ドボチョン一家とゆかいな仲間たち

E.セターの蒸しパンのお話

夏の風物詩

2016-07-08 | WANず
梅干し作りの呪いは
昨年きっちり3年漬けて
明けたはずなのですが



今年も懲りずに 梅仕事しました

うちには今 梅干し食べる人はいませんが…


ただ単に「梅仕事」というコトバが
使いたかっただけかもしれません

年に一度の梅仕事

なんかイカス




季節を感じながら 暮らしたいですな



白梅干し1キロと
シソ漬けが2キロ
梅雨明けしたら天日干しで完成です









仕事の無い日は
仕事より早く家を出て散歩に行きます



まだ毛がある頃の早朝の散歩





ミシシッピアカミミガメの大きい個体が
沢山います

ちびっちゃいのから大きいのまで
本当に沢山います

残念なことに
日本固有の他の亀は見た事がありません
…といいましたが


爬虫類も鳥類と同じで詳しくないので
区別がつくのか自信はありません


どこかにひっそり生き延びてくれていれば
いいのですけど








幼少の頃のミシシッピアカミミガメは
ホームセンターなどでも容易く手に入ります

子どもの頃には縁日でも売っていた
ミドリガメです


30センチ近く大きくなるので
飼いきれなくなってしまったのが
こうなるんですね…

いかんですな








第1弾のオリーナが早朝5時過ぎに出ても
帰宅後 私の朝食を挟みますので
日差しの強い朝ともなると
蒸しパンの時には暑さ対策と
もちろんメマトイ対策も万全です







たまには
カモが桟橋の手すりに乗ってたりして




蒸しパン 空中飛びで
大いに喜びます



カモが手すりに乗っていて
蒸しパンがひと騒ぎするこの一連の出来事は
季節を通して
朝と夕方に限られる様ですよ






そして蒸しパンのために
バカボンのパパの如く
剪定してきたグミの木は




蝶の影を待つ蒸しパンに
今年も日陰を作っていますよ





炎天下の中
なぜかオリーナな日向で大あくび









先日の夕方の散歩で
子ダヌキが遊歩道にワラワラと出できて





5匹か6匹くらいいましたかね


取っ組み合いして遊んだりして
遠目でも癒されましたわ








蒸しパンが気づくのが遅くて
これ幸いでした

蒸しパンが子ダヌキ達に
気づいてからは
ご想像におまかせします(泣)













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年の ネオ オリーナ | トップ | 体力を温存せねば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。