平々凡々とした日々(?)を支離滅裂に綴る雑記

自転車・NFL・時計等が趣味です。
日々これらのことにに関することや雑感などを駄文乱文でつづっていきます

F1 アブダビGP

2019年12月02日 23時54分22秒 | F1・モータースポーツ
先週末は、F1のアブダビGPでした。

しかしよく考えると、もう12月ですよ。12月にまだF1やってるって・・・。
昔は鈴鹿が最終戦1つ前くらいの日程だった時もあったことを考えると、
10月にはF1終わっていたのに、師走にF1やってるって不思議。
始まるのは3月で変わらないから、オフシーズンが短くなってるよね。


さて、最終戦は王者ハミルトンの完勝でしたね。細かい内容ははぶいていきたいと思います。
2位は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンでした。
これによってフェルスタッペンのドライバーズランキングの3位が確定しました。
前回、フェラーリが同士討ちでノーポイントでフェルスタッペンが1位でしたかね。
また、トロロッソ・ホンダはコンスタラクターズランキング6位。
前回ガズリーの2位で6位に返り咲き、ルノーにも一気に8ポイント差まで詰めていたので注目していましたが、
ルノーはノーポイント、トロロッソ・ホンダは9位クビアトの2ポイントのみ。ガズリーは18位でノーポイント。
この結果、2ポイント縮まったのみで6位のままでした。

年間振りかって、今シーズンもメルセデスの強さが目立ったシーズンでしたね。
開幕前のテストではフェラーリの速さが取りざたされていただけに、
前半戦はフェラーリがリードするシーズンになって、メルセデスがアップデイトで追いついていくそんなシーズンかと思いきや、
蓋を開ければ、メルセデスがチームとしての強さが目立つ。フェラーリはマシンの速さを生かしきれないピット作戦もあり、
勝ち方を忘れたチームと揶揄される。レッドブル・ホンダにも対抗する速さはなく、
その間メルセデスの1・2フィニッシュによる連勝が続き。序盤は、このままメルセデスのパーフェクトシーズンになってしまうのではないかというシーズンでしたね。しかし、その連勝は、まさかのレッドブル・ホンダのマックスフェルスタッペよって終わりがくる。
この辺りで、フェラーリがこのままならコンストで2位にいけるかもとも思いましたが、甘かったですね。
夏休み明けには何故か、フェラーリが謎の速さをみせ優勝をかっさらい始める。
そうは言ってもメルセデスは前半の大量リードあるので焦らず。
フェラーリの謎の速さもFIAの調査が始まると陰りが。前もあったよねこういうの。
再びメルセデスの盤石のレースが展開され、コンストラクターズ、ドライバーズチャンピオンを確定。
残り数レースは消化試合になるものの、レッドブル・ホンダがそこで勝てたのは大きかった。
今シーズンは、やはりメルセデスとフェラーリに1歩2歩届かない状態が長かった。
オフシーズンで前の2チームも進化するなか、その1歩2歩を失くしていかなければいかないが、
その可能性を感じさせる勝利だったと思う。フェラーリには追いついたかもとも思わせる。
しかし、このアブダビでメルセデスとの差をまた痛感させられた感じ。メルセデスとの差をいかに無くすかですね。
さて中団を戦うとろろっそ・ホンダは6位ということで、来年は中団トップの4位を目標にして欲しい。
5位ルノーとは今シーズンも僅差にはなりましたが、4位マクラーレンは遠い。
マクラーレンはコンスタントに2台入賞が多く、中団トップの位置を確定してましたからね。
トロロッソ・ホンダも安定して2台が入賞できるようなチームにならなければ、
マクラーレンまでは届かないですからね。中団は混戦なのでちょっとの差で入賞とノーポイントなので、
より厳しい争いになりますが、頑張って欲しい。苦労人ドライバー2人にも頑張って欲しいしね。
トロロッソ・ホンダは来年はチーム名も変わるので、気分一新より上を目指して欲しい。
イタリアンで明るく陽気だけど、レースには真摯なこのチームは大好きです。

今回はレースそっちのけで総括になりました。
もう来シーズンは約3カ月半後には始まりますね。早い!




F1ランキング
コメント (2)