Bliss Bridalのブログへようこそ!型破りハワイ・ウェディングプランナーの独り言。

Wedding Junkieのプランナーが綴る日々のあれこれ。アイデアやエピソード、国際結婚裏話など楽しいお話が満載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Cutest wedding pictures with their beloved Shiba - 愛犬と一緒にウェディング撮影

2016-03-25 12:42:18 | Weblog
今日は私が昨年Day-of-wedding coordinatorとしてコーディネートしたローカルのウェディングをご紹介します。新郎新婦のお二人自ら会場、各ベンダーの予約手配を行い、プランニングの8割以上を自分たちで行ったものをウェディング前にファイナライズし、最終まとめと当日の仕切りおよびコーディネーションを行うという簡易サービスです。私の場合はよりよいサービスを提供し、ウェディングのクオリティを高めるために自らのポリシーとしてお式前2か月を費やして最終プランニングとコーディネーションを提供しています。 なのでDay-ofというよりは2ヵ月カウントダウンと呼ぶ方が相応しいです。

当日メインの簡易サービスでもこんなにコストがかかるんだ。。。金額だけをご覧になって一瞬思われる方もあるかもしれません。でも実はこのサービスが最も費用対効果が高いんです。2ヵ月前までの段階でどこまでの手配が進んでいるかをすべて把握し、その上でデザイン・装飾、ロジスティクス、スケジュール、食べ物飲み物、写真撮影、ヘアメイクなどあらゆる角度から助言を行い不足しているベンダー手配を補います。ウェディングの命とも言えるタイムラインを作成しすべてのベンダーと共有してそこから自分が指揮をとっていくのです。バラバラになっている立体のパズルを組み立てていくような感じですね。ウェディング当日には花嫁様の介添えサービスを初め、会場を決められたとおりにセッティングし、ゲストの皆様を誘導し、タイムライン通りにプログラムを遂行するために必要な人材を確保しなくてはスムーズなイベント進行は難しくなります。優れた適材を適所に入れることが重要となりますのでそちらにも当然費用が回るわけです。この人件費を削ると人手の足りていないレストランのようにサービスの質が下がってしまいます。

実は私は2ヵ月前カウントダウンでお手伝いすることが大好き。今までご一緒したことのない新たなベンダーとの出会いや今まで使ったことのない会場を使うチャレンジ、自分からは薦めることは躊躇するようなちょっと変わった内容でできることなど目新しいことが多いことですね。どんな内容でも二人が望んで決めたことであれば私は基本何でもOK!なのですね。なじみのなかった会場やベンダーたちをまとめていくことは本当の意味でのコーディネーションのスキルが試されます。そのチャレンジを自らに与えることが好きなんです。

今回のウェディングもチャレンジと目新しさと出会いにあふれていました。一番うれしかったのはこんなにナイスでdown to earthで温かくて素敵なRay & Hirokoさんというカップルに出会えたこと。Rayはカウアイ出身のロコボーイ。二人は日本で出会いお式の数か月前にホノルルに引っ越してこられました。だからお会いして一緒にドレスショッピングしたりお打合せができることもうれしかったです~。二人はとにかく自然派。一日おきくらいにココヘッドの階段を登るという信じられないほどのタフさとアクティブさなんです。だからtop shapeでした!

今回初めて行ったことはペット(愛犬チビ)との撮影!あまりにかわいいので一番最初の写真にしました。なんと賢そうな目なんでしょう~。教会は動物が禁止なんです。それでワンコと一緒に撮影したいと相談された時は正直難しいなあ。。。と思ったのですが、ペットフレンドリーなモダンホノルルをホテルとして選ばれたこと、そしてペットシッターさんをつけていただくことをお願いして実現できました。

こんな素敵なショットが撮れて本当に良かったですねー。最高です!チビがとってもお利口さんだったそうです。さすがの柴犬ですね~~。うちの犬とは大違いです~~。

ウェディング前夜とウェディングナイトをモダンホノルルでステイされましたのでモダンホノルルのお部屋でお支度。シンプルでコンテンポラリーなテイストの小物たち。Pronoviasデザインの総レースのマーメイドドレスをかけるのに使われたハンガーにはワイアーでMrs Oyakawaとかかれています。いつも見るたびにこれはすごい技術だなあと感心していしまいます。

白いチューリップだけを束ねたブーケがモダンでとても素敵でした!意外とありそうでないブーケです。

BrideのHirokoさんの息をのむほどの美しさ。パーフェクトに身体にフィットしたドレスとロングベールでそれはそれは素敵な花嫁様でした。そしてRayのこのmillion dollar smile! おしゃれな彼もまたグレーのスーツをそれは素敵に着こなしていました。

感動のファーストミートの後で愛犬チビとの対面。チビもグレーの前掛けとボウタイでドレスアップして仲良く3ショットが撮れました。これは最高。お式前にダウンタウンに寄り二人だけの撮影をしました。

いよいよ挙式会場のセントラルユニオン教会大聖堂に到着です。ローカルにも挙式会場として人気の高いセントラルユニオンではローカルウェディングという枠を設けています。そのローカルウェディングでのお式でしたのでリハーサルやカウンセリングは別の日にすでに済ませていました。

パイプオルガンの音色でお式が厳かに始まります。

Proud mom and dad of the groom! 100名弱のゲストの皆様がご参列されました。パステルカラーの素敵なアロハシャツをお召しになったお父様にエスコートされて花嫁様が入場されました。

人数が多いと集合写真も迫力ありますね!これは良く撮れています~!Great job!!

挙式後にガーデンで撮影されたこのショットが私のお気に入り。見る人が思わず笑顔になってしまう幸せが伝染するような写真です。

今回初めて仕事でご一緒したフォトグラファーはIsle MediaのKayさん。前から知っていたんですけどなかなかご一緒できる機会がなかったので今回はそれもうれしいことの一つでした♪

これまた初めてご一緒させていただいたカイムキの人気レストラン3660 On The Riseのバンケットルームにてレセプションが行われました。これも素敵な出会いでした。シンプルなテイストを好まれる二人でしたので会場が提供するものを最大限使いながら、ゲストテーブルリネンを光沢とテクスチャーのあるフルレングスのテーブルクロスにアップグレードし、グレーのコットンのナプキンを入れることでぐっと個性が加わりました。センターピースにはあえてお花を使わずキャンドルだけとし、代わりに各席に白いチューリップが一輪添えられました。テーブルナンバーカードはは愛犬チビの写真たち。パーソナライズされた箱に入れられたカップケーキがfavorsとして一人一人にプレゼントされました。Sweetheart tableのリネンはゲストと差別化して白のsequinリネンとし、手作りされたイニシャルが飾られました。

お部屋の周囲が白いアップライトで照らされスペシャル感がより一層加えられました。シンプルなスクエアの三段ケーキの上に乗せられたこのトッパー!もうどんなに二人がチビのことを溺愛しているかわかりますねー?

ご着席前の自由な歓談の時間をカクテルアワーとかカクテルタイムと呼んでいます。ドリンクとアペタイザー(ハワイローカルはPupuと呼んでいます)、おしゃべりに花が咲きたくさんのhugs & kissesが交わされみんなが笑顔になる幸せな時間なんですよね。主役の二人も歓談に加わってそれは楽しそうでした!

過半数がローカルでしたので日本からいらっしゃったゲストの数は少数派でした。言葉の障壁をできるだけ乗り越え、スピーチの訳を行ったりとできるだけ皆さんが一体となってレセプションを楽しんでいただけるように私たちがお手伝いしています。笑顔いっぱいのそれは楽しいレセプションとなりました。3660 On The Riseのお料理はとっても美味でそしてバンケットスタッフのプロフェッショナルなサービスぶりに心から感心しました。

ウェディング終盤の時にフォトグラファーのKayさんとおしゃべりしていて私が「私はこういうウェディングが一番好きなの」と言ったらKayさんが「私もなのー!」と同意してくれて嬉しかったのを覚えています。

つい先日もロイヤルハワイアンでのウェディングをday-ofでお手伝いしましたが同じように学びと感動が大きく、あ~もっと多くのカップルを手助けしてあげたいなと改めて思いました。

Ray & Hirokoウェディングのハイライト映像以下からご覧になれます。


Photography & Videography: Isle Media
Flowers: Flowers for Two
Hair & Make-up: Mamano
Specialty Linen Rentals: REA Designs & Events
DJ/MC/Up-lights: Spectrum Entertainment
Reception Venue: 3660 On The Rise
Wedding Cake: A Cake Life