Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

トランプはオバマのようなもう少しゆっくり・・・・とは行かない確信。

2018-06-30 19:40:25 | 日記

2018/6/30 (敬称は省略)

トランプはオバマのようなもう少しゆっくり・・・・とは行かない確信。

●オバマに比べて余りな即断即決に似たトランプ流は世界に波紋を拡げている。

彼から言わせれば、そういう今までの先送りが今になって強かった覇権国の落ち目の現実にある意味では仕方なしに保護主義と言われても頑なに以前のスーパーカントリーへの回帰を急がせる原動力になっていると言いたいのだろう。 ベルリンの壁崩壊の1998年以後はアメリカの単独復活時代だと予想したのに、よもやのアメリカの逡巡のそのあとの原因はやはり1972年のニクソンによる米中国交回復にその遠因がある。 いまそのことが軍事・経済において米中のせめぎ合いの現実になってきている。 やはり中国の台頭は政治経済共に名実ともに米国にキャッチアップしてきたと言ってもいい。 いつも一番をよしとした米国にとっては何かと気になって立ちはだかる中国という意識が強い。 そしてもう一方の極にイランを巡る核兵器開発の中東の雄で一つ間違えば火薬庫になり兼ねないも火薬庫にトランプは苛立ちを隠せない。 詰りは有象無象のハイエナがライオンに隙あらばとの構えがいまも現実にあるのだろう。 トランプはそんな中、戦線の整理整頓を図る意味で取りあえずは保護主義という標榜からアメリカファーストを強く世界に宣明しているものと思う。 その為にも制裁という武器を通じて同盟国に強制に近い力を行使している。  この世界が一国だけで成りたち得ない中、有機的・連鎖的な繋がりが当たり前のときにこれが最大の武器になっている。  イランの核開発防止のために今回もアメリカはその監視機構から脱退して明確に制裁を更に格上げして構える立場だ。 そのために親しい同盟国にもイランとの交易を中止するように強く求めてきている。 とくに日本も例外はなさそうだ。 前の貿易戦争と言われる関税問題でもトランプは欧州や中国、日本にも例外なくその意思を被せていま世界的な経済報復戦争になってきている。 それのお互いの応酬はもう国家的我慢比べでもある。 トランプがここまで固執するのもこの経済報復戦争とそれが為の制裁を通じてアメリカの世界に対するヘゲモニーの回復が以前の覇権国家アメリカはやはり世界の警察官でもあるという使命感達成のための方途と確信しているのであろう。

オバマの漸進主義とは結果的に相いれないのは彼の性格だけはなさそうだ。

オバマも2期8年の中、トランプに引き継がせたマイナス政治資産は明らかに

不作為・不整理としていまトランプが抱えているオバマ先送り遺産として。

そんななか、アメリカに追づいする日本はドラスチックな防衛・経済のトランプショックがさらにあることを覚悟することもあるのは当然だ。
 トランプの強気はまずは中間選挙での自信を強めていることでさらに強く反映されてくるのは間違いない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

 

コメント

トランプはオバマのようなもう少しゆっくり・・・・とは行かない確信。

2018-06-30 10:01:06 | 日記

2018/6/30 (敬称は省略)

トランプはオバマのようなもう少しゆっくり・・・・とは行かない確信。

●オバマに比べて余りな即断即決に似たトランプ流は世界に波紋を拡げている。

彼から言わせれば、そういう今までの先送りが今になって強かった覇権国の落ち目の現実にある意味では仕方なしに保護主義と言われても頑なに以前のスーパーカントリーへの回帰を急がせる原動力になっていると言いたいのだろう。 ベルリンの壁崩壊の1998年以後はアメリカの単独復活時代だと予想したのに、よもやのアメリカの逡巡のそのあとの原因はやはり1972年のニクソンによる米中国交回復にその遠因がある。 いまそのことが軍事・経済において米中のせめぎ合いの現実になってきている。 やはり中国の台頭は政治経済共に名実ともに米国にキャッチアップしてきたと言ってもいい。 いつも一番をよしとした米国にとっては何かと気になって立ちはだかる中国という意識が強い。 そしてもう一方の極にイランを巡る核兵器開発の中東の雄で一つ間違えば火薬庫になり兼ねないも火薬庫にトランプは苛立ちを隠せない。 詰りは有象無象のハイエナがライオンに隙あらばとの構えがいまも現実にあるのだろう。 トランプはそんな中、戦線の整理整頓を図る意味で取りあえずは保護主義という標榜からアメリカファーストを強く世界に宣明しているものと思う。 その為にも制裁という武器を通じて同盟国に強制に近い力を行使している。  この世界が一国だけで成りたち得ない中、有機的・連鎖的な繋がりが当たり前のときにこれが最大の武器になっている。  イランの核開発防止のために今回もアメリカはその監視機構から脱退して明確に制裁を更に格上げして構える立場だ。 そのために親しい同盟国にもイランとの交易を中止するように強く求めてきている。 とくに日本も例外はなさそうだ。 前の貿易戦争と言われる関税問題でもトランプは欧州や中国、日本にも例外なくその意思を被せていま世界的な経済報復戦争になってきている。 それのお互いの応酬はもう国家的我慢比べでもある。 トランプがここまで固執するのもこの経済報復戦争とそれが為の制裁を通じてアメリカの世界に対するヘゲモニーの回復が以前の覇権国家アメリカはやはり世界の警察官でもあるという使命感達成のための方途と確信しているのであろう。

オバマの漸進主義とは結果的に相いれないのは彼の性格だけはなさそうだ。

オバマも2期8年の中、トランプに引き継がせたマイナス政治資産は明らかに

不作為・不整理としていまトランプが抱えているオバマ先送り遺産として。

そんななか、アメリカに追づいする日本はドラスチックな防衛・経済のトランプショックがさらにあることを覚悟することもあるのは当然だ。 トランプの強気はまずは中間選挙での自信を強めていることでさらに強く反映されてくるのは間違いない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

コメント

どっちもどっちのまたぞろ北と日本の早速の最近口喧嘩

2018-06-28 14:01:41 | 日記

2018/6/28 (敬称は省略)

どっちもどっちのまたぞろ北と日本の早速の最近口喧嘩

北朝鮮代表、軍縮会議で「日本は口はさむな」も大人気ない。  いままで散々ひとの頭越しにミサイルをぶっ放しておいて、仮にも米朝の曖昧会談で、もう打たないとはまるで勝手だ。 しかしいまはたまさかの安寧である。

 残された日本が残余の核とミサイルや生物兵器の行く末が未定のままでは安心して枕を高くしては居れぬの当然だか、日本も声高にイージスアショアなどとアメリカの買い入れ武器に奔走もいただけない。 地元は流石に反対しているのは地方の方が国際感覚は十分ある。 小野寺は端折り過ぎだ。

 そんなことよりもトランプVSKim委員長の模索があの瓢箪からインシデントを突然にもたらした。  これに倣って口喧嘩も、もういい加減飽き飽きだ。  ふるさと大阪の鶴橋生まれのキムの母親とのご縁もあることだ。  飛んだハプニングになれば世紀の日朝会談の夢もあり得ないことない。  もう日朝はお互いがいい意味の二国間関係を自発的に生まれいずる苦しみを乗り越えて到達してほしい。  DNA的には遡ればお互いのルーツは出会いもあるはずだ。  折角そんな床しい現世にもう一生の間憎しみばかりの近い他人、もしくは敵対と憎しみの連鎖にはほとほと情けなさと深い近親憎悪もすら感じてしまう。 親の憎しみが子のそれに続く。 こんな連鎖をどこかで止めょ。  日本も過ちは多いはずだし、顧みて北にもあるはずだ。 とにかく今回の米朝会談が教えたことはまずはトップが代表して恩讐を超えて出会うことだ。 いつまでも江戸の敵は長崎でではいけない。  アベも何故に時間があるのに北にもっと直接に呼びかけないのだ。 お前の故郷は日本の中でも北のDNAが一番濃厚なんよ。 暇があるならゴルフよりも北に専用機で飛べ。

燃料費はほかにも比べれば無茶苦茶安いんだ。 まずは屁理屈よりは情のある呼びかけだ。  情の薄いお前ではムリかもしれんが、先入観はこの際は投げ捨てて、まずはおのれから櫂より始めよだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

コメント

どっちもどっちのまたぞろ北と日本の早速の最近口喧嘩

2018-06-28 10:52:48 | 日記

2018/6/28 (敬称は省略)

どっちもどっちのまたぞろ北と日本の早速の最近口喧嘩

北朝鮮代表、軍縮会議で「日本は口はさむな」も大人気ない。  いままで散々ひとの頭越しにミサイルをぶっ放しておいて、仮にも米朝の曖昧会談で、もう打たないとはまるで勝手だ。 しかしいまはたまさかの安寧である。

 残された日本が残余の核とミサイルや生物兵器の行く末が未定のままでは安心して枕を高くしては居れぬの当然だか、日本も声高にイージスアショアなどとアメリカの買い入れ武器に奔走もいただけない。 地元は流石に反対しているのは地方の方が国際感覚は十分ある。 小野寺は端折り過ぎだ。

 そんなことよりもトランプVSKim委員長の模索があの瓢箪からインシデントを突然にもたらした。  これに倣って口喧嘩も、もういい加減飽き飽きだ。  ふるさと大阪の鶴橋生まれのキムの母親とのご縁もあることだ。  飛んだハプニングになれば世紀の日朝会談の夢もあり得ないことない。  もう日朝はお互いがいい意味の二国間関係を自発的に生まれいずる苦しみを乗り越えて到達してほしい。  DNA的には遡ればお互いのルーツは出会いもあるはずだ。  折角そんな床しい現世にもう一生の間憎しみばかりの近い他人、もしくは敵対と憎しみの連鎖にはほとほと情けなさと深い近親憎悪もすら感じてしまう。 親の憎しみが子のそれに続く。 こんな連鎖をどこかで止めょ。  日本も過ちは多いはずだし、顧みて北にもあるはずだ。 とにかく今回の米朝会談が教えたことはまずはトップが代表して恩讐を超えて出会うことだ。 いつまでも江戸の敵は長崎でではいけない。  アベも何故に時間があるのに北にもっと直接に呼びかけないのだ。 お前の故郷は日本の中でも北のDNAが一番濃厚なんよ。 暇があるならゴルフよりも北に専用機で飛べ。

燃料費はほかにも比べれば無茶苦茶安いんだ。 まずは屁理屈よりは情のある呼びかけだ。  情の薄いお前ではムリかもしれんが、先入観はこの際は投げ捨てて、まずはおのれから櫂より始めよだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

コメント

総裁選、会長出馬求める声=岸田派

2018-06-27 14:34:35 | 日記

2018/6/27 (敬称は省略)

総裁選、会長出馬求める声=岸田派

●水を飲ない馬に飲めと無理押しするな。と言いたい。 この御仁の前の派閥の親分は古賀誠だ。 土建色の強い個性派にこんな欲のない跡継ぎでは宏池会の跡継ぎには物足りないのが国民感情ではある。 押し出しの見かけは石破よりはいいがなにせアベに隠れて目立たないのが玉に傷。 人間としてははるかに裏表のあるアベよりは間違いなくよさそうだ。 しかしとにかく欲がなさそうなのがこの世界でどうかなと?    しかしアベのような裏に回っての悪事とウソ・隠蔽や私的な狭いグループにだけの利益還元に陥るこいつの政治を俗世間並みの次元に貶めて良識ある国民から唾棄されるほどの人品で果たしていいのか?

とにかく何かのエサをばら撒いてそれに食いつく者だけを周りに寄せ集める餌付け政治はもう古い。 そんな政策では多様性の国民の要望はーには応えられない。 それにまたまたアソウがくっ付いて二人羽織の超ウザい政権が続けばもうまったく漫画だょ。 

そんな中、やはり本来ならば石破・岸田の挑戦者らがもっとアベを追いつめるほどの勢いがあるべきだが、もう進次郎ひとり孤独な国民受けする言いたいことを直球で投げいる。  その意味で進次郎を核に石破や岸田が応援して巻き返す運動がせめてこの後7-9の三か月弱で盛り上がらないのかと思うが如何?    こんなインチキ政治をこれからさらに延々と続けさせるのは大陸の色々な動きを見、アメリカの強い国力巻き返しの保護主義を見るにつけてももうこんな上辺だけのアメリカ頼みがいつまでも続けられる訳はないのだ。  まずは己の足で立ち、潔い、他から指差しされない独自の地保を確立しないと日本はこの先いっぱしの尊敬を受けない軽い国家になってしまう恐れが多い。

日本の政治的威厳はつとに低下していることはじつに由々しきことなんだ。 アベは軽すぎるし、潔くない。  これからはアメリカはもっと地肌を出してくる。 もうこれからは遠慮はいないと思うょ。 

これからの先3年間をこんな潔くないアベに任せるなんて気ちがいじみている。

その意味でもう賞味期限は終わっている。 刮目せよ。と言いたい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

コメント