灰皿猫の日々是放言暴言ブログ~難癖・厭味が怖くてブログが書けるか!!~

結果的に世間に喧嘩を売ることになろうとも、想ったことを正直に、素直に。

広島の土壌に問題があると言われても

2018年07月12日 14時31分35秒 | スポーツ

広島ブログ

 
手の打ちようが無いではないか…脆いとされる土壌を全部入れ替えるわけにも
イカンのだろうし…むしろ、安易な団地開発とかやったことの方が問題じゃあるが…



広島の土石流、「まさ土」広範囲に 14年豪雨災害でも

7/10(火) 5:20配信

朝日新聞デジタル

 西日本豪雨による土砂災害の状況を9日、京都大防災研究所の竹林洋史准教授(河川工学)が広島県内で調査した。土石流が発生した広島市の現場では、花崗岩(かこうがん)が風化して細かくなった「まさ土(ど)」を含んだ土砂が広範囲に流れ込んでいた。

 まさ土は粒径が小さく、遠くに流れ出やすい。竹林さんによると、広島県や山口県は花崗岩が多い。竹林さんは「まさ土は2014年の広島豪雨災害でも、被害の範囲が拡大する一因になった」と指摘した。

 広島市安佐北区の土石流現場では、沢から流れてきた大量の土砂が民家をなぎ倒したり、太い流木が窓を貫いたりしていた。

 水を含んだまさ土は軟らかく、沼地のように広がっている。住民らは、シャベルや重機で土砂を取り除く作業に追われていた。近くに住む男性(66)によると、6日夜に「ドドド、ガタガタ」という音がし、あっという間に流木とともに大量の土砂が押し寄せたという。周辺の住宅街近くには、直径が1メートル近い花崗岩も流れ着いていた。

 竹林さんはドローンを使って上空から土砂の状態を撮影。「調査したデータをもとに今後、発生した土石流の規模や移動速度などを解析したい」と話した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝日が喜びそうなネタだよな... | トップ | 窃盗団出没情報をデマと決め... »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事