灰皿猫の日々是放言暴言ブログ~難癖・厭味が怖くてブログが書けるか!!~

結果的に世間に喧嘩を売ることになろうとも、想ったことを正直に、素直に。

灰皿猫 2017年最後の挨拶。

2017年12月31日 18時31分56秒 | スポーツ

広島ブログ


今年もあとわずか。
2007年だったかにブログをはじめ、これまで1万8000本ほど書きなぐってきたブログを一旦消去。
その後も書き続けた1万5000本ほどのブログも諸般の事情で全消去し、2016年11月から今の
ブログスタイルになってざっと14か月で2100本以上。
1日にアップする本数は半減しましたが(多い時は1日10本アップしてた…)、2017年も相変わらず
書き続けた駄文や愚痴にお付き合いくださいました皆様に深く御礼申し上げます。

間もなく始まる2018年は下手すると今よりペースダウンする可能性もありますが、カープやサンフレ、
政治、健康、地域…やっぱり愚痴って褒めて罵倒するブログスタイルは変わらないと思うので、
また気が向きましたら今後ともどうぞよろしく。


それでは皆様、良いお年を。

コメント

カープな話。これで全員契約更改は終了したのかな?揉めずに済んで良かったね

2017年12月31日 14時31分59秒 | スポーツ

広島ブログ


良くない時もあったけど、それでもシーズン通して踏ん張ってくれたジャクソンが来期も残ってくれるのは
ありがたいことだろう。助っ人がバリバリやってくれる間に日本人が出てきてくれたら、常勝軍団作りという
悲願も現実味を帯びてくるんだしね。

枠の問題もあるが、ジャクソンとジョンソンは恐らく確実だろうし、残り2枠をエルとドミニカンが争う形に
なるのだろう。
他球団だって巻き返しに必死だし、世間が言うほど猫は大幅な戦力アップが見込めない来季のカープに
過度な期待はしていないけど、助っ人も日本人も、今期以上のより高い数字を残せるよう期待したいね。
そうなれば球団初の…も見えてくるわけだし。





ジャクソン、来季も広島「再び優勝を届けたい」

12/29(金) 12:38配信

日刊スポーツ

 広島は29日、ジェイ・ジャクソン投手と来季の契約に合意したと発表した。

 契約金50万ドル(5750万円)、年俸は100万ドル(1億1500万円)プラス出来高。ジャクソンは球団を通じて「来シーズンもこの素晴らしい広島の街で、最高のファンの方々の前でプレーできることを楽しみにしています。これからもチームの勝利を手助けし、良いシーズンにして、再び広島に優勝を届けたいです。広島に戻ってくることができてとてもハッピーな気持ちです」とコメントした。

コメント

サンフレな話。出ていったり入ったり戻ったり…

2017年12月31日 10時31分13秒 | スポーツ

広島ブログ

出場機会を求めてと言えば聞こえがいいけど、今オフだけで既にミキッチが去り、大谷が町田へ、
丸谷が大分へ、川崎が横浜FCへそれぞれ完全移籍、ピーターウタカとの契約を終わらせて
皆川が期限付きで熊本へ、茶島が同じく
期限付きで千葉へ移籍。
期限付き移籍中ないしは延長する増田、長沼、清水、野津田を除き加入組はユースから
MFの川井と川村を引き上げ、MFの川辺と吉野が戻り、FWで渡とティーラシン(期限付き)、
DFで馬渡、和田を完全移籍で獲得…
人数だけなら戦力アップへ増えた計算にはなるけど、果たしてこの中の誰が新監督のお眼鏡に
適い、チーム戦術に溶け込めることやら…?
そして、それ以前に不安なのは広島に期限付きで来ているDFの椋原は去ることになったが、
FWのパトリックの
延長交渉や、更には工藤らに条件提示をしたという以降の契約更改のニュースが
皆無なんだけど、
もう仕事納めしたのに大丈夫なのかという…
コメント (1)

カープ・エルドレッドな話。

2017年12月31日 06時31分24秒 | スポーツ

広島ブログ

ネットじゃ「安過ぎる」という意見も散見するけど、なんのかんの書いても、故障や不調で
1シーズンフルに働いたことが無いから、これでもしょうがないかなという気はする。
実際、バティスタだって1軍に居たのはシーズンの半分だけだし、成績もトータルで見れば
〝助っ人としてはギリギリ〟レベルでしかないからあまり上がらなかったしね。
(カープという球団の査定方法もあるけど)
でもこれで来年もまたエルちゃんが見られる…年齢的にはそろそろ厳しくなってきたが
まだ一発の魅力はあるし、近年は打率も高くなっている=確実性向上=からね。
先の話はしない方が良いが、引退後もカープで仕事して欲しいな…






【広島】エルドレッドと合意 ライトルを抜き球団史上最長の外国人7年目在籍へ

12/28(木) 6:04配信

スポーツ報知

 広島は27日、複数年契約を結ぶ外国人4選手と来季契約を更新したと発表した。2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は年俸100万ドル(約1億1300万円)プラス出来高で合意。ジム・ライトル(1977~82年)を抜いて、外国人で球団最長となる7年目の在籍が決まった。今季はチーム最多の27本塁打を放ち、リーグ連覇に貢献。「カープの一員として、7度目のシーズンを迎えられることにとても誇りを感じています」とコメントした。

 3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4000万円)プラス出来高でサイン。ともに6年契約の2年目となるサビエル・バティスタ内野手(25)は同17万5510ドル(約1990万円)プラス出来高、アレハンドロ・メヒア内野手(24)は同10万ドル(約1130万円)プラス出来高で契約更新した。

コメント

なんで文春砲が中国新聞を取り上げたのか理解に苦しむが

2017年12月30日 22時31分51秒 | スポーツ

広島ブログ

 
客観的に見れば、広島在住の身としては妥当な内容だろうなとは思う。
まぁ、ICANの行動や存在については大いに疑問と違和感を覚えるし、中国新聞自体が〝左寄り〟だから
自民や米軍には否定的なことは今に始まったことじゃないのでカープ欄以外は読むに値しないメディアでは
あることは明らかなんだけどな、猫的には。
正直、あーいうのは〝成果〟とまでは言えんし、却って世界の軍縮には悪影響でしかないと思うのだけどねぇ…
ま、所詮は連中も自己満足でやってるだけだから一過性でしかないけどさ。




中国新聞が選んだ2017年の重大ニュース第1位は「ICAN、ノーベル平和賞」

12/27(水) 7:00配信

文春オンライン

 2017年、日本の各地方ではどんなニュースが報じられたのか。文春オンラインは、地域に密着する報道機関である地元紙にアンケート調査を実施しました。

 それぞれの都道府県で大きく報じられたニュース第1位から3位まで、そして2017年もっとも“○○○”(笑った、泣いた、驚いた……など)ニュース、いまから注目している2018年のニュースをご紹介いただきました。

 中国新聞が選んだ、広島県・中国地方のニュースは……。

◆ ◆ ◆

2017年重大ニュース 第1位

「ICAN、ノーベル平和賞」(10月7日)

 ノーベル平和賞に、核兵器禁止条約の実現に貢献した反核NGO、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN、本部スイス・ジュネーブ)が決まった。ノルウェーのノーベル賞委員会が10月6日、発表した。広島、長崎の被爆者や市民団体と連携しながら、各国政府に交渉開始を強力に働き掛け、今年7月の採択につながった。

2017年重大ニュース 第2位

「カープ、セ・リーグで37年ぶり、2連覇」(9月19日)

 プロ野球セ・リーグの広島東洋カープは9月18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で阪神に3-2で競り勝ち、8度目のリーグ優勝を決めた。昨季に続く独走で、1979、80年以来、37年ぶり球団史上2度目の連覇を達成した。

2017年重大ニュース 第3位

「マツダ、トヨタと資本提携へ」(8月5日)

 マツダとトヨタ自動車は8月4日、資本提携に合意した。相互に約500億円ずつ出資し、トヨタはマツダ株の5.05%を持つ実質的な筆頭株主となる。今後共同で約1700億円を投じて米国に新工場を設けるとともに、電気自動車(EV)の開発に当たる方針。

2017年もっとも“あぜんとした”ニュース

「広島中央署で現金8572万円盗まれる 詐欺事件の証拠品」(5月10日)

 広島市中区の広島中央署で5月8日夜、詐欺事件の証拠品として金庫で保管されていた現金8572万円が盗まれていたことが9日、分かった。広島県警が同日、明らかにした。県警は内部の犯行の可能性もあるとみて、窃盗の疑いで捜査している。

2018年注目のニュース

(1)リーグ3連覇と日本シリーズ優勝を目指す広島東洋カープ

(2)米軍岩国基地(山口県岩国市)へ厚木基地(神奈川県)から空母艦載機の移転が進んでいる。艦載機移転は2017年8月に始まり、第1陣としてE2D早期警戒機5機が配備。2018年5月ごろまでに61機の移転が完了するとされており、既存の海兵隊機を含めた岩国基地所属機は約120機に倍増する。米軍基地との「共存」を選択した地域の行方、訓練に伴う騒音など市民生活に与える影響を注視する必要がある。

コメント

未だに議論レベルじゃまだ遅い。さっさと作れ!

2017年12月30日 18時31分12秒 | スポーツ

広島ブログ

日本自身が国家防衛のために動くことは大いに評価しなければいけない。
9条破棄を含む法改正に加えて専守防衛という言葉を死語にする必要もある。

脳内お花畑な馬鹿が好きな平和にしても、自分の身を守ることにしても、要は〝闘いに勝つ〟
ことで得られるモノだという、当たり前のことが理解できてないアホが多過ぎる。
平和が欲しけりゃそのための準備が必要であり、ペンや口は剣よりも弱いのが、古今東西を、
現在過去未来を問わない現実なんだから。




長距離巡航ミサイル国産化 政府検討 34年度に試作品

12/28(木) 7:55配信

産経新聞

 政府が敵基地攻撃能力の保有も視野に入れ、長距離巡航ミサイルの「国産化」を検討していることが27日、分かった。平成34年度の試作品完成を目指す。政府は米国などから長距離巡航ミサイルを導入する方針を固めているが、緊迫する北朝鮮情勢や中国の海洋進出に対処するには、独自開発による防衛力整備も必要と判断した。装備品の海外調達費を抑え、国内防衛産業の成長を促す狙いもある。複数の関係者が明らかにした。

 政府は30年度予算案に米国製とノルウェー製の長距離巡航ミサイルの調達費を計上した。米国製は900キロ、ノルウェー製は500キロを誇る。

 防衛省幹部は「長距離巡航ミサイルを持つことで、敵の脅威圏外からの攻撃が可能になる。空自パイロットの安全性は格段に増す」と説明する。

 一方、自衛隊が保有する対艦ミサイルの射程は約170キロ。技術的には長距離巡航ミサイルの国産化は可能とされていたが、「専守防衛」の立場から開発は見送られていた。

 これに対し、12日に開かれた自民党安全保障調査会(中谷元会長)などの会合では「長距離巡航ミサイルを保有するなら国産化も検討すべきだ」との声があがった。

 党国防族は「これまでは『専守防衛の範囲を超える』という批判に配慮してきたが、北朝鮮情勢などで局面は変わった。敵基地攻撃能力につなげるためにも国産化は自然な流れだ」と指摘する。

コメント

ザケんじゃねーぞ、チョンコロ!

2017年12月30日 14時31分51秒 | スポーツ

広島ブログ

 
これ以上の謝罪と賠償を求めるというなら国交断絶で良い。
国家間の合意を簡単に踏みにじるような連中とはまともな交流などできっこない。
日本は安易に妥協することなく強く突っぱねるべき!




<慰安婦検証報告書>韓国大統領「日韓合意は重大な欠陥」

12/28(木) 11:28配信

毎日新聞

 【ソウル大貫智子】2015年12月の慰安婦問題に関する日韓両政府合意を検証していた韓国外相直属の作業部会報告書の発表から一夜明けた28日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は声明で、日韓合意は「重大な欠陥があったことが確認された」と遺憾の意を表し、「この合意では慰安婦問題が解決されないという点を改めてはっきり明らかにする」と合意への批判的な立場を明確化した。青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官が読み上げた。

 ただ、文氏は合意の破棄や再交渉には言及せず、「被害者中心の解決と、国民とともにある外交という原則に基づき、早期に後続措置を検討」することを指示するにとどめた。これに関連し青瓦台関係者は「合意破棄などという言葉を使うのは適切ではない。いろいろな意見を聞きながら最終的な政府の立場を整理する」と述べ、日韓関係に悪影響を与えないよう慎重に検討する姿勢を示した。

 また文氏は対日関係について「韓日両国は不幸だった過去の歴史を踏みしめ、真摯(しんし)な心の友となることを望む。こうした姿勢で日本との外交に臨む」と日韓関係を悪化させる意図はないことも強調。「歴史は歴史として真実と原則を傷つけずに取り扱うと同時に、韓日間の未来志向的な協力のため、首脳間の外交関係を回復していく」と述べ、歴史問題と他の協力案件は切り分ける「2トラック外交」を引き続き推進していく考えを示した

コメント (2)

カープ九里な話。癖隠しよりも癖を無くせと思ったり(^^;)

2017年12月30日 10時31分04秒 | スポーツ

広島ブログ

 
クラブのサイズを問わず、セカンドにランナーが居ると後ろから見られるリスクもあるし
癖を直すというか無くす方向の工夫もしたらどうなんだろうとか…
まぁ、無くて七癖というくらいだから本人も気付かん癖は多いだろうし無くすことは難しい
かもしれないけどね(^^;)




カープ九里『でかグラブ』で癖隠し 黒田氏の金言で秘密兵器導入

12/28(木) 6:05配信

デイリースポーツ

 広島・九里亜蓮投手(26)が27日、新たな“でかグラブ”と共に先発ローテ定着を目指すと意気込んだ。スポーツ用品メーカー・ザナックスと来季のアドバイザリー契約を結び、心機一転。昨年までのチームメート・黒田博樹氏(42)からの助言をもとにグラブを大きくし、バランス力アップで来季こそ先発ローテを守り抜く。

 もう一度、真っさらなマウンドに上がる。来季の目標はシーズンを通して先発ローテを守ること。九里は「先発としてやりたい気持ちは持っている。来年また開幕ローテに食い込んで、1年間守れるようにしたい」と力を込める。新たに「ザナックス」と来季のアドバイザリー契約を結び、こだわりの“でかグラブ”で勝負の1年に挑む。

 「グラブは大きいものをお願いしました。小さすぎると扱いにくいので。(通常サイズと比べて)2センチぐらい大きいと思います」

 尊敬するレジェンドの言葉がきっかけだ。昨季まで一緒にプレーした黒田氏から、投球時の「左右の手の連動性」についてアドバイスを受け、動きの中で意識するようになったという。グラブのサイズを2センチアップさせたことで、癖を隠せるのはもちろん「大きい方が扱いやすい」と投球バランス的にも自身にフィットした。

 プロ4年目の今季はキャンプ、オープン戦から“ポスト黒田”を目指して猛アピール。開幕ローテ入りを果たすと、粘り強い投球で前半戦のロケットスタートを支えた。「完璧を求めすぎるなよ」という黒田氏の金言によって意識改革。失点を恐れず「気持ちが楽になった」と明かす。

 チーム事情でシーズン途中から中継ぎに回ったが、ロングリリーバーとして持ち味のタフネスぶりを発揮。35試合に登板し、9勝5敗、防御率3・64。キャリアハイの成績を残して、リーグ3連覇に大きく貢献した。

 契約更改の席では、球団から今季の働きを高く評価されたが、まだまだ満足できない。さらなる進化を遂げるため、今秋のキャンプでは投球フォームを微調整した。シーズン中は7足分だった踏み出す足幅を6足分に変更。左足にしっかり体重を乗せることで、制球力のアップにつながったという。

 スパイクにもこだわった。「足がシューズの中で動かないようにリクエストした」とフィット感を追求。スエード素材、8本歯で仕上げ準備は万全だ。新たな相棒と共に、5年目の来季こそ先発ローテに定着する。

コメント

カープな話。山本浩二は駄目になったな…こういう見方するようじゃカープOBとして恥でしかない

2017年12月30日 06時31分50秒 | スポーツ

広島ブログ

 
広輔は打率と盗塁はクリアできるだろうけど、本塁打を狙うようになってはダメだと思うし
広輔の本領は粘って出塁すること。一発で相手を仕留めることではないのだから本塁打は結果として
出れば良いレベルで良いように思う。
下手に本塁打を狙ったら率も盗塁も出塁も相手を疲弊させることも出来なくなると思う。
浩二も落ちぶれたな…広輔の適性を見抜けないようじゃカープOBとして恥ずかしいとしか思えんわ。





広島・田中ならやれる!浩二氏、野村氏もトリプルスリー太鼓判

12/28(木) 6:00配信

スポニチアネックス

 今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)と参加。打率3割、30本塁打、30盗塁の大台について「目標でもあるので、それに向かって頑張りたい」と意欲を口にした。

 95年に同じ遊撃でトリプルスリーを達成した野村氏は「助言は特に必要ない。ホームランはもともと打とうと思えば打てる。近い将来やってくれる」と太鼓判。山本氏も「それを達成すればチームも優勝に大きく近づく」と歓迎した。田中は今季打率.290、8本塁打、35盗塁だが、昨季は13本塁打をマーク。長打力に磨きをかければ不可能ではない。

コメント

gooブログのお題~楽しみにしているお正月番組は?~に参加してみる

2017年12月29日 22時31分50秒 | スポーツ
お題「楽しみにしているお正月番組は?」に参加中!

広島ブログ


近年は正月番組というと元旦の「ニューイヤー実業団駅伝」、2日3日の「箱根駅伝」がすべて
だったような気がするけど、来年はそれ以外で期待しているモノがある。
猫の住んでいる広島にはテレ東の系列が無いので正月中にやってくれるかどうかは疑問なんだけど、
例の「池の水を全部抜く」をフジ系列のTSSがやってくれると嬉しいなと思っている。
芸能人やタレントの自己満足的な内輪だけのバラエティではなく、地域の環境保全強化という
目に見える結果があるので。


まぁ正月番組といえばその昔、フジ系列でやっていた「タモリ・たけし・さんま世紀のゴルフマッチ」シリーズが
楽しみといえば楽しみだったが、逸見さんが亡くなってから面白みが失せたしね。

コメント

敢えて下品さを競ってる気がする昨今の日本車のフロントマスク

2017年12月29日 18時31分35秒 | スポーツ

広島ブログ

トヨタのクラウンしかり、ヴェルファイア系しかりで、最近の日本車のフロントマスクはやたらと
フロントグリルを巨大化している。
マツダ車もそうだけど、各メーカーがフロントデザインの下品さを競い合っているようにさえ思える。
この記事のタイトルも、「やり過ぎ」というより「下種」であり、求めているものも「派手さ」ではなく「狂気」
でしかないと思うんよね。
最近のフロントグリルを強調し過ぎた車が格好良いと思ってる奴はデザインセンス皆無であり、
あんなのを現代のトレンドだなんて思いたくもない!

こういうのを好んで提案する工業デザイナーはデザイナーじゃない。
芸術的センスといえども限度や節度はあるはずで、ポップでも先鋭的でもない。
狂気に毒された愚感覚に過ぎない。あれはデザインと言えるモノじゃないわ…悪夢なだけだわ。





トヨタの新型車デザインはやり過ぎなのか? 派手さを求める現代のトレンド

12/26(火) 12:26配信

オートックワン

賛否あるトヨタデザインの評価とは

最近のトヨタデザイン、自動車業界からすれば賛否両論。いや、正確に表現すると「否」の方が多い。なかでも話題に上がるのは、あまりに格好悪く販売台数まで落としたプリウスと、いわゆるマイルドヤンキー向けのドギツイ顔つきが特徴のアルファード/ヴェルファイア&エスクァイア、トヨタデザインの流れを変えた現行クラウン、そしてシエンタだ。

これらのデザインについての評価、順に紹介していきたい。まず世界的規模でドツボにハマってるのがプリウス。お笑い芸人が目尻にセロテープを貼ったような雰囲気の目つきや、ヘンな形状のテールランプなど、万遍なく評判悪い。トヨタとしては「攻めた」のだろうけれど、ウナりを上げる空振り。しかし興味深いことに、前後のデザインを少し変えたプリウスPHVのデザイン評価は高い。

派手さがドンドンとエスカレートしてきているのは、ヴォクシーやヴェルファイアなどから始まったマイルドヤンキー御用達(ホンモノ方面の方も好んで乗っている?)のミニバン。なかでも「ここまでやるか!」と大笑いされているのがエスクァイアだ。一般人だとドン引きします。紫カラーの売れ行き増と合わせ、趣味性の違いが際立つ。

そして、新型アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジで、またまた顔を“進化”させてきた。さすがに「やり過ぎでは?」と思うけれど、ユーザーの初期反応は悪くないようだ。都会から少し離れた地域に多いマイルドヤンキー層はトヨタの良いお客さんである。見た感じが少し怖くても、知り合いになれば、むしろ付き合いやすい。

実際、マイルドヤンキー層の親が長年トヨタの顧客だったりする。当然ながら親の紹介などでディーラーとの付き合い始まる。超イカつい見てくれの人も「○×さんのお坊ちゃん」なのだった。

ちなみに日産やホンダが同じタイプのクルマを作っても、販売ディーラーの営業さんからすれば「本当に怖い人達」。そういったクルマ作っても売れない。

クラウンから始まったド派手デザイン

トヨタの「うわっ」というデザイン、ご存知の通り現行のクラウンから始まった。気になる評価やいかに。販売ディーラーや歴代クラウンオーナーに聞いてみると、ユーザーはあまり気にしていないようだ。“クラウンなら何でもいい”という感じ。デザインに対する感度や嗜好性という点で、一般的な方向性と違うようなのだ。成功したのか失敗だったか? おそらく「ナゾ」で終わる思う。

自動車業界を困らせているのが、いわゆる「歌舞伎デザイン」(くまどりをイメージ)のシェンタである。好き嫌いが分かれ、しかも嫌いな人が多そうなデザインながら、売れ行きは好調。これまたユーザーの嗜好性なんだろう。

自動車業界では皆さんが口を揃えて「トヨタだから通用する」。今後もトヨタデザインについちゃ評価が分かれるかもしれない。

ちなみに、スズキの先代スペーシアも大人しかったデザインだと売れずに、ド派手なカスタムモデルを投入したら、急に販売が伸びたため、新型では派手目なカスタムモデルを初めから投入した。

トヨタデザインは、これからのトレンドなのか? 一つだけ言えるのは、工業デザインの評価基準は、売れれば「良い」である。

コメント

むしろ元旦から店開けて誰が行くんだろう?と不思議に思ってきた猫

2017年12月29日 14時31分28秒 | スポーツ

広島ブログ


年末に正月用の買い物をする。
年末におせちを作って、正月はそれで過ごす。

…そういう正月3が日を生きてきた猫には、元旦から「いらっしゃ~い!」とやる店が、
そこへ嬉々として行く客が理解できなかったな…
その昔、テレビCMで「おせちも良いけどカレーもね!」が流行ってようやく、
「ああ、正月におせちを食べない家庭もあるんだな」と認識できたくらいだし(^^;)

福袋も4日からで良いじゃないか。
むしろ、元旦から開けてる店が増えたことが、近年の日本人から年末年始や正月という
季節感を失わせたと猫は思う。まぁ、ホテル内の店はしょうがないとは思うが…





広がる元日休業、現状は“囚人のジレンマ” 消費者どう受け止める?

12/26(火) 7:20配信

SankeiBiz 

 □産経新聞編集委員・福島徳

 飲食業を中心に大みそかや元日の休業を決める動きが広がりはじめた。

 「大戸屋 ごはん処」を展開する外食大手の大戸屋ホールディングス(HD)は18日、大みそかと元日に休業する店舗を増やす方針を明らかにした。

 ロイヤルHDは、傘下のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のうち、商業施設やホテルなどに入る一部を除く約9割の店舗で元日を休みにするほか、同じく傘下の天丼チェーン「てんや」でも直営店の8割弱に当たる約120店舗で元日を休業日にするという。

 居酒屋「天狗(てんぐ)」を展開するテンアライドでは、1969年の創業以来、初めて大みそかに全約120店で一斉休業することを決めた。

 百貨店大手でも、三越伊勢丹HDが首都圏の大半の店舗で元日から2連休する。

 また、携帯大手のソフトバンクも全国の携帯電話販売店の約7割で来年の元日を休業日にするなど、先行するNTTドコモとともに販売店の休みを広げている。また、住宅大手の大和ハウス工業は、一戸建て住宅部門で来年1月2日と3日の営業活動を取りやめる。

 そのねらいを各社は「働きやすい職場にして従業員の満足度が高まれば、利用客に対してもより満足度の高いサービスが提供できる」(ロイヤルHD)、「労働環境の改善と従業員満足度の向上につなげる」(大和ハウス)などと説明している。

 確かに一連の動きは、長時間労働の是正など労働環境の改善につながることが期待され、政府が推進する「働き方改革」に好影響を与える可能性がある。

 だが、これがさらに拡大していくかについては現時点では、大いに疑問符がつく。というのも、こうした動きの背景には、飲食業を中心に深刻な人手不足があり、働き方を是正するために「あえて休む」というよりは、人材確保の観点から「休まざるを得ない」というのがむしろ実態に近いだろうからだ。

 帝国データバンクが8月に発表した調査によると、正社員が不足していると回答した企業は45.4%に上り、過去最高を更新したが、非正社員が足りないという企業も29.4%で、業種別では飲食店が78%にも上った。「天狗」のテンアライド幹部も「社員のリフレッシュを考えた」としながらも、「(人の確保が難しかったことも)否定できない」と認めている。

 人手不足は人件費の高騰に直結する。人材サービスのリクルートジョブズによると、11月の三大都市圏のアルバイトの時給は調査開始以来最高の1024円になり、業種別では飲食業の上昇率が最も大きかったという。大戸屋HDの窪田健一社長が「無理をして働き手を集めるよりも、従業員にも健康であってほしい」と語った背景には、こうした外食産業を取り巻く厳しい経営環境がある。

 とはいえ、営業日数を減らせば当然、売り上げにも響く。ましてや書き入れ時ともなれば、休業すれば「同業他社を利するのでは」と経営者は二の足を踏みがちだ。現状は「ゲームの理論」でいうところの“囚人のジレンマ”に近いのかもしれない。

 問題はこうした動きを消費者がどう受け止めるかだ。確かに、年中無休や24時間営業のファミリーレストランやファストフードが近くにあればありがたいと思う人は多いだろう。そして、便利さを追求する消費者のニーズに応えることで企業は業績を伸ばし、経済が発展してきたこともまた事実である。

 しかし、多くの企業が薄利多売をビジネスモデルとしてきた日本では、ややもすると行き過ぎたサービス競争に陥ってきたのではないか。外食産業などに代表される元日営業や24時間営業も実はそうした過剰サービスの側面が強いのではないか。

 消費者の多くは一方で働き手でもある。自らの労働環境を是正するには、消費者として現在、享受している便利さの一部を放棄する覚悟が必要だろう。働き方改革の成否は経営者の考え方に加えて、働き手が消費者として、どこまで意識を改革できるかも重要な要素だ。

コメント

カープ広輔な話。なるほど、これは貴重かつ素晴らしいデータですね

2017年12月29日 10時31分11秒 | スポーツ

広島ブログ


球数を投げさせて出塁して相手バッテリーを揺さぶる。
点にはならなくても、とにかく相手に「ココとやるのは面倒だ」と思わせる〝イヤらしい〟戦いをすることで、
優位に試合を進めることもできる。
昨今のカープは全試合じゃないけど割とこういう戦いが出来ているから上位に進出できてると思うけど、
その一翼を担っているのが他ならぬ広輔だ。
際立って打率が良いわけじゃないけど、それでも最高出塁率をマークするのだからよほど四死球や俊足
ならではのエラー出塁が多いのだろうし、なによりも粘る。
ホント広輔はよくファールで逃げてる印象がある。
結果的にアウトになっても、相手投手からしたら「まだ投げんといけんのか」とウンザリするだろうし、
そこにつけ入る隙も生まれるのだから、まさに格好の1番打者といえるかもしれない。
今回の契約更改で、アップ額では丸に次いで2番目だったが、球団もよく見ているなと思ったモンです。





広島田中3人目の最多打席で最高出塁率/データ連載

12/25(月) 19:54配信

日刊スポーツ

<データで見る17年:広島編>

 広島田中広輔が最高出塁率のタイトルを獲得した。出塁率3割9分8厘2毛は2位丸(広島)と7毛差で、チーム最終戦で4安打を放って丸を逆転した。田中の打率はリーグ11位の2割9分。出塁率が現行の計算式となり、両リーグで表彰されるようになった85年以降、タイトルを獲得した66人の打率順位を出すと、1位が22人、2位が12人、3位が9人おり、全体の65%が打率3位以内。出塁率1位は打率の高い選手が有利で、打率10傑入りしていないのは14年バレンティン(ヤクルト)以来5人目。過去4人は1発警戒で歩かされ、四球が多くなったホームラン打者。8本塁打の田中は、しっかり四球を選んでタイトルを手にした。

 15年4月1日から続ける全イニング出場は425試合に伸びた。1番で142試合、3番で1試合の田中は打席数も多い。679打席は昨年と同数で歴代7位タイ。数多く打席に立って出塁率が高いところに価値がある。85年以降、リーグ最多打席で最高出塁率は94~96年イチロー(オリックス)15年山田(ヤクルト)に次いで3人、5度目。打席数が歴代10傑入りのシーズンに出塁率1位は今季の田中だけだ。

 相手投手に2960球を投げさせた。今季のセ・リーグで2番目に多い丸が2669球だから、約300球の差をつけた。投げさせた球数の古い記録は不明だが、60年以降では田中が最も多い。7球以上が昨年の54打席から104打席に増え、10球以上粘った四球も2個あった。1打席平均の投球数は14年3・62→15年3・76→16年4・16→17年4・36と、年々粘りを増してきた。今季は盗塁王も獲得し、105得点は2位。フル出場し高い出塁率で得点が多いうえに、足が速く、粘って球数を投げさせる。4年目の田中が理想的な1番打者に成長した。【伊藤友一】

 ▼広島は昨年が2位巨人に17・5ゲーム差、今季は2位阪神に10ゲーム差。2桁ゲーム差の連覇は65~67年巨人、12、13年巨人に次いで3度目だ。2年連続リーグ1位の攻撃3部門は打率16年2割7分2厘→17年2割7分3厘、本塁打153→152、盗塁118→112と似たような数字も、得点圏打率は昨年の2割6分4厘から2割9分7厘へ大幅にアップ。結果、得点が昨年の684点から736点に増え、平均得点が5・1点。得点2位のDeNAに139点差(史上6番目の大差)をつけ、圧倒的な攻撃力で連覇した。

コメント

カープな話。いやいや、減っていくだけだと思うけどね(^^)

2017年12月29日 06時31分15秒 | スポーツ

広島ブログ

鈴木と今村の次が居ないんよね、カープの日本人選手…
せいぜい松山の6500万、一岡の5300万、会澤の5000万くらいで。
4800万の薮田も含めて来年と再来年も今期並みに活躍してくれて辛うじて2年後の億越えが最短でしょう。
その間に新井は引退するだろうし、残ってくれることを期待したいが丸も菊池も広輔も祐輔もFAが待っている。
FA組が残留し、好成績が続いてようやく…で、今後を普通に考えると、カープの1億円プレーヤーは減ることは
あってもこれ以上増えることは難しい気がする。




リーグ連覇も関係!? 増えた広島の日本人1億円プレーヤー

12/24(日) 17:00配信

ベースボールキング

 広島の菊池涼介が21日契約更改を行い、4500万円アップの1億9000万円でサイン。これで、広島の日本人選手の契約更改が終了した。

 年俸1億円を超えた広島の日本人選手を見ると、丸佳浩がチームトップの2億1000万円。次いで菊池の1億9000万円、田中広輔の1億4000万円、野村祐輔の1億2000万円、中崎翔太の1億1500万円、新井貴浩の1億1000万円と、1億円以上の選手が6人もいる。

 広島は今季リーグ連覇を達成し黄金期を迎えているが、98年から12年まで15年連続Bクラスに沈むなど長年低迷していた。

 来年は6人も年俸1億円超えの日本人選手がいるが、15年連続Bクラスとなった12年オフは前田健太、栗原健太、大竹寛の3人。4位に終わった15年オフは、黒田が球団最高の6億円だったが、1億円超えの日本人選手は黒田と石原の2人。さらに、新井貴浩、黒田博樹が抜けた07年オフは、1億7000万円の前田智徳のみ。低迷している期間の1億円プレーヤーは、“エース格”と“4番打者”だけという印象だった。

 チーム力とともに、選手たちの年俸も上がっている広島。来年以降は、今オフ9500万円で更改した今村猛、9000万円で契約更改した鈴木誠也とさらに、1億円プレーヤーが増えていきそうな予感だ。

【2017年オフ】
丸 佳浩 2億1000万円
菊池涼介 1億9000万円
田中広輔 1億4000万円
野村祐輔 1億2000万円
中崎翔太 1億1500万円
新井貴浩 1億1000万円

コメント

ちょっとショックだった年末献血

2017年12月28日 22時31分13秒 | スポーツ

広島ブログ


先週、思い立って献血したんだけど、血圧検査で上が119だった…
正直、知り合いには200近いのが居たりするから贅沢書いちゃイカン
のだろうが、今までは上が110を超えることは滅多に無かっただけに
食生活、年齢などの諸問題がイキナリのしかかってきた感じだった。
下?84だったけど。

コメント