灰皿猫の日々是放言暴言ブログ~難癖・厭味が怖くてブログが書けるか!!~

結果的に世間に喧嘩を売ることになろうとも、想ったことを正直に、素直に。

御近所付き合いってのも難しいネ!

2018年07月18日 22時31分58秒 | スポーツ

広島ブログ

お互いに何処まで我慢し妥協できるか?
トラブルにしたくはないが、我慢にも限界はあるし…
引っ越しが簡単にできない分野だけにね。
幸か不幸か、我が家は今のところ嫌われてない…と思うが、
こっちの感覚と相手の思いは全く別モンだけに厄介ではある。





隣人のバーベキューに「我慢の限界きた」 押し倒し打撲負わせる

7/16(月) 8:58配信

神戸新聞NEXT

 隣人女性に軽傷を負わせたとして、兵庫県警兵庫署は15日、神戸市兵庫区のパートの女(39)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後7時15分すぎ、知人らと自宅でバーベキューをしていた女性につかみかかって押し倒し、首や腹部に打撲を負わせた疑い。同署の調べに、容疑を否認しているという。

 同署によると、女と隣人女性は以前から騒音問題などでトラブルがあった。女は「自宅から道路にはみ出してバーベキューをしていたことに、我慢の限界がきた」と話しているという。

コメント

北チョンなんて信用出来る連中じゃないってことは分かってたハズ。何を今更って気がするけどね…

2018年07月18日 18時31分52秒 | スポーツ

広島ブログ

北チョンが国際社会の言うことを守るはずがないってことは最初から分かっていた。
下手に期待して舞い上がっていたお馬鹿さん達はどうするんだろうねぇ?
あんな連中、北チョンと一緒に皆殺しで良いよ、現実が見えないバカ共なんざね。



「ウラン秘密施設を稼働」米国務長官、北を追及

7/16(月) 9:32配信

読売新聞

 ポンペオ米国務長官が今月6~7日に訪朝して北朝鮮の金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党副委員長と会談した際、「秘密のウラン濃縮施設を稼働させている」と述べ、北朝鮮を追及していたことがわかった。複数の日米韓協議筋が本紙に明らかにした。米国は、北朝鮮が非核化の意思を表明しながら、逆行する活動を陰で進めているとの疑念を強めているとみられる。

 プルトニウムとともに核爆弾の原料となる高濃縮ウランの生産をめぐっては、米専門家に2010年に公開された北西部寧辺(ヨンビョン)の施設以外は実態が不明だ。北朝鮮が非核化に着手しても申告、検証段階で秘密施設が問題となる可能性がある。ポンペオ氏はさらに「濃縮ウランの生産を増やしている。核施設と核弾頭を隠蔽(いんぺい)している。(北東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド))咸興(ハムフン)でミサイル工場の拡張工事中との情報があるが、米朝関係にとって良いことではない」とただした。

コメント

確信犯的JK相手に注意や指導程度じゃダメ。〝心身に思い知らせる〟必要がある。

2018年07月18日 14時31分10秒 | スポーツ

広島ブログ

自分から売り込むバカも居るくらいだ、注意や指導程度で「辞めます」なんてことには絶対にならない。
もう、心身両面で「二度としません!」と反省させるくらいにハードな厳罰を与えないとダメよ。
自分達の売り時を理解したJKくらい性質の悪い生き物もいないんだから…
若い娘たちが性的に弱い立場にいるとかぬかす連中の神経が理解できん。
ごく一部を除いて基本的には自分達から身体を提供してるんじゃないか。そんなビッチ相手に遠慮なんて不要だね。





店から消えたJK ネット潜行、都外に移動も 規制条例施行1年

7/16(月) 9:12配信

産経新聞

 JKビジネスを規制する東京都の条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減し、女子高生ら少女は店から姿を消した。警察当局内では、インターネットの世界に“潜行”したデート援交が、児童買春に発展することへの懸念がある。規制条例のない都外の店に、少女らが移動している現状も指摘されている。

 「ランチご一緒しませんか」「平日夕方から都内で」。短文投稿サイト「ツイッター」などでは、デート援交を持ちかけているとみられる書き込みが相次いでいる。警視庁は警察官が身分を明かさずに連絡をとり、実際に会って注意や指導をする「サイバー補導」に力を入れている。

 捜査関係者によると、デート援交は「パパ活」などとも呼ばれ、1回あたり数千円を受け取り、一緒に食事や散歩などをする。「表のJKビジネスで働けなくなった女子高生らがインターネットで小遣い稼ぎをしている可能性が高い。児童買春などの犯罪にもつながり、危険だ」。同庁関係者は警戒感を強める。

 JKビジネスは平成20年ごろに秋葉原で始まり、現役の女子高生らが働くことで物議を醸した。当初は制服を着て添い寝などをする「リフレ」が主流だったが、外を一緒に歩く「散歩」や、会話などをする「コミュ」といった業態が登場。一部の店舗では、性的なサービスをする「裏オプション」と呼ばれる違法行為が明らかになった。

 問題に対処するため、都は平成29年7月、規制条例を施行。営業の届け出を義務化してJKビジネスの実態把握と違法業者の排除を進め、警視庁が把握する店舗数は同年6月の76店舗から、今年6月には37店舗(届け出数)に減った。

 ネットを介したデート援交の横行以外にも、無届けの違法店舗がJKビジネスと称して少女を派遣するケースが確認され、警視庁が摘発を進めている。

 JKビジネスに詳しいノンフィクションライターの高木瑞穂さんは「少女たちの一部は規制条例のない別の都市で働く場所を求めている」と指摘する。高木さんによると、首都圏郊外のJKビジネス店には「未成年でも働けますか」などの問い合わせがあるという。

 愛知県や大阪府では都と同様の条例が施行されている。神奈川県や兵庫県でも今後施行される予定で、JKビジネス規制は広がりをみせている。高木さんは「規制を強めることだけでは少女が巻き込まれる犯罪の抑止にはならない。SNSなどの監視も強化していくことが大切だ」と強調する。

コメント

カープな話。何で獲ったのかと最初の頃は思ったもんだけど…

2018年07月18日 10時31分08秒 | スポーツ

広島ブログ

DHの無いセントラルの球団が、守備走塁に??の付く選手をなんで獲ったのかと当時のブラウン首脳陣の
選択に疑問を感じたモンだけど、左右を問わず結果を残せるようになってきたのは本人の努力以外の何物
でもないわけで、そういう意味では大したもんだなと見直しつつある。
風の噂でタカリ癖があるとかないとかも聞いたもんだが、今は給料も上がってきてそういうことは無くなったと
思いたいしね。

まぁ新井やエルは年齢的なモノがあるとはいえ、この先も堂林やメヒア、バティスタらと争わなきゃいけない
ことに変わりはないが、規定打席到達が果たせたら…楽しみな一人ではありますね。





広島・松山、初規定打席到達ノルマ「最後まで続けていかないと意味がない」

7/15(日) 9:00配信

デイリースポーツ

 広島は14日、マツダスタジアムで全体練習を行った。松山竜平外野手(32)は、後半戦を前に自身初となる規定打席到達をノルマに課した。今季残りは67試合。打撃好調を維持して最後まで走り切る構えだ。

 前半戦を終え打率・310はリーグ6位。44打点は鈴木と並ぶチープトップタイだ。それでも松山は「満足はしていない。これを最後まで続けていかないと意味がない」と手綱を締める。優勝争いが本格化するこれからが、自らが試される戦いだと自覚している。

 野間の台頭により一塁での出場が増えた。新井とポジションを争う中で求められるのは勝負強い打撃。「打点にこだわっていきたい」。勝利を呼び込む一打が規定打席到達のカギとなる。

 この日のフリー打撃ではミートポイントやフォームを確認しながら丁寧にスイングを繰り返した。「前半戦は良い感じで終えられたと思う。でももったいない打席があった」。一振りで仕留めるための準備を整えていく。

コメント

カープな話。とりあえずカード勝ち越しで良しとしますか…

2018年07月18日 06時31分07秒 | スポーツ

広島ブログ

①鈴木はベンチ入りせず
代役の下水流がよくやったという面は評価するが、一昨日は「大丈夫大丈夫」と言っておきながら昨日になったら
「動かさないのが最善」ですか…1日経って状態が変化することはよくあるが、中途半端に帯同させるくらいなら
さっさと抹消して治療に専念させた方が良いんじゃないのかね?
一時の不在でもよりいい状態でシーズン終盤を迎えさせる方が本人のためにもチームのためにもなると思うが…

②九里の粘りが足りず
もともと制球力でかわすタイプだけど、夕べは4回まで1被安打も5~7回途中で6被安打はさすがに打たれ過ぎ。
中盤以降の粘り、キレが無くなった投球は反省材料でしょう。

③後ろが相変わらず半端
形の上では抑えたとはいえ、フランスアは相変わらずどの打者にもフルカウントにしないと気が済まないようだし、
一岡も中崎もランナーを出さないと…(以下略)。不甲斐ない勝利の方程式の立て直しが急務ではあるのだが…

④佐藤にきりきり舞いさせられた打線に不満
3点取って安心油断したのかどうか知らないが、6・7回の無策ぶりは打順を考えても勿体ない。
8・9回の加点でジワジワと流の勢いを殺した点は評価できるが、逆に言えば点こそ取られなかったものの、
終盤のピンチの連続は6・7回の打線の淡白さが招いたものと猫は考える。
点さえ取れば良いというモノでは無いことを自覚して欲しいな。


ということで今日はガルシアか…対カープ戦は2戦2勝で防御率2.08。
岡田の対中日戦は1戦1敗で同1.50だから数字の上ではほぼ互角だが、打線がつながるかどうかかなぁ…?
まぁそれ以前に岡田が中日打線相手に何処まで持つか、の方がポイントだろうけど。





中日、最下位再転落で自力V消滅 2戦連続1得点 広島は後半戦連勝発進

7/17(火) 21:15配信

Full-Count

先発の笠原は5回3失点、8回の岡田、9回の福谷がリードを広げられた

■広島 5-1 中日(17日・ナゴヤドーム)

 中日が最下位に再び転落し、自力優勝の可能性が消滅した。17日、本拠地ナゴヤドームでの広島戦。先発の笠原祥太郎が5回3失点で降板すると、打線は11安打を放ちながら、わずか1点しか奪えず。2試合連続の1得点に終わり、DeNAに勝ったヤクルトにかわされて最下位に転落した。

 笠原は4回1死から丸に中前安打を許すと、バティスタに四球を与え、下水流に適時打。さらに野間には2点適時二塁打を浴びて、この回3点を失った。打線は5回に松井雅の適時打で1点を返すのがやっと。8回に岡田が、9回に福谷が1点ずつ失ってリードを広げられた。

 主砲・鈴木がベンチスタートとなった広島は、4回に下水流、野間の連続適時打で3点を先制。8回にはバティスタ、9回には松山に適時打が出てリードを広げた。先発の九里は7回途中7安打1失点で4勝目。7回1死一、三塁で登板したフランスアの好救援もあって、リードを守り抜いた。

コメント (2)