Bliss Bridalのブログへようこそ!型破りハワイ・ウェディングプランナーの独り言。

Wedding Junkieのプランナーが綴る日々のあれこれ。アイデアやエピソード、国際結婚裏話など楽しいお話が満載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶりのハワイウェディングレポート~赤い風船持ってダウンタウン撮影!

2013-02-28 10:46:48 | Weblog
1月末から2月はずっとめまぐるしい忙しさでブログを書く気持ちの余裕と時間が全くありませんでした。活動を停止したのではないか?と思われてしまうのではないかと思い苦肉の策でちょこちょこと自分のカメラで撮影したウェディングの写真をFacebookにアップするようにしたら、意外とそれが楽しいことに気づいた私。

やっぱりそのタイムリーさ、Bride & Groomたちとゲストの方たち、そして私の過去のお客様でFacebook friendsになっている方たちとのコネクションを感じられるのがよいですね。ブログとはまた違う楽しみ方ができます。Facebookにはあえて仕事関係者はほとんど入れていませんのでお友達はお客様や数少ない私の昔からの友達とこれまた数少ない家族親戚のみで細々と活動しています(笑)。

1月~2月にかけてのウェディングは個性派ぞろいで、野外も多かったため天気に翻弄され、雨や強風の関係で直前でのレイアウト変更など行ったものが半数以上でした。皆さんのpositive attitudeに助けられ、ゲストに盛り立ててもらい、手を取り合って一つ一つを成功に導けた達成感に満たされています。どんなハプニングも天候もそれを理由にウェディングを台無しにしてしまっては絶対になりません。どんな状況であっても必ず一生で一番幸せな日として過ごしたい、という決意を持ってウェディングの1日を過ごしていただきたいと願っております。ネガティブといえることをポジティブな視点でとらえること、そのようにギアをシフトしていくことを私たちコーディネーターもベンダーも皆願っています。

常にオープンマインドでいること、一番大切なものを見失わないこと、周囲の人への感謝の気持ちを忘れないこと。。。これは大きな成功が還元するための秘訣と思います。

ここまでは前置きです(前置き長いって)。

今日久しぶりにご紹介するウェディングの写真を1枚ずつ見ていて懐かしさと共に時間のたつ早さに唖然とされられるほど驚いてしまいました。ベイヤーエステイトのガーデンでの規制が始まり、ちょうど過渡期のタイミングでしたので全体のデザインやレイアウトを試行錯誤し、時間をどのようにマネージしていくかでも何度も何度もメールや電話でやり取りしていたのがつい最近のことのように鮮やかに思い出されます。なのにこのウェディングが終わってからすでに9か月ほども経ったとは信じられないです~。

BrideのYukoさんは最初にハワイでお会いしたときから人懐こく明るくてパワーいっぱい!な女性という印象でした。ニューヨークでオーダーされたドレスがスリムな体を美しく包んでいました。とても素適です~。ガーデンローズやジャスミンやデンファレなど真っ白のお花ばかりを集めて作られた上品なホワイトブーケ。

リングピローがとてもかわいいです!お式直前にダウンタウン撮影に赤い風船を使われることになり、一生懸命お部屋で膨らましているブライズメイドたち。リムジン車中はきっと風船だらけだったことでしょうね~。でもがんばっていただいたおかげでとてもかわいいお写真が撮れました!

Wedding party全員でダウンタウンに向かいお式前撮影。週末はダウンタウンには人がいなくなりますので撮影にうってつけです(逆に平日はとても混みます)。

大人が風船持つっておしゃれで好きです。最近のウェディングのひとつのトレンドでもありますね。意外と大変な風船ですがアイデア参考になりますね~。

挙式は海の目の前のキャルバリーバイザシー教会で行われました。お天気最高で海も空も真っ青でしたね~!

太陽がさんさんと照りつけるガーデンでの記念撮影はキャルバリーならではです。このあと素適なレセプションが待っています。私は挙式のオルガンの音を耳にしながら隣でせっせと準備中♪

映画のワンシーンのようなエレガントなガーデンパーティーでゲストの皆様をおもてなしします。お二人のお気に入りショットだというベイヤーエステイトの前のベンチで撮影したショット。私も好きです!させられたポーズではなく自然な動作と表情というのが何より最高ね!それを引き出すフォトグラファーのhikoさん、さすがです。

テーブルはnatural, antique, elegant。ベイヤーエステイトの雰囲気に本当に美しく調和しています。お花もとてもかわいい~。

とても楽しいパーティーの様子がお写真から伝わります?プログラム盛りだくさんでした~。

ブライズメイドの一人でもあったYachiyoさんはLAでプロダンサーPSYCHEとして活躍中。そんなプロのダンスパフォーマンスも見られた私たちはラッキー!ケイキフラありギター弾き語りありとエンターテイメント盛りだくさん。日の長い6月もやがて日没を迎えます。

夜はまた独特のロマンチックな雰囲気になるベイヤーエステイトです。海辺で行われたseaside S'mores(スモア)。スモアって知っていますか~?良くキャンプなどでやるのですがマシュマロをローストしてそのマシュマロとチョコレートをグレアムクラッカーでサンドイッチにするアメリカ人の大好きなおやつ。おいしいんですよ~。チョコレートをビターな味にすると尚おいしいと私は思います!

笑いと涙いっぱいのレセプションでした。最後には皆さんをハウスの中に招いてYukoさんのご両親からのピアノ演奏のプレゼントがありました。とてもintimateで感動的でした。本当に素適なプレゼントですね。

こんなに素適なウェディングをコーディネートするチャンスを与えてくださったYukoさんDaisukeさんありがとうございます。至らないとこばかりでしたが多くを学ばせていただきました。そして最後の記念撮影は大切な思い出です。司会も最高でしたね。ありがとうございます!


そして宴の後の静けさ。

.....and they lived happily ever after....

めでたしめでたし。

Photography by Hiko Arasaki






雨ニモマケズ風ニモマケズ

2013-02-02 16:00:42 | Weblog
雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰル・・・

とは宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の冒頭ですが、雨天に翻弄され、ノロウイルスやインフルエンザウイルスにさらされながら月末に4件連続していたウェディングを終えた私は深く実感しました。天気は神のみぞ知ることなのでどうすることもできませんが自分の健康をコントロールするのは自分。ウェディング前後睡眠も数時間になりあまり食べられなくなるのですがそれにしてもうがいをしまくり、サニタイザーで手を消毒しまくり(笑)風邪を引かずにいられてわれながら本当に丈夫ナカラダかも。。と思いました。そして雨には負けない!風にも(雨と同じくらいやっかい)!

欲はないとはいいませんが、あまりない方です。目立つの好きではないですし、物欲もあまりない。

決していからずいつもしずかにわらっている・・・って無理、絶対!ウェディングはドラマがつきものです。リアリティ番組できると夫は冗談でよく言うけどそれは本当かも。それくらいなんだかんだといつもドラマが繰り広げられています。

嵐のような日々を終えた直後には先のウェディングのお客様とのアポイントが続いていてなかなかゆっくりメールをする時間が取れず多くのお客様にご迷惑をおかけしました。ちょっとほんのつかの間の一息です。1月のウェディングはどれも本当に個性的ですばらしかった!一つ一つが唯一無二の個性とカラーを放っていました。

また少しずつですがウェディングもご紹介していきたいです。私が目指しているのはパッケージや会場を売り込むことではなく、本物のウェディングだけが持つ生々しい感動を写真を通して伝えることです。やっぱり広告用に撮影されたmock weddingでは訴えるパワーがないなあと多くを見るにつけ思いますね。

あ、そうそう!以前のお客様のウェディングが最新のMISSウェディングでご紹介していただけたそうです。要チェック!ありがとうございます~!