Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015-11-30 18:27:49 | 日記

2015/11/30 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

17年4月の消費増税を見送るきな臭い雰囲気もでてきた。 

●どうやらチマチマとしたぶり返す財政再建話を盾に木っ端役人、つまり財務省役人が抵抗するも柳に風と党税調と公明とのさや当てを傍観する立場に徹する安倍はもう高みの見物を決め込んでいる。 それにしても宮沢税調はのらりくらりで掴みどころがないクラゲだ。 加えて麻生財務がまるで忍者の「水とんの術」紛いで泳いでいるのか隠れているのか?    菅官房長官は財源を8千億円程度まで増額するよう指示したが、財務省は難色らしい。

近来まれに見る迷勝負だ。  こここまでコケにされた財務省の落ち目はまさにサブプライムローン事件並みの経済事変に近づいている。 安倍裁定で消費税廃案の特異な異次元結果もないではない。 すべて来年の参院選はたまたま衆参同一選挙とも水面下での遠望、さらには憲法改正を睨んでのことかもしれない。 税は有史以来庶大衆の最も嫌う政治課題である。 大賛成 !!!!  当然のことである。 法人税の20%台の引き下げを目論んで国民大衆に消費税を強圧する論理矛盾の膿が出るのは当たり前である。 財務省の劣化こそ普通のことなのだ。 このことは文書主義に居座り続けてきた官僚主義にともかくもその一角の岩盤に穴を穿つ初めての機会ではあるまいか?  そのきっかけは先の消費税の17年4月への延長をやったことである。 あの安保法制の無理押しからすれば、この消費税廃案宣言は安倍がヤーメタだけで済む。 なにも混乱はない。 これで悪政と善政で国民大衆からすればチャラである。 官僚どもも本当は助かるのだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-11-30 18:27:49 | 日記

2015/11/30 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

17年4月の消費増税を見送るきな臭い雰囲気もでてきた。 

●どうやらチマチマとしたぶり返す財政再建話を盾に木っ端役人、つまり財務省役人が抵抗するも柳に風と党税調と公明とのさや当てを傍観する立場に徹する安倍はもう高みの見物を決め込んでいる。 それにしても宮沢税調はのらりくらりで掴みどころがないクラゲだ。 加えて麻生財務がまるで忍者の「水とんの術」紛いで泳いでいるのか隠れているのか?    菅官房長官は財源を8千億円程度まで増額するよう指示したが、財務省は難色らしい。

近来まれに見る迷勝負だ。  こここまでコケにされた財務省の落ち目はまさにサブプライムローン事件並みの経済事変に近づいている。 安倍裁定で消費税廃案の特異な異次元結果もないではない。 すべて来年の参院選はたまたま衆参同一選挙とも水面下での遠望、さらには憲法改正を睨んでのことかもしれない。 税は有史以来庶大衆の最も嫌う政治課題である。 大賛成 !!!!  当然のことである。 法人税の20%台の引き下げを目論んで国民大衆に消費税を強圧する論理矛盾の膿が出るのは当たり前である。 財務省の劣化こそ普通のことなのだ。 このことは文書主義に居座り続けてきた官僚主義にともかくもその一角の岩盤に穴を穿つ初めての機会ではあるまいか?  そのきっかけは先の消費税の17年4月への延長をやったことである。 あの安保法制の無理押しからすれば、この消費税廃案宣言は安倍がヤーメタだけで済む。 なにも混乱はない。 これで悪政と善政で国民大衆からすればチャラである。 官僚どもも本当は助かるのだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

17年4月の消費増税を見送るきな臭い雰囲気もでてきた。 

2015-11-30 06:58:30 | 日記

2015/11/30 (敬称は省略します)

17年4月の消費増税を見送るきな臭い雰囲気もでてきた。 

●どうやらチマチマとしたぶり返す財政再建話を盾に木っ端役人、つまり財務省役人が抵抗するも柳に風と党税調と公明とのさや当てを傍観する立場に徹する安倍はもう高みの見物を決め込んでいる。 それにしても宮沢税調はのらりくらりで掴みどころがないクラゲだ。 加えて麻生財務がまるで忍者の「水とんの術」紛いで泳いでいるのか隠れているのか?    菅官房長官は財源を8千億円程度まで増額するよう指示したが、財務省は難色らしい。

近来まれに見る迷勝負だ。  こここまでコケにされた財務省の落ち目はまさにサブプライムローン事件並みの経済事変に近づいている。 安倍裁定で消費税廃案の特異な異次元結果もないではない。 すべて来年の参院選はたまたま衆参同一選挙とも水面下での遠望、さらには憲法改正を睨んでのことかもしれない。 税は有史以来庶大衆の最も嫌う政治課題である。 大賛成 !!!!  当然のことである。 法人税の20%台の引き下げを目論んで国民大衆に消費税を強圧する論理矛盾の膿が出るのは当たり前である。 財務省の劣化こそ普通のことなのだ。 このことは文書主義に居座り続けてきた官僚主義にともかくもその一角の岩盤に穴を穿つ初めての機会ではあるまいか?  そのきっかけは先の消費税の17年4月への延長をやったことである。 あの安保法制の無理押しからすれば、この消費税廃案宣言は安倍がヤーメタだけで済む。 なにも混乱はない。 これで悪政と善政で国民大衆からすればチャラである。 官僚どもも本当は助かるのだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-11-29 17:51:52 | 日記

2015/11/29 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

まずは景気回復、財政再建はその次

●政府はともかくいちばんの日銀のスタンスが黒田が言う割にはダッチロールしている。 いまはやはりデフレを脱却できていないのだ。 それのいちばんは賃金が企業業績に比して円安の恩恵を働く側に戻していないからである。 今のままであればもともとの日銀の言うところの2%のインフレには来年もたぶん届かないでいつまでも黒田のぶつぶつの呪文を聞かされることになる。 かれはいつも強気で自説に拘っていてトレンド的には物価は基調として上向いているというばかりだ。 財務官僚での異色の総裁と言ってもやはりおおきな括りでは官僚の枠からは出れていない。 そして最近では財政再建にも軌道を正すべきだと二律背反的な言動も垣間見れる。 そして税金を上げて支出を削減する方途を言う。そしてさらなる財政支出が政府債務を増加させると警告もしている。 もちろん言ってることは間違いではないにしてもやはりまずはリフレを達成するもともとの黒田イズムを実行に移せないと黒田トーン効果は以前よりは落ちるのだ。 政府のGDP600兆新看板もそれによって財政赤字の見かけの数字を薄めようとする苦肉の演技を測りつつ、とにかくは景気回復と税収確保を通じて財政再建への後押しを考えてはいるのだろうが、その時々で都合のいい物差しを使い分けるのはもう飽き飽きだ。 ここまでくるとやはり来年の賃上げととくに今年の消費税引き上げの追認の決定が先行きの政権の命取りにもなりかねない重要な要素になってきている。 もう軽減税率どころではなく消費景気浮上の為にも財政規律への回帰を遅らせる位の腹積もりを迫られている時期だと思う。 結論は短く端的にしないと国民大衆も企業もこの政権には迷いと信じきれない隠ぺいと不信を払しょくできない。 それが疑心暗鬼を生んでいるのだ。 どう見ても今消費税を上げることは避けるべきである。

あらゆる手練手管を駆使しても安倍が最後の砦とする株価はいま呻吟しているのが何よりの真実だ。 とにかく推進力が不足している。 万遍のなさが傾いていて正常な位置からずれていて物凄い余計な推進力がそれを邪魔している。

スムーズに垂直に上がるわけはない。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

まずは景気回復、財政再建はその次

2015-11-29 05:54:20 | 日記

2015/11/28 (敬称は省略します)

まずは景気回復、財政再建はその次

●政府はともかくいちばんの日銀のスタンスが黒田が言う割にはダッチロールしている。 いまはやはりデフレを脱却できていないのだ。 それのいちばんは賃金が企業業績に比して円安の恩恵を働く側に戻していないからである。 今のままであればもともとの日銀の言うところの2%のインフレには来年もたぶん届かないでいつまでも黒田のぶつぶつの呪文を聞かされることになる。 かれはいつも強気で自説に拘っていてトレンド的には物価は基調として上向いているというばかりだ。 財務官僚での異色の総裁と言ってもやはりおおきな括りでは官僚の枠からは出れていない。 そして最近では財政再建にも軌道を正すべきだと二律背反的な言動も垣間見れる。 そして税金を上げて支出を削減する方途を言う。そしてさらなる財政支出が政府債務を増加させると警告もしている。 もちろん言ってることは間違いではないにしてもやはりまずはリフレを達成するもともとの黒田イズムを実行に移せないと黒田トーン効果は以前よりは落ちるのだ。 政府のGDP600兆新看板もそれによって財政赤字の見かけの数字を薄めようとする苦肉の演技を測りつつ、とにかくは景気回復と税収確保を通じて財政再建への後押しを考えてはいるのだろうが、その時々で都合のいい物差しを使い分けるのはもう飽き飽きだ。 ここまでくるとやはり来年の賃上げととくに今年の消費税引き上げの追認の決定が先行きの政権の命取りにもなりかねない重要な要素になってきている。 もう軽減税率どころではなく消費景気浮上の為にも財政規律への回帰を遅らせる位の腹積もりを迫られている時期だと思う。 結論は短く端的にしないと国民大衆も企業もこの政権には迷いと信じきれない隠ぺいと不信を払しょくできない。 それが疑心暗鬼を生んでいるのだ。 どう見ても今消費税を上げることは避けるべきである。

あらゆる手練手管を駆使しても安倍が最後の砦とする株価はいま呻吟しているのが何よりの真実だ。 とにかく推進力が不足している。 万遍のなさが傾いていて正常な位置からずれていて物凄い余計な推進力がそれを邪魔している。

スムーズに垂直に上がるわけはない。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント