Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2015-12-31 19:46:03 | 日記

2015/12/31 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

フィッピンがAIIBに正式加入

●加入を希望していたが南沙諸島の帰属問題で中国と対立していたが、この年末に踏ん切りをつけたという。 同国のインフラの整備に相当なカネがいるとのことだ。 国際金融機関での調達では総額の半分ほどしかにならない。 経済の拡大基調がこのまま続けるためにも基礎インフラはもう必須の政治課題だったらしい。 領土領海という国にとっての死活核心的利益のこともあっても、国の基礎整備に纏わるインフラなしには今後の経済の更なる進展は無理だと判断したものだ。 ADB(アジア開発銀行)よりも融資条件の借りる側からの有利性が決めてになったものだ。 まあフィリピンにとっては背に腹は代えられないということだろう。 中国の元が国際通貨として認知されたこともあって、今後中国の通貨運用の拡大がどのようになってゆくかはやはり大きな注目を呼ぶことだろう。 それに加えて中国は国内経済の落ち込みをこんご輸出でカバーする動きのドライブが相当強くなり、そのためにも元安を武器にする。 すでに日本の円安とも競合しだしている。 通貨安の熾烈な競り合いがこれから始まるような感じだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-12-31 19:45:19 | 日記

2015/12/31 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

フィッピンがAIIBに正式加入

●加入を希望していたが南沙諸島の帰属問題で中国と対立していたが、この年末に踏ん切りをつけたという。 同国のインフラの整備に相当なカネがいるとのことだ。 国際金融機関での調達では総額の半分ほどしかにならない。 経済の拡大基調がこのまま続けるためにも基礎インフラはもう必須の政治課題だったらしい。 領土領海という国にとっての死活核心的利益のこともあっても、国の基礎整備に纏わるインフラなしには今後の経済の更なる進展は無理だと判断したものだ。 ADB(アジア開発銀行)よりも融資条件の借りる側からの有利性が決めてになったものだ。 まあフィリピンにとっては背に腹は代えられないということだろう。 中国の元が国際通貨として認知されたこともあって、今後中国の通貨運用の拡大がどのようになってゆくかはやはり大きな注目を呼ぶことだろう。 それに加えて中国は国内経済の落ち込みをこんご輸出でカバーする動きのドライブが相当強くなり、そのためにも元安を武器にする。 すでに日本の円安とも競合しだしている。 通貨安の熾烈な競り合いがこれから始まるような感じだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

フィッピンがAIIBに正式加入

2015-12-31 10:51:12 | 日記

 

2015/12/31 (敬称は省略します)

フィッピンがAIIBに正式加入

●加入を希望していたが南沙諸島の帰属問題で中国と対立していたが、この年末に踏ん切りをつけたという。 同国のインフラの整備に相当なカネがいるとのことだ。 国際金融機関での調達では総額の半分ほどしかにならない。 経済の拡大基調がこのまま続けるためにも基礎インフラはもう必須の政治課題だったらしい。 領土領海という国にとっての死活核心的利益のこともあっても、国の基礎整備に纏わるインフラなしには今後の経済の更なる進展は無理だと判断したものだ。 ADB(アジア開発銀行)よりも融資条件の借りる側からの有利性が決めてになったものだ。 まあフィリピンにとっては背に腹は代えられないということだろう。 中国の元が国際通貨として認知されたこともあって、今後中国の通貨運用の拡大がどのようになってゆくかはやはり大きな注目を呼ぶことだろう。 それに加えて中国は国内経済の落ち込みをこんご輸出でカバーする動きのドライブが相当強くなり、そのためにも元安を武器にする。 すでに日本の円安とも競合しだしている。 通貨安の熾烈な競り合いがこれから始まるような感じだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-12-30 17:57:14 | 日記

2015/12/30 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

長州山口と韓国は観念主義と議論好きに加えて弁解主義の海一重のお隣さん

●韓国と長州山口は海を隔てて本当に近い。 往古より人に行き来は限りない。

当然考え方にもその下地がよく似ることもあり、似たものはなかなか話し合えない。 今回の藪から棒にに急いだ慰安婦無理やり合意はどちらから仕掛けたのかは別にして、とにかく50周年の節目の最後にというお題目が東洋人種の

双方を引き付けたもので仮に来年とかもっと先になってもおかしくないものだった。 その無理が早速両国合意声明のその翌日から両国内でも反論が噴出しているが、日本の場合の右翼政党のあのなんとかとういうおばちゃんの物言いは良くは分からないがただ韓国憎しだけで聞くに堪えない。 こんなアホ右翼政党がたったの5人前後でも政党助成金で食っているのかと思うと腹立たしい。 それよりも韓国サイドのあの荒れようは何なのだ。 あれでは根回しもできないのもよくわかる。 とうとうアメリカまで火が飛んでアメリカの慰安婦像の早速の撤去反対で火消しどころか思わぬやけぼっくいの煽り火を激しくした騒ぎだ。そしてまた台湾、中国にも我々にもご報謝と呼びかけられている。 アメリカ政府も応援のつもりが韓国政治団体からの突き上げで逆効果と相成った。 もともと歴史的には長州は観念主義、つまり右翼サイドに傾く地域の巣屈だ。 議論だけでなく弁解もその裏返しで口達者な藩であった。 韓国とどっこいどっこいで端から余程根回しを重ねないと相手は自分と同じ理屈、それも屁理屈を捏ね上げるいわば自分の分身と言ってもいいのだ。 いまになってきのう政府は法的立場には一切変更は無いと原則的立場を強弁した。 これも可笑しい。 それならば安倍の謝罪の弁は、それも村山、河野両談話よりもなお踏み込んだ謝罪として日本側は共産党、自民の右翼サイドの連中も含めて大いなる理解賛同を示したのは何だったのか?

慌てた政府は慰安婦に対する助成基金の10億円は、各国日本大使館前はもちろんアメリカの像までを含めた少女像の撤去確認後に振り込むという声明を余儀なくされた。 政府は来夏の参院選に向かってまずは第一歩と意気込んだ本件でけつまづいたことになる。 功を焦った長州人のこれに対する弁解はどうなるのか?   たぶん責任は挙げて韓国側にあるということだろう。 

お隣の北はそれをみてほくそ笑むのは間違いない。 朴女史の訪日は在任中は無理かもしれない。 これも自業自得である。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

 

コメント

長州山口と韓国は観念主義と議論好きに加えて弁解主義の海一重のお隣さん

2015-12-30 10:20:29 | 日記

2015/12/30 (敬称は省略します)

長州山口と韓国は観念主義と議論好きに加えて弁解主義の海一重のお隣さん

●韓国と長州山口は海を隔てて本当に近い。 往古より人に行き来は限りない。

当然考え方にもその下地がよく似ることもあり、似たものはなかなか話し合えない。 今回の藪から棒にに急いだ慰安婦無理やり合意はどちらから仕掛けたのかは別にして、とにかく50周年の節目の最後にというお題目が東洋人種の

双方を引き付けたもので仮に来年とかもっと先になってもおかしくないものだった。 その無理が早速両国合意声明のその翌日から両国内でも反論が噴出しているが、日本の場合の右翼政党のあのなんとかとういうおばちゃんの物言いは良くは分からないがただ韓国憎しだけで聞くに堪えない。 こんなアホ右翼政党がたったの5人前後でも政党助成金で食っているのかと思うと腹立たしい。 それよりも韓国サイドのあの荒れようは何なのだ。 あれでは根回しもできないのもよくわかる。 とうとうアメリカまで火が飛んでアメリカの慰安婦像の早速の撤去反対で火消しどころか思わぬやけぼっくいの煽り火を激しくした騒ぎだ。そしてまた台湾、中国にも我々にもご報謝と呼びかけられている。 アメリカ政府も応援のつもりが韓国政治団体からの突き上げで逆効果と相成った。 もともと歴史的には長州は観念主義、つまり右翼サイドに傾く地域の巣屈だ。 議論だけでなく弁解もその裏返しで口達者な藩であった。 韓国とどっこいどっこいで端から余程根回しを重ねないと相手は自分と同じ理屈、それも屁理屈を捏ね上げるいわば自分の分身と言ってもいいのだ。 いまになってきのう政府は法的立場には一切変更は無いと原則的立場を強弁した。 これも可笑しい。 それならば安倍の謝罪の弁は、それも村山、河野両談話よりもなお踏み込んだ謝罪として日本側は共産党、自民の右翼サイドの連中も含めて大いなる理解賛同を示したのは何だったのか?

慌てた政府は慰安婦に対する助成基金の10億円は、各国日本大使館前はもちろんアメリカの像までを含めた少女像の撤去確認後に振り込むという声明を余儀なくされた。 政府は来夏の参院選に向かってまずは第一歩と意気込んだ本件でけつまづいたことになる。 功を焦った長州人のこれに対する弁解はどうなるのか?   たぶん責任は上げて韓国側にあるということだろう。 

お隣の北はそれをみてほくそ笑むのは間違いない。 朴女史の訪日は在任中は無理かもしれない。 これも自業自得である。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント