Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世の中とんとん

2018-07-31 11:57:07 | 日記

2018/7/31 (敬称は省略)

世の中とんとん

①   地方の活性化が叫ばれてもう随分久しい。 地方創成、地方活性と言いながらいまも東京、首都圏への人口集中は止まらない。 地方自治体の議員の成り手が少ないと言って議員年金のまたぞろの復活がモグラが顔を出すように出てきたり喝!で竦んだりと本末転倒なことが地方ではある。 そしてもうひとついまだに不正な政治活動費のインチキが絶えないのは地方の行政監視力が衰えてるからだし、むしろ中央の陰湿な不正の手口が水面下で横行しそのやり口が水が高きより低きに流れるように地方に伝播する。  

もう明治以来中央の範が地方に良くも悪くも下るのは今も昔も変わらない。

流石に昔出来て国民の大反発から国会議員の年金はそのやり口が我田引水の大甘であったことから廃止に至ったは当然のことである。 いま国会でのこのことの再来を言うことは政党助成金があるので

フェードアウトしているのは世論の監視があれ以後利いているからだ。

そんな中、国会改革を進次郎などの若い有為の議員らが非公式に会合していずれ着手したいという報道には遅すぎたとは思ってもやはりいいことだ。

それだけにとどまらない、国民の税金の政党助成金を拝受する全国会議員はやはりその働きかた改革の検証を自らに課さないといけない。 市民一般に偉そうにどうのこうの言う前に自分らの務め先の国会と自分らの職場の無駄と効率化を問うことはいちばんの足元のことだ。 国会経費と議員らの総経費の合計こそは市民、有権者に明らかにして明朗な会計を広く満天下に公示せよと言いたい。  総裁選挙なんかでいわば私的な利益還元のためのボス選びに汲々としてこれを政治の本道と錯覚するのは間違いである。

なにを成し、なにを成さざるか。 市民に服務する。  飽くまでもそれが政治というサービスであり、国会議員はいわばサービス業の働き手である。

ふんぞり返って物申すためのものでもなく、ましてやインチキして不正な小金をため込む働き場所でもないんだ。 もともとの議員になる初めの根性がねじ曲がっている輩がもうわんさかで、巷間じつにつまらぬ議員らが勝手な横行するのはやはり浮き草家業の成れの果てと言われても仕方がない。

まずは市民の為に働くと言うことの原点を深く顧みないといけない。 それは一人一人の人間としてのあるべき矜持と理想から発するものであり、

それを否定するものはやはり議員になってはいけないのである。

それが為、いちばんは議員になるための一時試験のようなものも必要ではないか?   それに縁故関係とかは第何次までとし、終身縁故はあり得ないとかのますは庭先チェックも必要だと思う。  国会議員はやはり国の行く末に関する仕事を託されるのだから成るのにもそれくらいの制限があってもしかるべきだ。  世の一般の取り決めから見ても全然不都合なことではない。

余りにも国会議員のレベルが与野党を通じて自己反省がなく市民の為にもなっていない現状がますます拡大している。

まずは総裁選挙なんかよりは国会議員の意識の活性化を供することの方が喫緊の課題である。 新しい制度に新しい魂を入れる。 これこそ改革であろう。 国会のフン詰まりと中に居る議員の大洗濯こそがいちばんであろう。

アベではドダイ無理でやはり若い有為の者たちにこそ期待したい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

世の中とんとん

2018-07-30 06:55:25 | 日記

2018/7/30 (敬称は省略)

世の中とんとん

①   日銀統計で推計ミス=個人投信、30兆円過大 の報道には日銀だけに驚きを通り越して呆れた。 少し前の別の報道で投信の半分の人がマイナスのニュースも驚いた。  株もさすれば10人中9人は負けているということらしい。 勝っているのは外国投資機関などや機関投資関係と言うが個人がもっと頑張っているのかと思っていたが実はそんなものらしい。

株長者の成功例が何億、何十億稼いだとブラック報道が随分行き来している。

パソコンや高速なんとかいう株専門機械を駆使してのトレーダーも出たりして鵜の目鷹の目の争奪ゲームや種本の流通がウェブで流行っている。

しかしおおもとの判断材料がこんなにざついことでは、心もとない。 とにかくあれだけニーサやなんかやと言われて大騒ぎしたのに半分以上の人がマイナスではニーサも使う場所がないというものだ。 今に始まったことではないが正に歴史はなんども繰り返されるようだ。 それにしても大本の日銀の数値がこれほど信用ならんとは驚く。 まだ半分の人が利があるという判断するひとともう既に半分の人がマイナスか?    いろいろ見方はあろうが、こんなニュースを今頃流す日銀の本音はやはり曲がり角に来ている

ことを注意勧告する意味合いと素直に見る方がいいのかもしれない。

これ以外にとんでもない嵌められるような数字があるかもしれないのである。 政府があれほどの改ざん、隠蔽、インチキする位だからむしろこんなことで驚くのは今様ではないのだろう。 それにしても隙もなにもない危なっかしい世の中になっていることだ。  こんなこと含めてリスクオンの世の中であると豆に驚くには値しないという御仁も多いかもしれない。 これを含めて普通とみる冷静さが求められるというものか?   それにしてももう少し立てばいずれ1/3にも利が乗るひとは減りそうな感じが強いのはもっていない我が僻みからだけではないように思う。 たしかに宣伝も殆ど少なくなった。  こういうとこからの判断が意外と正鵠を得ているのかも。  一方の株も危なっかしい瀬戸際?

とにかく公的機関がこれほど神輿を担ぐとは逃げるときには逃げ足はたぶん早いのだろう。  だって自分の足場は一般よりは早くよく見えているのだから。

どうもリスクオンという最近の言葉もどうも我田引水の嫌いが見えてくる。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

世の中とんとん

2018-07-29 10:15:16 | 日記

2018/7/29 (敬称は省略)

世の中とんとん

①   今朝台風情報の合間に日曜日なので民放の政治の報道があり、石破派の幹部の鴨井が招かれていた。 どうやら来月のお盆前後に正式出馬とのことらしい。 いかにも遅すぎる感じは内容は違っても岸田の時のときと底流では通じる。 チャレンジャーとしてこれだという遡及点に明確さを欠いている感じがしないでもない。 一昨日の防災省構想も以前からのアメリカ版の焼き直しとも見られて期待通りの反響はなく尻すぼみとなった。

そんなこんなでつまりは反アベ批判に頼るだけしかの一騎打ちでしかなくなりそうだ。 満を持してのという期待感はもともと無かったのだ。

国民いや市民意識としても絶対のマイナスポイントを野党が炙り出せないならばまあ仕方がないとしか言えない実に消極的選択しかない。

あとは総裁選期間にインドに遊ぶ進次郎に期待の念が湧くのは当然だ。

岸田、野田が潰れ開店休業を無理でも開店するという自民亭の営業はまたしても味気ないものになりそうだ。 とにかく石破は絶対に出馬するとの鴨井の断定が強調されただけだ。 わたしは何度も言うが総裁選がこんな具合ならば石破は何故にもっと強い看板の消費税を問うとかの市民にいちばん関心のあるこのことを問わないのか?    石破に間接的に関係のあった参院の6増法案でも石破はただ賛成しただけでは情けない。 院は違っても議員増には違いない。 進次郎があえて賛成票をしたのとは訳は違う。

石破の大仰な大物ぶる態度はいったいどこからくるのか?   ただ防衛族のいままでの流れだけでは総裁の値打ちはない。 いま世界が沸騰している経済、関税、国債、長期金利、日銀の出口論、ブロック経済、対中、EU、露、日、カナダ、メキシコ、・・・・・等々もっとも沸騰している問題にはいままでこの御仁は一切直接、間接的に述べたことは聞かない。

市民目線での自民総裁選が大切というならばこの点でも石破は分かっているのか分からないのかだんまりは通らない。 その点はアベも日銀、財務省任せでいままでも一切はクロダ任せで偉そうに消えてしまったアベノミクスもいまはとんと言わなくなっている。 まあ根は同じようなものだけどやはり目立った暴かれた失政になっていないところは最低のスレスレかもしれない。 ただ現政権の言うことや資料は今回の財務省のインチキ改ざんの大罪からみても明らかに我田引水を平気でゴリ通す犯罪スレスレをやるので、市民もどこまで下駄を履いた言い分、資料なのかは信用できない。 そのいみでアベのもつインチキ、改ざんの盗み癖をチェックする意味の攻撃は有効である。 わき腹をブローする戦略は石破に特別の智慧がなくとも最低の戦う技術点にはなるかもしれない。 おのれに知見がないときは相手の弱点を狙ってアベをキンキンにさせることもポイントの稼ぎには成る。アベもそういう具体論はアホだから治験はない。要は一対一の闘論である。

実に派閥のなかでそれに明るいものに問うて攻撃材料をはやから手立てしておくことだろう。 石破は相手の弱点をギリギリと攻める以外に手はないと思えといいたい。  いまでも実力に比して偉そうに大物ブル態度だけでは絶対に勝てない。 石破もそんなに賢こそうでもないのは市民はようく知っている。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

世の中とんとん

2018-07-28 09:08:24 | 日記

2018/7/28 (敬称は省略)

世の中とんとん

①   総裁選が近づいての野田候補の躓きとはたまた推薦人の不足など、もうこの人物には参戦する資格はない。 直ちに候補としては認められない。 もちろん現在は受付前であるから世論としては脱落候補と断じた方がよろしい。

一部からはバカにもほどがあるが推薦人を貸して3人での試合にするという時々自民党には枯れ木も山の賑わいならぬ、石破にその分が加味されることを嫌がる戦略があるが全く小手先の暴論だ。 それも選挙では当然の在り様なんだ。 それは別にして来年の消費税はもう辞めにせよと言いたい。

米国からの防衛機材をまたまた押し付けられてその上に決まったこととはいえ消費税を被せられる国民は両頬をビンタされるようなものだ。

来年度からは確実に景気は山の背を超えて下り坂は目に見えている。

すこしでも国民に安心感を与える意味でも絶対に消費税はやめると宣言せよと言いたい。 どうもアメリカ経済は好調とは言いながらくしゃみをしつつある。 アメリカこけたら日本も間違いなく躓くのだ。 

そんな薄いバブルがひちひちとアメリカから忍び寄ってきている感じがします。  2019は気を付けましょう。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

世の中とんとん

2018-07-27 18:40:55 | 日記

2018/7/27 (敬称は省略)

世の中とんとん

①   石破は何故にもっと経済のことを言わないのか?   いままでに聞いたことがない。  アベは中身は分からなくとも日銀のクロダを信用して官僚や経済界のひとびととも意見交換の機会があってもあり、いちばんには国民もそのことは当然の関心事である。  このことが国民からして距離を感じている。  いまさら遅いが総裁公選のときはこのことに言及しなければいけない。 それとトランプほどのツィター発信は別としても口が重いのはこの節の世の中、決して自慢にはならん。 嘘を平気でものするアベの真似はせんでもいいが、喋ってなんぼの家業だ。  物言わぬもほどほどだ。

敢えて経済は国民にはすべからく正しい公のインチキのない事実を知らしめる義務もある。 いまの政府はウソをついて胡麻化いる部分が多い。

本当のところを知りたいがため石破を反面支持している人もあろう。

開けてびっくりのことがわんさかこの5年間には溜まり過ぎているかも。

石破の言う災害省構想は時期を得た卓見であるが、早速巻のバカ官房が否定した。 こんな太鼓持ちのアベのポチの言うことは現実に合っていない。

オンシが当選すれば絶対に経済の次に公約として今からの災害国の日本には絶対に必要な統一的政府行政組織として歓迎されるし、国民も支持するのは間違いない。 その意味では石破の力を爆発するのがいまの日本には必要なことなんだ。 天皇がもし発言してもいいのなら、朕の意を体して国を救えと宣うに違いない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

 

コメント