Bliss Bridalのブログへようこそ!型破りハワイ・ウェディングプランナーの独り言。

Wedding Junkieのプランナーが綴る日々のあれこれ。アイデアやエピソード、国際結婚裏話など楽しいお話が満載。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハレクラニ内撮影ポリシー変更のお知らせ

2017-01-27 15:55:15 | Weblog
Happy Aloha Friday!!!

2日前の25日にハレクラニにてウェディング・イベント業界関係者(主にウェディング手配会社、フォトグラファー、ビデオグラファー)を対象にハレクラニ内撮影の新ポリシーとルールに関しての説明会が行われました。

ハレクラニ内のどこで撮影が可能でどこで撮影することが禁じられているかということの強化とルールを守らないフォトグラファー・ビデオグラファーや手配会社がどのような処罰を受けるかというような内容でした。一部大きく変わった点もありますのでブログ上で発信したいと思います。

このハレクラニの新しいポリシー(即時有効)は全ての人を対象とした共通のルールであり、どの会社を通してウェディングを申し込まれてもお客様自身が個人的にフォトグラファー・ビデオグラファーを雇った場合でも同じです。もちろん日本人と日本人以外の分け隔てはありません。

・全ての撮影は許可を申請して認められた場合のみ可能となります。撮影するプロのフォトグラファー・ビデオグラファーは撮影を開始する前にセキュリティオフィスでチェックインしてベンダーパスをもらう必要があります。

・基本的にハレクラニに宿泊されている方は撮影の申請をすることができます。宿泊していない方が写真撮影目的でハレクラニに来て撮影することは認められません。最少泊数の設定は現在のところありません。

・ハレクラニの中で写真撮影が許可されている場所はごく一部です。撮影できる場所できない場所を順を追って説明します。

1.階段 NOT ALLOWED
今回最も大きく変わった変更点は人気の階段での撮影に関してでした。ハレクラニからの原文は"Le Mer Stairs is only permitted by wedding parties dining at Orchids, La Mer, and catered events at Kalia/Kiawe rooms. Photography is not allowed between 11:30a.m. and 1:30p.m., and when there are events at La Mer or Kalia/Kiawe Rooms (Orchids patrons). となっています。

階段で撮影が認められるのはオーキッズ、ラメールの両レストランでお食事される、またはカリアルーム・キアヴェルームをバンケットでご利用になるウェディングパーティー(新郎新婦+ブライズメイドやグルームズメン)のみ。午前11時半~午後1時半の間とラメ―ル、カリアルームまたはキアヴェルームでイベントが入っているときは階段での撮影は認められません。

すなわち宿泊はしているものの、ハレクラニ内のレストランや小バンケットルームをウェディングで利用されない場合は階段での撮影は認められなくなりました。あの階段は撮影用のものではなく実際にオーキッズからラメールやカリア・キアヴェに行くための通路です。ウェディングの撮影で階段が使われていますと一般のお客様の通行を妨げてしまいますのでそれを防ぐことが目的です。

*ハウテラス、ガーデンテラス、ボールルームでのウェディングを予約されてる方はケータリングオフィスを通して撮影許可申請できます。


2.Veranda Stairs and Garden Terrace Stairs ALLOWED

ベランダの外の階段と階段上がったところ、そしてこの写真の右手にもあるガーデンテラス(バンケットルーム)前の階段部分は撮影可能です。一般通路、廊下、ベランダ、さらに中のLewers Loungeでは撮影不可能です。


3.Garden Courtyard ALLOWED
お式が行われていなければコートヤード(中庭)に降りての撮影可能。写真の後ろにはガーデンテラス前の階段が写っています。


4.Ewa Trellis by Mahiole a.k.a. Smoking Area ALLOWED

喫煙コーナーとして知られるこのトレリスからはお花やツタがぶら下がっていて素敵な写真が撮れます。ここでは撮影可能です。


上記以外の場所では撮影は認められなくなりました。

特に厳しく禁止しているのはオーキッズとHouse Without A Keyの間の芝生エリア、オーキッズの海側の芝生エリア、Lewers Lounge、House Without A Keyのステージ、プール周辺です。

ドローンでの空撮は禁止です。

違反行為が複数回見つかると撮影者だけではなくウェディング会社もハレクラニ出入り禁止の処罰を受けてしまいますので以後みんなでルールと節度を守って撮影を行う必要があります。

以上お知らせでしたー!

Happy planning!!!





この記事についてブログを書く
« ARCH DAYSリアルなパーティー... | TOP | Tiffany BlueのDIYアイテムが... »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | Weblog