日光山系 ななころびのあの山の向こうに

あの山の向こうには何が待っているのだろう。7回ころんだら7回起き上がる、平凡ハイカーななころびの気まぐれ山行録です。

七滝って・・・     天狗沢左岸尾根/女峰山 Pt.3

2015-10-01 23:45:36 | お知恵を拝借

Pt.2のコメントで爆泉さんが、七滝の写真を観たかったと、おっしゃられていたので、それらしいモノが映っている画像を見つけたので、載せます
画像の中央と右端ぎりぎりに長い滝が映っていて、多分右端のほうのが、それだと思います。その二つの滝の真ん中に水は見えていませんが、滝のような絶壁も見えています。それにしても、この景色は今回大好きになってしまって、今後結構通いそうな気がします。





この日は黒岩周辺では、遠くに富士山の姿も望めました。女峰山に登って、くっきり晴れた眺望を見るのって、案外珍しいことだと思います。
歩き始めて、5時間くらいの場所、上の写真のような絶景をバックに、味のある言葉を添えた道標がありました。こういうの見るとよけいに登高意欲が湧いてきてしまいますよね。 ■■

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 市街地から女峰山ピークの細... | トップ | ホーム鳴虫山で尾根あるき尽... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
七滝・・・ (瀑泉)
2015-10-02 12:35:16
の画像のリクエストにお応えいただき,ありがとうございます(嬉)。
仰るとおり,地形図上では画像右端の滝が七滝ということになるんですが,この画像に写っている滝群を総称して七滝と呼んでいます。
画像左の滝の上段にある滝を,一本と数えると,5本(右端の滝の右にもう一本あるので)の滝が落ちているのですが,水量が多い時には,8本の滝になるようです。
まぁ,そんなワケで,自分が登った時は,あの大雨直後の七滝を拝みたかったというワケですヨ。それと併せて,崩壊が著しいこの地形の状況もですケドね。
ちなみに,真ん中の滝は,自分が見た時は,綺麗な直瀑だったのですが,形が変わっているところを見ると,落口が変わったのかも知れません。
どうも滝屋にとっては良からぬ気候変動のおかげで,心配事ばかりですヨ。
瀑泉さん (ななころび)
2015-10-03 22:46:46
こんばんは、いつもお付き合いありがとうございます。
そうですよね、七滝は複数ある滝の総称をいっているはずで、どの滝が七滝かというのは、意味のないことでしたね。
それにしても、瀑泉さんの七滝に関しての認識と思い入れを、こうしてうかがっていると,あの辺の滝や山域に対ての深い愛情が感じられます。
いろいろ勉強になります。
それにしても、あんな稜線の最上部近くから、絶えず落ちる滝って、どこから水が沁みだしているのですかね、不思議な気がします。

コメントを投稿

お知恵を拝借」カテゴリの最新記事