Bliss Bridalのブログへようこそ!型破りハワイ・ウェディングプランナーの独り言。

Wedding Junkieのプランナーが綴る日々のあれこれ。アイデアやエピソード、国際結婚裏話など楽しいお話が満載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Happy Mother's Day 2014

2014-05-10 18:09:31 | Weblog
また今年もやってきました母の日。私から自分自身も含め子育てに悩み奮闘している全てのお母さん〔特に私のbridesたち!)にエールを送ります。

Happy Mother's Day!!!!

年中無休で無収入というこれ以上に大変な労働はないですよ~~!自分の人生はどこへ?!と思う気持ち私にはわかります~~。本当に自分でがんばっている自分をほめてあげてほしいです。

子育ての大変さを体験して初めて自分もこうやって親に育てられたのだなあ、と実感しますね。子どもたちがベイビーのとき動物の赤ちゃんを見てあーなんて人間の赤ちゃんは動物に比べてhelplessなんだ。。とよく思っていました。

私は上の子も下の子もプリスクール〔幼稚園)に入れたのは4歳の1年間だけ、しかも12時までの半日。プリスクールの月謝が高すぎて、若くて稼ぎも少なかった私たちにはaffordできなかったという事実もあるのですが〔汗)、私自身が自分で育てて日本語も教えたいと当時燃えていたのがその理由。頼みになる家族もいなかったので本当に私が子どもと離れる時間というのはプリに上がるまではほぼ皆無でした。どこに行くにも車でないと移動できないのに当時乗っていたJeep Cherokeeは全てのドアがマニュアルでベビー連れには辛かった。。。そんなことも懐かしいです。

あまりにも大変で、自分だけが大変な思いをしていると感じ、でもその大変さをあまり理解しようとしない夫と何度激しい口論になったことでしょうか。。。

上手に器用に子育てするってありえないね。完璧からは程遠いこの不完璧さ。本当に思い通りにならず自分で自分が嫌になることも多々。

私が考える親の役目は愛してあげること、守ってあげること、導いてあげること、信じてあげることだと思う。この中でいちばん難しいのは信じてあげることかなと思う。

仕事に早く復帰しなければ・・・社会から取り残されてしまう・・という心配や焦りは感じなくて大丈夫!と無責任に私は言います。責任は取れませんけど〔笑)。少なくとも私は子どもたちが小さかった頃に今みたいに仕事に忙殺される日々ではなく子育てに集中できていたことを本当によかったと思っています〔お金はなくとも)。今の自分は当時の自分からは想像もついていなかった自分。だから今子育ての最中にいる方たちの10年後もきっと同じではないのかなと思うのです。新しい自分、一回りも二回りも人間として女性として成長し自信をつけた自分が10年後にきっと待っているのだと思います。

この間長年お世話になっている美容師さん〔私と同年代)とおしゃべりしていて「やっぱり女は40代がいちばん最高ね」とという話になり、「だけど50台になったときにもやっぱり女は50代が最高、と言っていたいよね」、という話に。共に近くを見る視力もだんだん怪しくなり、方々見えるとこ見えないところで衰えはかなりあるのですが・・・それでも常に今がいちばん最高と思える人生を送りたいということ。

現在過去未来の中で一番大事なのは現在ですよ~~。私がよく口にする言葉です。

子どもたち二人と海で撮った昔〔2005年)の写真。子どもたちの表情がかわいく捉えられていてお気に入り。誰が撮ったのか・・・記憶なし。夫だね、きっと。


母の日おめでとう:))
Trackback (1)