Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

アメリカの苛立ちが世界にどういう影響を与えるか?

2016-04-30 22:09:53 | 日記

2016/4/30 (敬称は省略します)

アメリカの苛立ちが世界にどういう影響を与えるか?

●どうやらアメリカの歴史上でトランプという人物は異例も異例の候補者らしい。 今までに公的な職業歴は何もないということだ。 普通は政治経歴があったり軍人だったりする。まさに公的人種が選ばれるのだ。 そんな人物がひょっとしてではなく可なりな予備選での選挙人を集めている。 一方のクリントン女史もアメリカでは人気は少ないが民主党候補になることはほとんど間違いない。 とくにトランプはここにきてアメリカ人でもここまで実際に現実に共和党候補に迫ってきている可能性については驚きを隠していない。

それにクリントン候補に比べてもトランプに対する期待と恐れがない交ぜになっている中で、怖いもの見たさの興味深さがその底辺の心理に取りついているとみられている。 もう彼らはの信奉者のみならずアメリカ人はなにか自分でも制御できないアメリカ以外の関心を抱いていないようだ。 ソ連の崩壊によって自由主義が制覇したと思ったのに、中国の台頭と最近のロシアの覇権主義のよる好き放題で世界の秩序は冷戦時代より不安定になった。 世界経済もBRICSの減速でアメリカが相対的に世界の王者になっている。 もうアメリカは世界の警察官ではなくて、普通の大国になりたいのに成れないジレンマに苛立っているのだろう。 とくに欧州の溶解現象には心穏やかではないだろう。 そのためにも英国のEU離脱によるこれ以上のEUの混乱は心配であることは間違いない。 とにかくいまは経済も内容的にはいろいろあっても強いことが一応世界経済の牽引国であることは良くも悪くも自分ではよく理解している。 しかしこれが先行きも間違いなく強くあるためには、勿論軍事もあるが、とにかくは経済を固く締めていくことだと真剣に思っている。 それがためには本音で言えばもう海外のことにはあまり深く関与したくないと言うのがトランプに始まる国民の大方の意見でもある。それぞれが自分で自分の国のことは始末

しろということだ。 もっと言えばもう面倒は見切れないこともあるぞといことだ。 それなくしてトランプがこれほどの異例のサポートされるわけはない。 それも一介の商売人上がりである。  もし彼がアメリカ史上初の商売人大統領になれば間違いなく合理性を前面に出したまったく今までと違う、

しがらみのない新タイプの政治をすることになろう。 その意味ではリスクはあってもアメリカはトランプにさせるかもしれない。 あの無茶苦茶にもみえる素人臭い本音志向の政治はリスクオンではあるがアメリカという国はそんなことを乗り切るクソ勇気を発揮する国としての弾力性といまだ若さがあるのかもしれない。  日本の古臭い既得権益グループにとっては間違いなく厳しいことを覚悟しておいた方がいい。 一つ間違えば戦後初めての日米のかなり深刻な国益上の意見相違と経済対立の要因も露呈するかもしれない。 つまりは日本はアメリカに対しての甘えの構造の継続は破綻するかもしれない。

それはこの日本に対する第2のペリーの来航でもあるかもしれない。 日本は

もうアメリカの妾政治は続かない。 たぶんそれは日本にとっては覚醒のためには必然の苦しみかもしれないが、ある意味アメリカからの桎梏からの余儀ない解放になるかもしれない。 それこそ第2の維新だ。

コメント

世のなかとんとん

2016-04-29 18:44:37 | 日記

2016/4/29 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

今回の緩和ゼロ回答は日銀がマイナス金利効果判断の留保による

●それよりも国内の政治事情から政権との距離を置いたと考える。 一応基本的経済の先行きトレンドは悪くないと言いながら現実にはすでに消費と物価はもたつきは鮮明になっているのにもういつもながらのクロダのこじ付けは強弁に近い。 官邸との増税を巡る一連の財務省との狭間でもともと財務省派遣の日銀の限界をとうとう露呈したものだ。  本来はすでにクロダミクスは破綻している。 それは政権側に余りにも譲歩し過ぎて本来の金融操作以上の背伸びをしてしまった過去3年半の間のやりすぎがここにきて効果が利かなくなったということだ。 いつもながら政策効果を金融操作で補うのは限界があるはずだ。 

今までの3年半で政権の構造改革をある意味クロダミクスがサービスしすぎて踏み込み過ぎたともいえる。 さらに言うならばアベノミクスに取り込まれ過ぎたのだ。 今回の増税問題からこれ以上アベ政権に付和雷同するよりもある程度財務省の伝統的支店として埒外の関与は封鎖されたとも見てよい。 

こんご緩和問題は増税問題との絡みで判断されることだろう。 要は官邸と財務省のハブとマングースの争いに日銀は財務省の囲いからは出られない元々の立ち位置を守ることになったと言える。  今後は政権側が政策効果が問われることになるのは前々から言ってる通りで、本当の責任はそのことを地道に実行する以外には道は拓けない。  日銀の政権への支援バズーカはまずは政権側の努力の跡を見ないでは難しい。 とにかく車の両輪であるはずなのに安易に政権の小手先の道具に使われ過ぎた。 ここで一線を画して踏みとどまることは良い判断と思う。 

それだけに増税の判断が問われるのは当然のことだ。 政権とは財務省も含めてのことで本当にこの政権が本格政権かどうかの踏み絵を踏まされている。

やはり本来的には官邸がすべてを取り仕切り日銀に丸投げなどしてはいけない。

それと財務省にも省中の省などと勝手な横着な判断余地を与えるような甘い姿勢が戦後の自民の政権運営に落とした影はこの際断じて政権の一部署としての司であることを知らしめるお仕置きが最重要である。  もうアベ政権は増税問題から逃げてはイカン。  断じて凍結をして財務省を膝下にひれ伏させる威厳を示すべきだ。 戦前戦後のこの悪弊を糺す絶好の機会である。 政権がその姿勢を見せれば日本は大いに可能性が広がる。 この波及効果がものすごく大きいが、果たして既得権益のしがらみがものすごく多いアベ政権に本当にできるかどうかが一番だ。 もうアベの甘えと先送りは許されない。 アへの本当の見識があるのかどうかを国民は見ている。 もう狡い言い訳と逃げの連鎖はありえない。 それが総理総裁の器かウソかの分かれ道だある。 とにかく狡い言い訳だけはやってはイケナイ。 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

今回の緩和ゼロ回答は日銀がマイナス金利効果判断の留保による

2016-04-29 05:42:37 | 日記

2016/4/29 (敬称は省略します)

今回の緩和ゼロ回答は日銀がマイナス金利効果判断の留保による

●それよりも国内の政治事情から政権との距離を置いたと考える。 一応基本的経済の先行きトレンドは悪くないと言いながら現実にはすでに消費と物価はもたつきは鮮明になっているのにもういつもながらのクロダのこじ付けは強弁に近い。 官邸との増税を巡る一連の財務省との狭間でもともと財務省派遣の日銀の限界をとうとう露呈したものだ。  本来はすでにクロダミクスは破綻している。 それは政権側に余りにも譲歩し過ぎて本来の金融操作以上の背伸びをしてしまった過去3年半の間のやりすぎがここにきて効果が利かなくなったということだ。 いつもながら政策効果を金融操作で補うのは限界があるはずだ。 

今までの3年半で政権の構造改革をある意味クロダミクスがサービスしすぎて踏み込み過ぎたともいえる。 さらに言うならばアベノミクスに取り込まれ過ぎたのだ。 今回の増税問題からこれ以上アベ政権に付和雷同するよりもある程度財務省の伝統的支店として埒外の関与は封鎖されたとも見てよい。 

こんご緩和問題は増税問題との絡みで判断されることだろう。 要は官邸と財務省のハブとマングースの争いに日銀は財務省の囲いからは出られない元々の立ち位置を守ることになったと言える。  今後は政権側が政策効果が問われることになるのは前々から言ってる通りで、本当の責任はそのことを地道に実行する以外には道は拓けない。  日銀の政権への支援バズーカはまずは政権側の努力の跡を見ないでは難しい。 とにかく車の両輪であるはずなのに安易に政権の小手先の道具に使われ過ぎた。 ここで一線を画して踏みとどまることは良い判断と思う。 

それだけに増税の判断が問われるのは当然のことだ。 政権とは財務省も含めてのことで本当にこの政権が本格政権かどうかの踏み絵を踏まされている。

やはり本来的には官邸がすべてを取り仕切り日銀に丸投げなどしてはいけない。

それと財務省にも省中の省などと勝手な横着な判断余地を与えるような甘い姿勢が戦後の自民の政権運営に落とした影はこの際断じて政権の一部署としての司であることを知らしめるお仕置きが最重要である。  もうアベ政権は増税問題から逃げてはイカン。  断じて凍結をして財務省を膝下にひれ伏させる威厳を示すべきだ。 戦前戦後のこの悪弊を糺す絶好の機会である。 政権がその姿勢を見せれば日本は大いに可能性が広がる。 この波及効果がものすごく大きいが、果たして既得権益のしがらみがものすごく多いアベ政権に本当にできるかどうかが一番だ。 もうアベの甘えと先送りは許されない。 アへの本当の見識があるのかどうかを国民は見ている。 もう狡い言い訳と逃げの連鎖はありえない。 それが総理総裁の器かウソかの分かれ道だある。 とにかく狡い言い訳だけはやってはイケナイ。 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2016-04-28 19:31:25 | 日記

2016/4/28 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

消費税の凍結位の覚悟がこの暗雲経済と情報閉鎖感払拭の突破口

●もう政権の維持のためにいつまでも増税問題を弄んではいけない。 ダブル選挙を諦めたとはいえ、参院選のあとにこの秋口に増税是非を問うために衆院選を画策せんとするアベ天邪鬼政権は前の躍進の二度目を目論む積りだろうが

たぶん参院選はこのままでは想定通りの現状維持はありえない。 とくに躍進とは裏腹のかなりの議席を減らすことになる。 その推移傾向はそのあとの乾坤一擲の衆院選でそれ以上の最低50-60議席を損傷が予想されるのは巷間の下世話な報道も信用に足らざるとは言えないある種の真実も含まれている。 その場合増税の再延長では余りな心理効果回天効果は生まれない。 まさにここまで先行き経済の重しになってしまっていたのでは、もう腹を括って凍結である。 さすれば暗雲の雲間に日の光が差すように晴れるはずだ。 そのためにはいつも言うように、官邸が裏官邸と揶揄される財務省の桎梏から逃れて、逆に内閣人事局を通じての財務省人事に強く介入することだ。 出来れば羊頭狗肉のアソウを解任して満天下に構造改革の強い意思表示を表明することだとの政権の本気度を知らしめることになる。

もうその時は有無を言わせぬ電光石火のお仕置きで素早くやれば、もうアベ政権、それ以前の民主政権の裏切り公約となってこのに内閣の獅子身中の虫のこの増税問題にケリをつければ、大方の国民は他にいろいろのマイナス評価はあっても初めてこの政権の覚悟を再評価する。 それでこそ仮にも長期政権の意義ある実質の伴ったものとして許されるのだ。 ほかのマイナスのことはそのあとで切磋琢磨すればいい。  とにかく日本の政治を壟断してきた財務省の奥御殿をバズーカ砲で焼き尽くすことの端緒を手を付けることである。 これをしないできないアベ政権は歴代のそれらと何ら変わらず、むしろやる必要のない大いなるマイナス評価を甘受すべき情報管理施策の束縛介入にみるとおりの権力的閉鎖政権の謂れから逃げきれないのは当然だ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

消費税の凍結位の覚悟がこの暗雲経済と情報閉鎖感払拭の突破口

2016-04-28 07:19:38 | 日記

2016/4/28 (敬称は省略します)

消費税の凍結位の覚悟がこの暗雲経済と情報閉鎖感払拭の突破口

●もう政権の維持のためにいつまでも増税問題を弄んではいけない。 ダブル選挙を諦めたとはいえ、参院選のあとにこの秋口に増税是非を問うために衆院選を画策せんとするアベ天邪鬼政権は前の躍進の二度目を目論む積りだろうが

たぶん参院選はこのままでは想定通りの現状維持はありえない。 とくに躍進とは裏腹のかなりの議席を減らすことになる。 その推移傾向はそのあとの乾坤一擲の衆院選でそれ以上の最低50-60議席を損傷が予想されるのは巷間の下世話な報道も信用に足らざるとは言えないある種の真実も含まれている。 その場合増税の再延長では余りな心理効果回天効果は生まれない。 まさにここまで先行き経済の重しになってしまっていたのでは、もう腹を括って凍結である。 さすれば暗雲の雲間に日の光が差すように晴れるはずだ。 そのためにはいつも言うように、官邸が裏官邸と揶揄される財務省の桎梏から逃れて、逆に内閣人事局を通じての財務省人事に強く介入することだ。 出来れば羊頭狗肉のアソウを解任して満天下に構造改革の強い意思表示を表明することだとの政権の本気度を知らしめることになる。

もうその時は有無を言わせぬ電光石火のお仕置きで素早くやれば、もうアベ政権、それ以前の民主政権の裏切り公約となってこのに内閣の獅子身中の虫のこの増税問題にケリをつければ、大方の国民は他にいろいろのマイナス評価はあっても初めてこの政権の覚悟を再評価する。 それでこそ仮にも長期政権の意義ある実質の伴ったものとして許されるのだ。 ほかのマイナスのことはそのあとで切磋琢磨すればいい。  とにかく日本の政治を壟断してきた財務省の奥御殿をバズーカ砲で焼き尽くすことの端緒を手を付けることである。 これをしないできないアベ政権は歴代のそれらと何ら変わらず、むしろやる必要のない大いなるマイナス評価を甘受すべき情報管理施策の束縛介入にみるとおりの権力的閉鎖政権の謂れから逃げきれないのは当然だ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント