Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

野党はいまなにをしてるん? まるで音なし

2018-09-30 18:56:19 | 日記

2018/9/30-2 (敬称は省略)

野党はいまなにをしてるん?  まるで音なし

①   国会は閉会したが政治ニュースは総裁選以後もアメリカでの話ときょう投票の沖縄の知事選挙。 もうすこし野党もニュースを発信しないとそれだけでも与党に比して市民・国民は全くのつんぼ桟敷だ。 いまは言っても発信の時代。 露出のないのは自慢にならない。 たとえば忘れてしまいそうなのが国民民主党の名前だ。 支持率が出たのをみて驚いた。わずか0.4%だ。

立憲民主でも4.4%。  ここ3ケ月ずうっと0.1%ずつ下がっている。

まあ沖縄知事選挙が一節だろうが、こんなことでは来夏の巻き返しも遅きに失する。  立憲の枝野も頑張ってはいてもこれでは一時は10%は確保していたのにこれだ。 モリカケ疲れかもしれないが、要は与党に負けない政策の深堀りしかない。 相手のエラーや自滅を待っているだけでは絶対にダメ。攻めないと。 それといつまで小沢頼りではむりだ。 無所属の民主党戦犯連に頼るのも政争に陥るだけ。  弁護士上がりの枝野は悪くはないが理屈だけでは政治はやれない。なまじ弁護士上がりと言うのも本当はいい意味で人間性に不足感はある。  そんなところも響いているのか?    こんな時こそ枝野の人気が湧くのでなければ市民や国民は物足りんのだろう。

もっといい意味でも悪い意味でも人間的魅力や幅を磨けと言いたい。 

理屈だけではひとはついてこないぞ。

2018/9/30-1 (敬称は省略)

最近の台風の予想はよくできている。

①   今回の24号は発生から3日位の間ずうっと監視していてわれわれ近畿地方の者は十分に事前対策を講じることが出来る。 その意味では気象庁というのは昔に比べて飛躍的に予想技術が向上したと思う。 いろいろのIT関連と宇宙関連からの広角的観測術の多角化のおかげだ。 これにはもっとさらに技術向上の為の必要予算は致し方ない。 アメリカからの防衛予算の膨大さに較べれば何とでもできよう。 一方、地震の方はと言えば根本的には台風とは段違いに予測不可能と思う。 台風は発生から針路予測は出来ても地震は全くの相手任せで100%発生は事前予測はできない。 いままでできたためしはない。 そして発生すると瞬時で被害は超甚大だ。 地球の半径は約6000kmで、人智のおよぶ観測最大深度は20数キロと聞いた。 これで地球の中で起こる地震は観測不能と言った東大のゲラー博士の(地震は絶対に予測できません!!)の言は信実度が高い。 しかし台風や地震にしろ大雨、洪水、地滑り、津波などの諸災害に気候変動も加わって人間社会の事象原因による被害の増大を加速している側面は無視し難い。 防災国家の宿命的日本はこのことから逃げられない。 防災は国のいちばんの務めである。 その為の財政バランスの上からも十分な蓄えはさらに重い課題である。 

昔からの地震、かみなり、火事、親父の例えの地震はこれは永久に不滅かも。

とくにいましばらくは止んでいるミサイルが入ると別だが・・・・。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

最近の台風の予想はよくできている。

2018-09-30 13:57:04 | 日記

2018/9/30-1 (敬称は省略)

最近の台風の予想はよくできている。

①   今回の24号は発生から3日位の間ずうっと監視していてわれわれ近畿地方の者は十分に事前対策を講じることが出来る。 その意味では気象庁というのは昔に比べて飛躍的に予想技術が向上したと思う。 いろいろのIT関連と宇宙関連からの広角的観測術の多角化のおかげだ。 これにはもっとさらに技術向上の為の必要予算は致し方ない。 アメリカからの防衛予算の膨大さに較べれば何とでもできよう。 一方、地震の方はと言えば根本的には台風とは段違いに予測不可能と思う。 台風は発生から針路予測は出来ても地震は全くの相手任せで100%発生は事前予測はできない。 いままでできたためしはない。 そして発生すると瞬時で被害は超甚大だ。 地球の半径は約6000kmで、人智のおよぶ観測最大深度は20数キロと聞いた。 これで地球の中で起こる地震は観測不能と言った東大のゲラー博士の(地震は絶対に予測できません!!)の言は信実度が高い。 しかし台風や地震にしろ大雨、洪水、地滑り、津波などの諸災害に気候変動も加わって人間社会の事象原因による被害の増大を加速している側面は無視し難い。 防災国家の宿命的日本はこのことから逃げられない。 防災は国のいちばんの務めである。 その為の財政バランスの上からも十分な蓄えはさらに重い課題である。 

昔からの地震、かみなり、火事、親父の例えの地震はこれは永久に不滅かも。

とくにいましばらくは止んでいるミサイルが入ると別だが・・・・。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

米中貿易戦争は米国のヘゲモニーに挑戦する中国との熾烈な戦い

2018-09-29 16:20:52 | 日記

2018/9/29-2 (敬称は省略)

米中貿易戦争は米国のヘゲモニーに挑戦する中国との熾烈な戦い

①   トランプの目指すアメリカンファーストはどうも単なる保護主義への回帰ではなく、一旦は引いていずれ今までの超大国への復帰を目論むことだろう。

オバマの時には習は太平洋を米中で分け分けしようと誘ったG2構想を追い出したが恐らくトランプの狙いは飽くまでも以前のG1、つまり超大国への想いだろう。 それゆえ最近のかれは今までの米国大統領で成し得なかったことをせんとしたと強調しているのはそのことだ。 まずは北朝鮮問題で踏み込んだのも、裏で糸をひく中国を牽制し、引きはがすことを考えている。

このことは当然北東アジアの固定した現在の秩序を解き放つことにも通じる。 要はつまりは中国との対峙を怖れない。 中国をやつけないと北東アジアは変わらない。 それはまた波及すればアジア全体の秩序変革を促すというものだ。 そんな中、米中の狭間で右顧左眄する日本の立場にも大きな輪っかがはまることにもなる筈だ。 その意味では今回の日米貿易問題は一見日本は先延ばしで糊塗できるという認識はとても甘い。 トランプのブルドウザーにスコップで迎え撃つようなものだ。 日本は国内の体脂肪をギリギリにまで鍛え上げとかないといずれの米国の反撃にはとても耐えられない。

トランプの野望はあくまでもG1だ。 個人的なつながりとかで済む問題ではない。 北の取り込み方でトランプの野望がさらに明確になってくる。

2018/9/29-1 (敬称は省略)

クロダはアベ金魚の糞に堕した。

①   総裁選前は一見ETFの買い上げには音なしがここ最近は脱兎のごとくその分まで含めてもう見え見えの日銀買い上げ。 クロダはアベの提灯持ちの

先頭に立っている。 出口戦略に見せかけての覆面買い上げは外資をも誘う

見せかけの株価引き上げの覆面行動がもう露骨になってたのはクロダの変身だ。  アベは常々すべて日銀のクロダに任せていると公言している。

そして政治的にはその間にアソウを懲りなく噛ましている。 二人羽織で緩衝材が要る。 まあ構造的にはクロダが間違えば二人羽織がこける具合にはなっている。 市場が先の大バブルの27年か26年ぶりを超えたとか日経も高ぶって早速報道したが、そんなことは屁のツッパリにもならないたわごとだ。 市場とは今日ときのうとは厳密には全く違うのだ。 あると思うのは人間のサガが思わせているだけだ。 言い換えれば欲と言える。 これは普遍的だからなくならない。 そこが食虫植物の罠だ。  できれば日銀総裁は任期は4年に縮めて国民投票に任せる公選にしたらどうか?   経済は市民・国民のための基幹組織そのものであり、政府に余りにも従属するのは考えものだ。 IT時代にはそれに沿った革命的ツールはあるはずだし、やろうと思えば今のようなやり方ではなくても簡単にそして明確に結果が出るはずだ。 国家の総力を挙げて選挙のIT化を憲法よりも国家事業として実現すれば国の意思決定は素晴らしく効率化されることになる。  サマータイムのごとき意味のないことよりもこと市民・国民生活にいくらカネがかかっても経済のことはこれからもますますホットケナイ。  その合間にインチキ・改ざん・情報の悪意の漏えいの危険・汚職など周辺危機のこともある。

いまの徳川時代のようなお友達譜代大名中心の管理政権では世界の大勢に後れを取るのは間違いない。 徳川はそのために世界から250年の惰眠を強いられた。 その焦りが明治以後の焦りの日本を作った。 アベ取り巻き利益集約譜代政権もその悪弊に既に陥っている。 はやくしないとイカン。  とうとうその歯牙がクロダまで飲み込んだ。 ヤバイヤバい可哀想でバカみたいなニッポン。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

クロダはアベ金魚の糞に堕した。

2018-09-29 09:51:00 | 日記

2018/9/29-1 (敬称は省略)

クロダはアベ金魚の糞に堕した。

①   総裁選前は一見ETFの買い上げには音なしがここ最近は脱兎のごとくその分まで含めてもう見え見えの日銀買い上げ。 クロダはアベの提灯持ちの

先頭に立っている。 出口戦略に見せかけての覆面買い上げは外資をも誘う

見せかけの株価引き上げの覆面行動がもう露骨になってたのはクロダの変身だ。  アベは常々すべて日銀のクロダに任せていると公言している。

そして政治的にはその間にアソウを懲りなく噛ましている。 二人羽織で緩衝材が要る。 まあ構造的にはクロダが間違えば二人羽織がこける具合にはなっている。 市場が先の大バブルの27年か26年ぶりを超えたとか日経も高ぶって早速報道したが、そんなことは屁のツッパリにもならないたわごとだ。 市場とは今日ときのうとは厳密には全く違うのだ。 あると思うのは人間のサガが思わせているだけだ。 言い換えれば欲と言える。 これは普遍的だからなくならない。 そこが食虫植物の罠だ。  できれば日銀総裁は任期は4年に縮めて国民投票に任せる公選にしたらどうか?   経済は市民・国民のための基幹組織そのものであり、政府に余りにも従属するのは考えものだ。 IT時代にはそれに沿った革命的ツールはあるはずだし、やろうと思えば今のようなやり方ではなくても簡単にそして明確に結果が出るはずだ。 国家の総力を挙げて選挙のIT化を憲法よりも国家事業として実現すれば国の意思決定は素晴らしく効率化されることになる。  サマータイムのごとき意味のないことよりもこと市民・国民生活にいくらカネがかかっても経済のことはこれからもますますホットケナイ。  その合間にインチキ・改ざん・情報の悪意の漏えいの危険・汚職など周辺危機のこともある。

いまの徳川時代のようなお友達譜代大名中心の管理政権では世界の大勢に後れを取るのは間違いない。 徳川はそのために世界から250年の惰眠を強いられた。 その焦りが明治以後の焦りの日本を作った。 アベ取り巻き利益集約譜代政権もその悪弊に既に陥っている。 はやくしないとイカン。  とうとうその歯牙がクロダまで飲み込んだ。 ヤバイヤバい可哀想でバカみたいなニッポン。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

「これならいける」車関税回避交渉の危うさ

2018-09-28 18:28:01 | 日記

2018/9/28-2 (敬称は省略)

「これならいける」車関税回避交渉の危うさ

①   なにか交渉の抜け穴を探して一時的回避を探ったような2国間の「物品貿易協定」(TAG)の交渉は一般市民や国民にも耳慣れない用語だが結果はこの交渉の間は関税問題はそのままだと言うことらしい。 根本解決にはならない。 いずれまた農業問題と車の関税は先々で絡むことだ。 こんなことはもう随分前から何十年も分っていることだ。 自民の票田とかの近視眼的な自党に有利だから触らないは、いずれ再発は避けられぬ。 俯瞰的な長期指向で供える日本側の対応がどの政権になっても求められる基本のことだ。 潜り抜けて一過性でやり過ごす問題ではない。 食糧問題の自給率にも絡むことだ。 ここまで農業問題が全体の貿易バランスと切っても切れないリンク課題ならばもっと真剣に農水産に重点人物を配置してこの重大な国策課題を有利に展開できる本格的対応をまたまた求められるのは必至である。余りにも姑息な泥縄で済ますこの政権の安易さはだだ目先のことに終始していて真剣さは感じない。 すべてがその場しのぎのやり過ごしである。

アベの軽さはこれだではなく万事に亘っていて政治を舐めている。

②         https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 

2018/9/28-1 (敬称は省略)

外国でぺらぺらと国内人事を発表するアホ・アベの軽率さ

①   日米の貿易交渉のための出張ならそのことに邁進すべきである。 なんという横着横柄の誇張屋だとことだ。 アソウとの二人羽織政権を又しても続ける。 やることがないならばあとに続くやりたいこと気鋭の若いのに代ってもらえ。  目的の貿易問題もつまりは問題の先送りでしかない。 事が過ぎれば仕事が終わりでは情けない。 こいつの根性はなんら変わらないことは分かっている。 外面ばかりに気を使って内面はからっきし無視では市民国民の本当の納得は得られない。 喝!!  

それとそんな遊びの出張にあのバカ嫁をなんでいつも連れまわすのだ。

国内で監禁しておく措置をもっと続けろと言いたい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント