坂道。

 

ゆっくり進みます。

 

葉を観れば並木が「桜」ということがわかります。

 

わずかに桜の葉の黄葉が進んでいました。

 

もう季節は秋ですからね。

 

突き当りを左折すると国道461号線方面に抜けます。

 

ちなみに・・・

 

一方通行ですから、下りてきた道は「出口」

もし、こちらに来てしまった場合は、誘導の地図がありますので従って進んでください。

 

では、左折して国道461号方面に進みます。

 

・・・

 

ずーっと道なりに進むと大きな道に交差するので、私は右折。

 

すると・・・

 

栃木県で第1号の設置となった「ラウンドアバウト」にたどり着きます。

 

クルマはちょうど青空と曇り空の境目にいました。

 

なのでぱらっと降り出した雨はすぐに止んでくれました。

 

 

購入した「とうがらしディップソース」

なんと大田原市観光協会より「優良観光土産品推奨状」をいただいたそうです。

※今年2月16日付 旧・那須野が原ファーム当時

製造は那須塩原市のダルマフーズさんです。

 

 

乗馬はなかなか勇気がいりますが

いずれレストランがスタートする予定とのことなので

コテージの建設も始まりますし、

また訪問してみたいと考えております。

 

何といっても、春の桜の季節はおススメ。

 

コロナウイルス騒動が早く収束して日常が取り戻せる日が来ることを望んでいます。

 

 

【那須ファームビレッジ】

栃木県大田原市狭原(せばはら)1291-7

0287-54-0009

 

営業時間は9時~18時30分  ※テイクアウトドリンクの提供は「9時30分~17時」まで。

 

定休日 水曜日・年末年始

※現在プレオープン中につき「定休日」は月・火・水となります。

 

NASU FARM VILLAGE

草原の緑と空の青がどこまでも続く牧場で、那須野原ヶ丘の風を感じながら乗馬体験をお楽しみいただけます。

NASU FARM VILLAGE

 

 

https://www.facebook.com/Nasu.Farm.Village.horse/

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 涼を求めて 那須岳「峠の茶... | トップ | 那須塩原市「ドン・キホーテ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
景観 (斉藤 直一)
2020-11-06 18:56:37
私は、10月25日(日曜日)に行きましたが、残念ながら厩舎の一部とカフェの内部のみしか見てないです。本当は、農場、ブルーベリー栽培、ローズマリーの栽培部分を見たかったですね。勿論、案内が必要なのは承知です。私は、素人ではありません。全て経験済みです。心配な事が有りますから確認したかったですね。今度、見せて頂きたいです。又、今は、フーアムビレッジのホ-ムページにコメントを記載してます。参考にしてくれたら幸いですね。緑豊かなのは認めます。少し規律が厳しいですね。北海道はさほどでは無いですね。ご検討願えればと感じました。又、いつか行きます。
水戸から失礼します。
斉藤 直一様へ (ブログ屋ちゃりあん)
2020-11-06 22:17:04
コメントありがとうございます。 
こちらのブログは那須ファームビレッジ様とは関係がございません。
公式ホームページのほうにコメントを記載されたとのことですので、そちらからの対応をお待ちいただけると幸いです。
ただ私見を述べさせていただきますと、この施設はまだ引き継いでスタートしたばかりですので、そこまで準備が追い付いていないのかと思われます。メディアの報道の通り、保護馬の救済がまずメインとしてありますので、農場の方はまだ開放するに至れない状況であろうかと推測できます。
もちろんプロの方のアドバイスは貴重で必要とされているのかもしれませんが、それぞれ考え方があるかと思いますので、それをいまは尊重すべきではないかと思います。
関係者ではありませんが、足を運んでいただき、助言をいただけることは非常にありがたいことです。 ぜひ応援してください。 そして陰ながらでも力になってあげてください。

コメントを投稿