灰皿猫の日々是放言暴言ブログ~難癖・厭味が怖くてブログが書けるか!!~

結果的に世間に喧嘩を売ることになろうとも、想ったことを正直に、素直に。

領土的野心、日本への敵対心を持つ連中が近隣に多いからなぁ…

2018年07月12日 22時31分55秒 | スポーツ

広島ブログ

そういう連中が居なけりゃ防衛費なんて必要ないんだが、増額に文句言う奴は
日本政府に対してではなく、日本にちょっかい出し続ける某国に抗議してくれよ…
そいつらが某国を抑えることが出来たら堂々と防衛費削減を進言できるんだけどね。
ついでに在日米軍の撤退とかさ。
でもまぁ、あーいう連中は文句の言う相手をわざと取り違えてるからな…
反日活動資金援助がなくなるから(呆笑)





<防衛費>来年度、過去最大に 概算要求5兆円超か

7/8(日) 7:00配信

毎日新聞

 政府は、2019年度から5年間の次期中期防衛力整備計画(中期防)で、防衛関係費(米軍再編関連経費を除く)の伸び率を現行の年0.8%から1%超に拡大する方針を固めた。来年度の防衛関係費は22年ぶりに過去最大を更新する見通しだ。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」やF35ステルス戦闘機の導入費など高額な支出が見込まれており、安倍政権下で進む防衛関係費の増額が加速する。【秋山信一】

 防衛関係費(当初予算ベース)は1997年度の約4兆9412億円が過去最大だ。03年度から10年連続で減少したが、第2次安倍政権発足後の13年度から6年連続で増え、今年度は約4兆9388億円だった。

 防衛省は年末の次期中期防策定に向けて、来年度以降5年間の防衛関係費の大枠について、財務省と協議を進めている。14~18年度の現中期防では、13年度の為替・物価水準で約23兆9700億円の大枠が設定され、年平均0.8%の増加が認められた。防衛省は中国の軍拡や北朝鮮の核・ミサイル開発、装備の高額化などを背景に増額幅の拡大を要求。財務省は装備品の原価の精査や維持整備の効率化などによるコストカットを求めている。

 6月に閣議決定された経済財政運営の指針「骨太の方針2018」では「防衛力を大幅に強化する」と明記されており、慢性的な財政赤字を抱える中でも防衛関係費は例外的に増加が認められる方向だ。防衛省は来年度予算編成に向け8月の概算要求で5兆円超の防衛関係費を計上する方針だ。

 次期中期防ではイージス・アショアだけでも2基で2000億円超とされる本体やレーダー、1発30億円超の迎撃用ミサイル「SM3ブロック2A」など高額な支出が見込まれる。1機百数十億円のF35Aも次期中期防期間中の導入が決まっている8機に加えて数十機の追加購入が検討され、F35Aより高額で短距離離陸・垂直着陸が可能なF35Bを導入する計画もある。

コメント

窃盗団出没情報をデマと決めつける方が危険だと思う

2018年07月12日 18時31分37秒 | スポーツ

広島ブログ

今はデマかもしれないが、東日本大震災の時も窃盗団が出没したよね?
これからも絶対に出没しないという保証は無いと思うので、疲労と絶望感の中で
信憑性の判断が難しくなるとは思うけど、注意だけはしておいた方が良いと思う。
火事場泥棒というか安易に盗みに入ろうとする心弱き連中は実際に居るんだから…
捕まってたでしょ?どっかのアホが。






「レスキュー服の泥棒」「車は○○ナンバー」 豪雨被災地に広がるデマ、広島県警が注意喚起

   だが、この情報は出所が確かではない。広島県警は公式ツイッターで「デマ情報に気を付けて」と発信、注意を促した。

尾ひれつけながら拡散

   一連の噂は少なくとも8日午後ごろからツイッターなどで広がり始めた。その内容は、被災地に「レスキュー服」の泥棒が大量に出没中だというもので、乗っているという車の車種のほか、「大阪ナンバー」「倉敷ナンバー」「岡山ナンバー」の具体的な車両番号まで記載されている。

   出元としては「消防団から来た情報」などとうたわれ、出没する地域は「真備」、「広島」など、ツイートによって異同がある。情報は地元住民を中心に猛烈な勢いで拡散し、ツイート数の多い言葉を集計するYahoo!リアルタイム検索でも、一時「大阪ナンバー」などの言葉が上位にランクインした。

   だが、結論から言うと、この情報の信憑性は乏しい。広島県警の公式ツイッターは2018年7月9日、「犯罪情報官速報」として、以下のように伝えた。

「デマ情報に惑わされないで!
現在、SNSなどで『レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている』『犯人が乗っている車は○○で、ナンバーは○○○○』などといった情報が拡散されていますが、警察では、そのような事実は把握していません」

倉敷市でも「把握していない」

   ツイートの中で名指しされている真備町がある倉敷市の広報担当者も9日、

「SNSでそうした情報が発信されていることは確認しているが、具体的な被害があった、といった電話などは、こちらには来ていません」

とJ-CASTニュースの取材に回答した。

   そもそも情報の拡散を追うと、元々は「大阪ナンバーの車に気を付けて」程度のものだったのが、いつの間にか具体的な車種、さらに「レスキュー服」といった犯人の出で立ち、さらに「岡山ナンバー」や「倉敷ナンバー」も追加され、最終的には具体的な車両番号まで増えている。情報の出元も総じてあやふやである。

   思い起こされるのは、1980年代から存在する古典的な怪文書「当たり屋グループ」だ。「要注意ナンバー」として具体的な車両番号を掲載し、「このナンバーの車は当たり屋だから気を付けて」と呼びかけるものだが、いずれもデマとされている。

   広島県警の上記ツイートでは、被災地を狙った盗難被害には「十分に注意」するよう呼びかけた上で、

「デマ情報(フェイクニュース)の可能性が疑われる場合は情報の発信元を確認しましょう」
「不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください」
「不確定な情報に惑わされることなく、冷静な行動に努めましょう」

と訴えている。

コメント (2)

広島の土壌に問題があると言われても

2018年07月12日 14時31分35秒 | スポーツ

広島ブログ

 
手の打ちようが無いではないか…脆いとされる土壌を全部入れ替えるわけにも
イカンのだろうし…むしろ、安易な団地開発とかやったことの方が問題じゃあるが…



広島の土石流、「まさ土」広範囲に 14年豪雨災害でも

7/10(火) 5:20配信

朝日新聞デジタル

 西日本豪雨による土砂災害の状況を9日、京都大防災研究所の竹林洋史准教授(河川工学)が広島県内で調査した。土石流が発生した広島市の現場では、花崗岩(かこうがん)が風化して細かくなった「まさ土(ど)」を含んだ土砂が広範囲に流れ込んでいた。

 まさ土は粒径が小さく、遠くに流れ出やすい。竹林さんによると、広島県や山口県は花崗岩が多い。竹林さんは「まさ土は2014年の広島豪雨災害でも、被害の範囲が拡大する一因になった」と指摘した。

 広島市安佐北区の土石流現場では、沢から流れてきた大量の土砂が民家をなぎ倒したり、太い流木が窓を貫いたりしていた。

 水を含んだまさ土は軟らかく、沼地のように広がっている。住民らは、シャベルや重機で土砂を取り除く作業に追われていた。近くに住む男性(66)によると、6日夜に「ドドド、ガタガタ」という音がし、あっという間に流木とともに大量の土砂が押し寄せたという。周辺の住宅街近くには、直径が1メートル近い花崗岩も流れ着いていた。

 竹林さんはドローンを使って上空から土砂の状態を撮影。「調査したデータをもとに今後、発生した土石流の規模や移動速度などを解析したい」と話した。

コメント

朝日が喜びそうなネタだよな(呆笑)

2018年07月12日 10時31分35秒 | スポーツ

広島ブログ

 
これに難癖つけたバカは、今度は「お父さんを応援する」にしたら「父親だけ?」と難癖
付けて、「家族を~」にすると「親戚はしなくて良いの?」と噛みつく様な変質クレーマー
なんだろうと思う。片親だったらお父さんがやるかもしれんが、育児に一番関わるのは
基本的にはお母さんのハズ。そんな層に呼び掛けることすら否定するとは、何処までも
了見が狭いクズであり、こんなのを喜び勇んで記事にする朝日も同様だよね。




 

お尻ふきの「お母さんを応援」文言削除 違和感の声受け

7/8(日) 21:21配信

朝日新聞デジタル

 ベビー用品大手の赤ちゃん本舗は、お尻ふきの包装に記載している「お母さんを応援」の文言を削除することを決めた。「育児をするのは母親だけ?」と違和感を抱いた利用者からの指摘を受けて対応した。

 表記を見直すのは、全国の「アカチャンホンポ」(112店舗)で販売するプライベートブランドのお尻ふき「水99% Super」シリーズ。2006年の発売当初から商品の側面に「全国のお母さんを応援します」と記されていた。

 赤ちゃん本舗は「時代の流れや社会の多様化を加味し、意見を真摯(しんし)に受け止めた」(広報)といい、今後の製造分から文言をなくす方針。

コメント

カープな話。まぁ打撃はともかく守備は西川より上みたいだし

2018年07月12日 06時31分00秒 | スポーツ

広島ブログ

守備固めでも何でもいいから1軍に定着できるようになればね。
ただ、西川といい安部といい左だからなぁ…やはり右の美間に
期待したくなるんだが…



広島・安部 復調気配「一から頑張ります」

7/11(水) 18:34配信

デイリースポーツ

 2軍調整中の広島・安部友裕内野手が11日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加。シート打撃で攻守にわたって存在感を示した。

 九里と対戦した第1打席では右越え三塁打。第3打席でも左中間を破る二塁打を放ち3打数2安打だった。守備では三塁を守り、小窪の左翼線を抜ける当たりに飛びつくファインプレーをみせた。

 練習後は「一から頑張ります」と話した。

 安部は開幕から打撃状態が上向かず、6月14日に出場選手登録を抹消された。48試合に出場し打率・179,1本塁打、11打点。

コメント