MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

スペースコブラ コンプリート・サウンド・トラック

2017年03月24日 11時54分25秒 | 音楽
TV版コブラのサウンド・トラックです。
主題歌の他、劇中で使われたBGMが収録されています。
数年前に中古の物を購入しました。




ジャンプコミックスの第五巻でお馴染みの、ラグボールのイラストですね。




歌詞カードにはTV版のタートル号のイラストもあります。




DISK-1にはTVサイズのOPなど、全39曲が収録されています。
羽田健太郎(故人)の楽曲と前野曜子(同じく故人)のボーカルは、
最高のタッグですね。




DISK-2にはOPとエンディングのフルサイズなどが収録されています。
しかし、何といっても♯11の『死の行進』が素晴らしいですね。
『死の行進』は、西部警察でも使用された曲らしいです。
『コブラ 死の行進』で検索すれば、動画が見つかるかも。
もちろん、OPのフルサイズもすごくいいですよ!




 ハートに刻まれた あの日は
 
 ロマンと呼ぶには 熱すぎて

 巡り来るはずもない Peace & Love


OPの2パートのサビは、何度聴いてもGOODです♪


衝動買いでしたが、手放せない物になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハセガワ 1/72 VF-1J スーパーガウォークバルキリー マックス/ミリア(限定生産版)

2017年03月24日 06時42分35秒 | マクロスプラモ
2015年に発売されたキットです。




限定生産ですので、二つ購入しておきました。




分厚い箱の中にパーツがギッシリです。




デカールはシルクスクリーン印刷です。




TV版のパイロットが付属します。かなり塗装が大変そうです…




スーパーパーツは、同社のバトロイドの物が流用されています。




機体やスーパーパーツの塗装指示もわかりやすいです。




メーカーによる完成見本は、マックス機となっています。
ディスプレイ用のスタンドも付属します。


これほどの出来のガウォークが手に入るとは、いい時代になりましたね。
もっとも、キットが良くても上手に作れなくてはダメですが…
早く模型スキルを上げたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熟読用と保存用

2017年03月23日 07時00分00秒 | ゲームブック
実を言いますと、私が持っている《ソーサリー》は二冊ずつあります。




こちらは、リアルタイムで購入した物です。
当然ですが、自分で稼いだお金ではなく、お小遣いで買いました。
どの巻も状態が非常に悪いです。帯紙も無くなっています。




中でも、《王たちの冠》の状態が酷いです。
何回も読んだからこそだと思います。




こちらは20世紀の末頃に購入した物です。




《魔法使いの丘》と《七匹の大蛇》は、帯紙が健在です。






《城砦都市カーレ》と《王たちの冠》も、そこそこ状態は良いです。

単に古本屋で衝動買いしただけです(つまり無駄遣い)
その当時は、これらの本が入手困難になるとは夢にも思っていませんでした。
やはり買っておいて正解だったということでしょう(多分)




アドベンチャーシートは、未記入の物が全部で六枚あります。


ずっと大事に持っておきます…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あとがき

2017年03月22日 08時52分04秒 | 宇宙の暗殺者(完結)
MOSSAN「ってわけで、仕事のギャラはパーだよ…」

リアン「いいじゃん? 宇宙が救われたんだから」

M「そうそう、リアンには礼を言わなくちゃな。
 君の手伝いもあって、思ったより早く終わらせることができた」

リ「あたしの編集も捨てたものじゃなかったよね?」

M「効果音のセンスは最低だったけどな。
 おかげで選択肢とサイコロに集中できたよ」

マーテル「今回の冒険で、めでたく10作目よね?(《ソーサリー》を含めて)」

M「ああ、君たちの頑張りもあって、ここまで来れた」

シャンティ「こちらがメイリィさんか」

メイリィ「メイリィで宜しいですわ」

マ「とてもアンドロイドとは思えないわね」

メ「今後とも宜しくですの♪」

リ「それにしても、なかなかバランスのいいスタイルだぁ」

シ「10万クレジットの身体は伊達じゃない」

M「マーテルより胸が大き…」

☆ガツンッ☆

M「ギャアアアッ!(◎o◎)」

マ「何か言った?(*#`皿´*)」

M「な、何でもない…(´;ω;`)」

リ「MOSSAN、彼女もレギュラーにしたら?」

メ「レギュラーですって? 私には無理ですぅ。剣や銃は使えませんわ」

M「外見こそ人間だけど、中身はリビング・メタル製だからな。
 さすがに冒険はできそうにない。
 だけど、ここにいれば、きっと役に立ってくれるだろう」

マ「彼女に編集でも頼めば、更新が早くなるかもしれないわね」

M「悪くないアイディアだな」

メ「私で宜しければ、お手伝いさせていただきますの」

シ「次のリプレイはファンタジー作品かい?」

M「今回の冒険で、やはりSFも悪くないとは思ったけどね。
 SFにするか、ファンタジーにするかは未定だ」

リ「またいつか宇宙に行くんでしょ?」

マ「アルカディオン帝国とやらが悪さをしてるって聞いたわよ」

M「ああ…」

とにかく、今回の任務は終わった。
アルカディオン帝国ってのも気掛かりだけど、今はゆっくり休みたい。
果たして次の舞台は? そして旅立つのは誰だろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

《宇宙の暗殺者》 最終話 スリーサイズは決まったかな?

2017年03月22日 08時21分41秒 | 宇宙の暗殺者(完結)
俺とメイリィは今、ロボット市場にいる。

MOSSAN「おい、気に入った身体はあったか?」

メイリィ「もうちょっと見させてほしいですの~♪」

M「早くしてくれよ…」

ロボットでも、やっぱり女の買い物は長い…











メ「MOSSAN、決まったですわ♪」

M「どれどれ…」

 B 86  W 60  H 87

メ「なかなかのプロポーションだと思いますの♪」

M「大きすぎでもなく、小さすぎでもなく…ってとこか」

さっさと支払いを済ませる為、俺たちはレジに向かう。











M「いくらですか?」

店員「ハイ、工賃と消費税込みで10万クレジットでございます」

M「何だとーッ!?(;゜0゜)」











メ「MOSSAN、私は幸せですわ♪(*^-^*)」

M「よ、良かったな…(;´д`)」

結果的に、今回はタダ働きになっちまった…

《宇宙の暗殺者》・完


☆ステータス
技術点 11/12  体力点 20/20  運点 7/10  装甲点 10/14

☆持ち物
電撃銃(敵一体に2ポイントのダメージを与える)
熱線銃(敵一体にサイコロ一個分のダメージを与える)
バックパック
活性剤4錠(1錠で体力点を5回復する)
保安扉用電子キー
メイリィの頭(アイテム3個分の重量)
赤外線ゴーグル

☆メモ
〈ヴァンダーベッケン〉のパイロットに問われたら、『知らない』で通せ
常に真ん中を行け
コメント
この記事をはてなブックマークに追加