Bliss Bridalのブログへようこそ!型破りハワイ・ウェディングプランナーの独り言。

Wedding Junkieのプランナーが綴る日々のあれこれ。アイデアやエピソード、国際結婚裏話など楽しいお話が満載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

姉妹っていいね

2016-10-23 21:34:40 | Weblog
ウェディングの仕事は季節労働者的なところがあり、年間を通して継続的に忙しいということはなく、スローな時と忙しいときの差が激しいんです。スローなのは真夏(特に8月)と冬(12月)。秋は繁忙期で毎年9~11月はいつも業界全体的に忙しいですね。今はシルバーウィークなるものもありますので9月が以前に増して忙しくなったように思います。

9月は我が子二人のバースデーがあり(20日と26日)、長女のジェシカ16歳ミア13歳になりました。ちなみに長女の名前はJessica Emilyで日本語はジェシカ英美里、次女の名前はMia Elizabethで日本語を未亜エリザベスと言います。長女の名前はミドルに漢字、次女の名前はファーストネームに漢字を充てています。見た目は似ているのですが性格や好きなもの、興味の対象が全然違う二人の娘たちです。同じように育ているつもりでも何でこんなに~?と思うほどそれぞれ違った個性を持っています。ハロウィーン用のコスチュームでも違いが歴然です。ミアのコスチュームは人気TV番組The 100のLexaというキャラクターなのですが、マニアック過ぎて売っていないのでYouTubeでマニュアル見ながら私が手伝ってぜーんぶ二人で手作りしました!楽しかった。。。メイクも♪ジェシカは大してコスチュームなどに熱を入れるタイプでもないので前と同じHippie girl。ハロウィーン前ですが教会でオクトーバーフェストが今日行われて子供たちを中心にコスチュームパーティーのようになりました。

うちが狭いので子供たちは今も部屋を共有しているんですよ(なんと二段ベッド!)。二人ともそれに飽き飽きうんざりしていて自分だけの部屋をずっと懇願されてきました。一応計画ではあと1~2か月でそれが叶うはずなのですが。。。。。待たせてごめんよー。

我が子はともかく、姉妹って本当にいいなといろんなケースを見て思いますし、実際に姉(または妹)がいてよかったというようなことをよく耳にします。。私にも二歳下の妹と五歳下の弟がいます。妹と丸二年(ともに8月生まれ)しか離れていないので同じレベルで団子のように育ってきたように思いますね。小さいの時の思い出にはお姉ちゃんとして面倒を見た、というような記憶がほとんどありません。妹はお話を書くのが得意で私はそれを読むのが大好きだったことが記憶に強く残っています。

妹と私はたった一カ月違いで第一子を出産しました。子育てを共に平行線でしてきたのですが妹たちが近くに住んでいていつもハングアウトできたらどんなに楽しかっただろうなーとよく思っていました。今もそう思います。友達と姉妹とは全然違いますね。気を遣わず見栄を張ったりカッコつける必要もなく、同じようなギャグで笑い(親ネタとか・・)、何とも言えないこの楽さと楽しさ。「何その髪型?!」とか「それはオバサンっぽ過ぎるよ」とか友達には言えないことも言えるのが大きな違い。うちの子供たちを見ていてもなんだかんだ言って友達と過ごす時間よりも姉妹で一緒にいるのが気楽で遠慮がなく一番楽しそう。

私の妹は乳腺が詰まりやすく母乳トラブルがちょこちょこありました。ジェシカと甥っ子が1歳になるかならないかの時に妹が発熱を伴う乳腺炎になり抗生物質が処方されたことから予定外に突然断乳を強いられました。私たちもその時お誕生日をお祝いするために日本にいたんです。毎日のようにおっぱいを飲んでいたのにそれが断たれてしまった甥っ子は理解できるわけもなく、妹に何度も体当たりして気が狂ったかのように大泣きしました(ちなみにおすもうさんみたいに巨大児でした。。。)。妹は私よりもずっと小柄な上、体調を崩しているから抱っこもできない(もともと巨大児過ぎて無理でした)ので夜だったのですが私が身体をよじって泣き叫ぶ甥っ子を抱きかかえて家の外にいきボロボロに泣き疲れ果てて寝るまでずーっとあやしながら抱いていました。私でも長時間抱っこしているのは本当に重くて大変で、しかも見ていられないほどかわいそうで心が折れて私の母乳を飲ませようかとまで考えたほどでした。今も抱いていたときの重さや叫びを鮮明に思い出すことができます。

そんな妹に乳がんが見つかったという知らせが入ったのは今年の3月。それからいろんなことがありましたが(ネットで病気に関しても調べまくりました)、二回の手術を経て今はお陰様で食事に気をつけてながら3週間に一度のハーセプチンという治療を受ける以外は普通の生活を送っています。3月には家族でハワイに来る予定なんですよ~。術後の検査の結果リンパへの転移がなかったことがわかり抗がん剤の必要なし、と知らさせた時(6月)に私は自分の祈りが届いたんだな。。。と思いました。

自分はブログ書くものの、他の人のブログをこれまで読むということはなかったのですがそんな私も毎日のようにチェックするようになったのは小林麻央さんのブログ。聡明で素直で優しい人柄が言葉の端々から感じられます。麻央さんとお姉さんも素敵な姉妹ですよね。どんなステージを言い渡されても絶対に治る可能性があることを信じて闘ってほしいと本当に思います。日本中の希望の星ですからね!妹の病気がわかった直後に私はとにかく一日でも早くできることはした方が良いと思いインターネットで調べてある食事療法の本を実家経由で購入してもらい送りました。そしてハワイからもオーガニックなハーブなどをちょこちょこ詰め合わせて送ったのですがその時にたまたま見つけたので一緒に入れたのがこのquote。

信じることは力だと思います!

私の娘たち二人も大人になってからもお互い頼り助け合う関係でいてほしいな~願わくばbest friendsになってほしいです。

あ、ちなみに私と弟の関係も良いですよ~(笑)。一番顔が似ていると言われるのは弟です。ちなみに彼のハワイウェディング2回(!)コーディネートしました~。

アットホームなmorning ceremony + lunch reception@ハレプナカイ(3年ぶり!)

2016-10-19 23:25:58 | Featured Weddings
このウェディングをずっとご紹介したいと思い、写真集めなど準備を始めていたのに途中から多忙になり滞ってしまっていました。素敵なウェディングがコレクションのように私の手元に集まっています。なかなかブログ書けなくてごめんなさい~。もっと要領よくなりたい!と切に思います。

私は小学校4年生の時に生まれて初めて乗った飛行機で高知県に行ったのですが、それ以降四国を訪れたことはありません。ちなみに九州も沖縄も上陸体験なく。。。(涙)日本の中で訪れたいのに訪れたことないところがたくさんあります。そんな私なのですがハワイに住むようになってこの仕事をするようになってから日本のいろいろなところの人と出会い、接する機会を持つことができました。

今日ご紹介する素敵なお二人を始め皆さんは愛媛県から来てくださいました♪私の以前の大事なお客様二人とつながっているというご縁があったんです。ご自身も松山のOeuf(ウフ)というブライダルサロンを経営しヘアメイクや整体のお仕事をされていてそれは多忙に活躍されているbrideのUtakoさん。バリバリお仕事をされる方なのにお会いしたらほんわり優しく本当にかわいらしい印象の女性でした。

モアナサーフライダーでのお支度開始は日の出直後。メイクはご自身がプロなので自分で行い、ヘアは参列いただいたお仕事仲間のスタイリストさんが担当しドレスの着付けはお姉さまが行うという素晴らしいチームワークで楽しく準備されました。

ブライズメイドのドレスはターコイズに近いアクアブルー。ブライドのブーケはグリーンを中心にして作られ、ブライズメイドのブーケは白中心で作られ色のコントラストがきれいに出ています。お二人が選ばれた会場はハレプナカイとして知られる海辺の邸宅。実はこの邸宅でのウェディングは3年ぶり。車の通りが多いストリートから長い垣根に覆われた私道を歩いて邸宅のゲートに到着します。

ゲートをくぐるとプールの青さとガーデンの緑が青々と目に飛び込んできます。わー!とテンションが上がる感じ。木の下にはバーやウェルカムスペース、カクテル用のテーブルなんかを自由に置くことができます。日陰になるのがうれしいですね。日陰というのは涼しさ提供という目的もありますが写真のクオリティためにも本当に不可欠なんですね。ウェルカムスペースに置かれたのはご用意されたアイテムたち。白樺の枝で手作りされたかわいいテーブルがちょうどよいサイズでした。

チョークボードに書かれたQuote。This is a good one!木の下やプールサイドなど素敵なお写真が撮れるフォトスポットが多いのは会場の魅力の一つですね。挙式とレセプションの両方を行っているので時間をゆったりと過ごしていただきました。

ナチュラルな木のアーバーを海に近いお庭にあるプルメリアの木の下にセッティングし、そこを祭壇とすることにしました。アシメトリーに白いファブリックがドレープされ、お花と少しのフルーツでナチュラルにアレンジされています。最後列の椅子にだけリボンで装飾しました。

最愛のお母様にエスコートされて花嫁様が入場。娘さんを新郎様に引き渡す時のお母様の満面の笑顔が素敵なショットとして捉えられています。。朝の光が燦々と差し、ハワイの太陽と海と空と空気と波の音に囲まれて結婚の誓いを交わされました。お式後にはしゃいでポーズする美女三人はお姉さまのTomokoさんとヘア担当してくださったスタイリストのMasayoさん。Brideを美しく仕上げた上に、終日支え盛り立ててくださってありがとうございました!私にとっても素敵な出会いでした。


愛媛県の今治市は肌触り最高なタオルの生産地として全国的に有名なんですね。GroomのYujiさんが代表として全国展開している今治タオルブランド「伊織」。日本のものは何と素晴らしいんでしょう~!日本を離れて18年で誰から見てもウラシマタロコの私はいつもそのことを言い訳にして無知の失礼を許していただき、お客様に日本のことをたくさん教えてもらっています。一人一人のお名前とAloha!と日付が刺繍されたミニタオルをプチギフトとしてご用意されました。もともとクリアの袋に入って保護されていたタオルたち。ちょっとアレンジさせていただいて良いですか?と許可をいただいて預かった私は、タオルを袋から出して刺繍の部分が見えるようにくるくると巻き、同じ色のリボンで結わえただけでとっても可愛くなりました♪

カクテルタイムが終わって皆様を室内に迎え入れるときに新郎新婦様からお一人ずつに手渡しされるということになりました。Favors(プチギフト)も装飾効果や演出効果を考えて取り入れるとさらにいっそう生き生きと輝くんです。ゲストの皆様も気配りとおもてなしの心に喜ばれますね。

ハレプナカイではレセプションのセッティング場所は邸宅内のリビングルームと決められています。室内と言うとせっかくガーデンがあるのだから外でパーティーしたいな~と思われる方もあるかもしれませんが、このリビングルームは前も後ろも開け放つことができとても開放感があるので室内という閉塞感を感じることはまずありません。リビングルームには長いテーブルを一本設置し、皆さんが一つのテーブルを囲むスタイルとしました。少人数の場合はお薦めです。「フルーツが大好き」というUtakoさんからのリクエストでテーブルの要所要所にフルーツを取り入れました。お花はピーチ、オレンジ、イエローと明るい暖色系をアクセントしてナチュラルにまとめています。プレースカードホルダー代わりに青りんごを置き、そこにカードを挟みいれました。

ケーキもオレンジとレモンで飾られ、トップにはオレンジや黄色のお花で装飾されています。元気いっぱいなケーキ!という感じ。今回かなりいろいろな色を取り入れることとなったのですが、Clashしないように少し迷いながらも色で遊ばせていただきました。カラフルは基本大好きですからね。このハンバーガー美味しそうですね~!ちなみにこれはキッズミールでした~。大人でもちょうど良さそうな大きさ!

ヘアスタイルを挙式のスタイルからクイックチェンジ。素敵なヘアスタイルですよね!さすがです。レセプションでは皆様一人一人がお祝いのメッセージをお二人に向けてお話されました。少人数でintimateだからこそ叶う温かいれぷせしょんでした。邸宅を貸切ってのレセプションはラグジュアリーですが他にはない雰囲気を醸し出します。


朝早いお式の場合はビーチなどのロケーション撮影はレセプションの後に入れることが一般的。お式前は時間的にかなり困難だからです。ゲストの皆様をお見送りしてささっと今度はダウンスタイルにチェンジしてビーチ~そしてモアナサーフライダーで写真撮影を行いました。幸せいっぱいなこの笑顔のショットが大好きです。


数年ぶりにハレプナカイで素敵なお式をコーディネートする機会を与えてくださったことに本当に感謝しています。ハワイを好きになってくれた(と信じています)こともとてもうれしいです。私もいつか愛媛の松山や道後温泉に行ってみたい~~!!

Congratulations!!!

Photography by Tupou Photography
Flowers by Flowers for Two