Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2015-09-30 16:21:30 | 日記

2015/9/30

世のなかとんとん

日本外交の幼さ

●つい先だっての日ロ会談でラブロフ外務大臣が会談後記者会見で北方4島の話はなかったと言ったのに対して、その時は言葉も分からなかったか通訳がうまくいかなかったのか不承不承の子供が拗ねたような顔でニヤケた握手をしていたが、そのあとでいろいろと4時間のうちの半分は島の話だったと日本の記者にしゃべっていたのは見苦しい。 少なくとも外交交渉とは国と国との国益を賭けた真剣勝負だ。 それでなくとも岸田はへらへらののらりくらりでまあこれがいっぱしの自民の派閥の領袖とも思えない愚図だ。

いっぽう今日の国連での安倍とプーチンの一幕が国営放送でも見かけられたが

ほとんど腰を抜かす珍事だった。 時間に立仕様遅れたのか、別室から待っていたプーチンに駆け込むように満面の気おくれに喜びがないまぜの安倍のクシャクシャの笑顔で縋り付いた。 その前のニュースの一シーンではオバマとプーチンがナレーターが言うようにかなり際どい真剣なつばぜり合いの顔と顔。 そのあとの安倍のプーチンに対する駆け足の寄り添い方。 少なくとも安倍は西側の一環としてロシアに制裁を科している国なのだ。 今までにもアメリカは4島のことは承知の上でロシアに過度に接近することは注意されているのだ。 

勝手にポチがよその人に近づくことは差し控えるのが日米の暗黙のルールなのだ。 今回の安保法制でもアメリカに恩を売るのではなく日本が恩を得ていてやっとこさあの両院での憲法破りの強行採決があったばかりだ。 アメリカからすればどの面をしてと言いたいところなのだ。 集団的自衛権はロシアに対してはどんなことがあっても発動できる相手ではないのだ。 もし4島の話もまずは制裁解除してからであろうが?  外務省の外交音痴はいまもなお明治時代のまま進歩していない。 恰好だけはつけているが。

はなしは変わる。 きようマレーシアが懸案の新幹線を日本には断って中国を採用したと発表した。 もともとはじめは日本単独の話に中国が噛んできてとうとう逆転受注となつた。 さすがにさいきん落ち目の菅官房長官もかなり激怒の記者会見となったが、これも外務省の見通しの間違いだ。 戦後のアジアODAでもマレーシアはダントツの一位ではなかったか?   それがこのざまだ。

岸田はなにをしているのだ?  ロシアにもバカにされるはずだ。

とにかく本件は今後のインフラ輸出に力を注ぐと言っていた当初の目玉だっただけにこのはずれは誠に大きい。 

 電力、鉄道、港湾、水道……。アジアの成長を支えるインフラの需要は膨大だ。日本企業も機器やプラントの受注に動き、政府も案件獲得へ交渉の前面に立つ。豊かな資金を元手とするファイナンス力も強みだ。だが、プロジェクトの中心に位置する運営面で日本企業の影は薄い。 専門家筋はこのように解説している  ODAも言えばひも付きが多い。 無償ならばそれなりの有難味があったのかもしれないが、こんごの展望が初発から大きく躓いた。 

もうやはりこれからはそのあとに航空機、武器か?     集団的自衛権との絡みのすじがだんだん絞られてくる。 やはり戦争につながるかも。 国民大衆の不安は・・・・。やはり政権を交代してこの法案を廃案にする・・・・。

マレーシアの思惑に戦争できる日本は今までとは違うという存念もあったかもしれない。この国はアジアでも最大のイスラムこっかであり、人口も日本の二倍もある大国なのだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

日本外交の幼さ

2015-09-30 06:00:00 | 日記

2015/9/30

日本外交の幼さ

●つい先だっての日ロ会談でラブロフ外務大臣が会談後記者会見で北方4島の話はなかったと言ったのに対して、その時は言葉も分からなかったか通訳がうまくいかなかったのか不承不承の子供が拗ねたような顔でニヤケた握手をしていたが、そのあとでいろいろと4時間のうちの半分は島の話だったと日本の記者にしゃべっていたのは見苦しい。 少なくとも外交交渉とは国と国との国益を賭けた真剣勝負だ。 それでなくとも岸田はへらへらののらりくらりでまあこれがいっぱしの自民の派閥の領袖とも思えない愚図だ。

いっぽう今日の国連での安倍とプーチンの一幕が国営放送でも見かけられたが

ほとんど腰を抜かす珍事だった。 時間に立仕様遅れたのか、別室から待っていたプーチンに駆け込むように満面の気おくれに喜びがないまぜの安倍のクシャクシャの笑顔で縋り付いた。 その前のニュースの一シーンではオバマとプーチンがナレーターが言うようにかなり際どい真剣なつばぜり合いの顔と顔。 そのあとの安倍のプーチンに対する駆け足の寄り添い方。 少なくとも安倍は西側の一環としてロシアに制裁を科している国なのだ。 今までにもアメリカは4島のことは承知の上でロシアに過度に接近することは注意されているのだ。 

勝手にポチがよその人に近づくことは差し控えるのが日米の暗黙のルールなのだ。 今回の安保法制でもアメリカに恩を売るのではなく日本が恩を得ていてやっとこさあの両院での憲法破りの強行採決があったばかりだ。 アメリカからすればどの面をしてと言いたいところなのだ。 集団的自衛権はロシアに対してはどんなことがあっても発動できる相手ではないのだ。 もし4島の話もまずは制裁解除してからであろうが?  外務省の外交音痴はいまもなお明治時代のまま進歩していない。 恰好だけはつけているが。

はなしは変わる。 きようマレーシアが懸案の新幹線を日本には断って中国を採用したと発表した。 もともとはじめは日本単独の話に中国が噛んできてとうとう逆転受注となつた。 さすがにさいきん落ち目の菅官房長官もかなり激怒の記者会見となったが、これも外務省の見通しの間違いだ。 戦後のアジアODAでもマレーシアはダントツの一位ではなかったか?   それがこのざまだ。

岸田はなにをしているのだ?  ロシアにもバカにされるはずだ。

とにかく本件は今後のインフラ輸出に力を注ぐと言っていた当初の目玉だっただけにこのはずれは誠に大きい。 

 電力、鉄道、港湾、水道……。アジアの成長を支えるインフラの需要は膨大だ。日本企業も機器やプラントの受注に動き、政府も案件獲得へ交渉の前面に立つ。豊かな資金を元手とするファイナンス力も強みだ。だが、プロジェクトの中心に位置する運営面で日本企業の影は薄い。 専門家筋はこのように解説している  ODAも言えばひも付きが多い。 無償ならばそれなりの有難味があったのかもしれないが、こんごの展望が初発から大きく躓いた。 

もうやはりこれからはそのあとに航空機、武器か?     集団的自衛権との絡みのすじがだんだん絞られてくる。 やはり戦争につながるかも。 国民大衆の不安は・・・・。やはり政権を交代してこの法案を廃案にする・・・・。

マレーシアの思惑に戦争できる日本は今までとは違うという存念もあったかもしれない。この国はアジアでも最大のイスラムこっかであり、人口も日本の二倍もある大国なのだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-09-29 17:41:00 | 日記

2015/9/29

世のなかとんとん 

大阪の片田舎東大阪市の政調費始末記

この27日に市会選挙があって政調費凍結を掲げた維新が公明に続いて第2党に躍進した。 大阪の人間ならたぶん知っているが、もうあの手この手の昔からの悪の伝統的手法で税金を市会議員が詐欺して自分らで勝手に飲み食いだけでなく政治費用を捻出して山分けしていたものだ。 そうとう過去からのものだ。 そしてわたしの地元の神戸市でも同じ手口が暴かれて神戸新聞とNHKが連載物のように本件を追及しているのは、当たり前とはいえ最近のマスコミの隠ぺいが目立つ中で異色の連載報道となっている。 

これはまさに氷山の一角で、これの親玉が国会議員の政調費の実質ヤミ手当になっていることは国民大衆は誰も疑っていない。 東大阪市はこれで政調費なしでどうなるかはその経緯を見るのだろうけれどたぶん神戸市もそして全国の市長村の政調費も同じで、費目は分かれているが本質は国会議員と同じヤミ給与に違いない。 維新は時節柄そこを突いて一躍トップの公明の次の議席を獲得したが、同じ手合いで維新はこれを武器に党勢の拡大を図る構えであろう。

の東大阪市では公明も自民並みに染まっていて、地方でも維新と公明は犬猿の仲である。

しかしそんなことよりも、正すべきは国会が率先垂範すべきである。すべての悪弊の源流はそこだ。 市会や県会議員からすればなぜに国会議員だけがという思いが強いのは当選である。 

とにかく議員のこのことに対する甘い制度はまずは国政政党が櫂より始めるべきであると今までにも何度も言われてきたのに現状は直らない。 維新の会とかおおさか維新は前々からも公約に掲げたりはしているが未だしだ。 今度こそは本気になって野党として統一公約として来年の参院選に向けて身を削ることだ。  百の議論よりは身を切る一つの実行の方が分かりやすい。 民主はその中でも皮切りをすべきであるのにこういう時にさすがと言わせたことはない。 現下の反安保運動がいまも来年の参院選に向けて隠然と進む中で野党の

落ち目と言えどいまだ数では多い民主がこのことでも沈黙しているのは実に情けない。 維新の党でもおおさか維新でもなんでもいい、やはりこのことを国政ベースですぐに次の選挙に向けて公約化すべきだ、 大いなる政治効果を発揮するはずだ。

大阪維新も8年ほど前は橋下知事が府の公務員給与にメスを入れたのが、大阪市になってもそれを敢行して橋下人気の下支えをしてきた。 

やはり国政ベースで改革の先頭に立つべき民主はまずはここらあたりを切り口にすればこんごの展開も変わるだろう。 でないと市会・県会ベースの議員らの裏での不正行為は絶対に直らない。 政府はこのことに関してはいつも議員の立場の問題であり議員自らが判断することだと議員心理の低意を見透かして真剣には対応しない。 外国は知らないがこの政調費のまやかしは日本だけのものであろう。 カネに釣られて沈黙する日本の議会政治と日本の議員体質はみんなで渡れば・・・・の足元から不実な集団と化している。 本当に政治調査に関わるほどどんな政治活動をしているかは日頃の彼らの生態をみれば粗方分かる。 国民大衆の政治家に対する深層不満はとくにこんな不誠実にも起因している。 とにかくまずは我田引水、李下に冠を正さずである。 民主にその気概が少しも見えない。 やはりいっそ維新の党などとの新党もありではないか?   小さいものがバラバラでは話にならない。 政調費をターゲットにして自民を追い上げくらいの話題を撒かないではとても野党糾合はできない。 そのうえで選挙区調整と候補者調整がきっちり効けば巻き返しも本気で意味を成す。 野党再編に昔の橋下ブームをいまに取り返せと言いたい。

とにかく岡田の愚図はもうやらないのと同じで時間のロスだ。 ある意味国賊といってよい。 何のために政治家をやっているのかと言いたい。 もう口先屁理屈の極みである。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

大阪の片田舎東大阪市の政調費始末記

2015-09-29 08:54:05 | 日記

2015/9/29

大阪の片田舎東大阪市の政調費始末記

この27日に市会選挙があって政調費凍結を掲げた維新が公明に続いて第2党に躍進した。 大阪の人間ならたぶん知っているが、もうあの手この手の昔からの悪の伝統的手法で税金を市会議員が詐欺して自分らで勝手に飲み食いだけでなく政治費用を捻出して山分けしていたものだ。 そうとう過去からのものだ。 そしてわたしの地元の神戸市でも同じ手口が暴かれて神戸新聞とNHKが連載物のように本件を追及しているのは、当たり前とはいえ最近のマスコミの隠ぺいが目立つ中で異色の連載報道となっている。 

これはまさに氷山の一角で、これの親玉が国会議員の政調費の実質ヤミ手当になっていることは国民大衆は誰も疑っていない。 東大阪市はこれで政調費なしでどうなるかはその経緯を見るのだろうけれどたぶん神戸市もそして全国の市長村の政調費も同じで、費目は分かれているが本質は国会議員と同じヤミ給与に違いない。 維新は時節柄そこを突いて一躍トップの公明の次の議席を獲得したが、同じ手合いで維新はこれを武器に党勢の拡大を図る構えであろう。

の東大阪市では公明も自民並みに染まっていて、地方でも維新と公明は犬猿の仲である。

しかしそんなことよりも、正すべきは国会が率先垂範すべきである。すべての悪弊の源流はそこだ。 市会や県会議員からすればなぜに国会議員だけがという思いが強いのは当選である。 

とにかく議員のこのことに対する甘い制度はまずは国政政党が櫂より始めるべきであると今までにも何度も言われてきたのに現状は直らない。 維新の会とかおおさか維新は前々からも公約に掲げたりはしているが未だしだ。 今度こそは本気になって野党として統一公約として来年の参院選に向けて身を削ることだ。  百の議論よりは身を切る一つの実行の方が分かりやすい。 民主はその中でも皮切りをすべきであるのにこういう時にさすがと言わせたことはない。 現下の反安保運動がいまも来年の参院選に向けて隠然と進む中で野党の

落ち目と言えどいまだ数では多い民主がこのことでも沈黙しているのは実に情けない。 維新の党でもおおさか維新でもなんでもいい、やはりこのことを国政ベースですぐに次の選挙に向けて公約化すべきだ、 大いなる政治効果を発揮するはずだ。

大阪維新も8年ほど前は橋下知事が府の公務員給与にメスを入れたのが、大阪市になってもそれを敢行して橋下人気の下支えをしてきた。 

やはり国政ベースで改革の先頭に立つべき民主はまずはここらあたりを切り口にすればこんごの展開も変わるだろう。 でないと市会・県会ベースの議員らの裏での不正行為は絶対に直らない。 政府はこのことに関してはいつも議員の立場の問題であり議員自らが判断することだと議員心理の低意を見透かして真剣には対応しない。 外国は知らないがこの政調費のまやかしは日本だけのものであろう。 カネに釣られて沈黙する日本の議会政治と日本の議員体質はみんなで渡れば・・・・の足元から不実な集団と化している。 本当に政治調査に関わるほどどんな政治活動をしているかは日頃の彼らの生態をみれば粗方分かる。 国民大衆の政治家に対する深層不満はとくにこんな不誠実にも起因している。 とにかくまずは我田引水、李下に冠を正さずである。 民主にその気概が少しも見えない。 やはりいっそ維新の党などとの新党もありではないか?   小さいものがバラバラでは話にならない。 政調費をターゲットにして自民を追い上げくらいの話題を撒かないではとても野党糾合はできない。 そのうえで選挙区調整と候補者調整がきっちり効けば巻き返しも本気で意味を成す。 野党再編に昔の橋下ブームをいまに取り返せと言いたい。

とにかく岡田の愚図はもうやらないのと同じで時間のロスだ。 ある意味国賊といってよい。 何のために政治家をやっているのかと言いたい。 もう口先屁理屈の極みである。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

大阪の片田舎東大阪市の政調費始末記

2015-09-29 08:54:05 | 日記

2015/9/29

大阪の片田舎東大阪市の政調費始末記

この27日に市会選挙があって政調費凍結を掲げた維新が公明に続いて第2党に躍進した。 大阪の人間ならたぶん知っているが、もうあの手この手の昔からの悪の伝統的手法で税金を市会議員が詐欺して自分らで勝手に飲み食いだけでなく政治費用を捻出して山分けしていたものだ。 そうとう過去からのものだ。 そしてわたしの地元の神戸市でも同じ手口が暴かれて神戸新聞とNHKが連載物のように本件を追及しているのは、当たり前とはいえ最近のマスコミの隠ぺいが目立つ中で異色の連載報道となっている。 

これはまさに氷山の一角で、これの親玉が国会議員の政調費の実質ヤミ手当になっていることは国民大衆は誰も疑っていない。 東大阪市はこれで政調費なしでどうなるかはその経緯を見るのだろうけれどたぶん神戸市もそして全国の市長村の政調費も同じで、費目は分かれているが本質は国会議員と同じヤミ給与に違いない。 維新は時節柄そこを突いて一躍トップの公明の次の議席を獲得したが、同じ手合いで維新はこれを武器に党勢の拡大を図る構えであろう。

の東大阪市では公明も自民並みに染まっていて、地方でも維新と公明は犬猿の仲である。

しかしそんなことよりも、正すべきは国会が率先垂範すべきである。すべての悪弊の源流はそこだ。 市会や県会議員からすればなぜに国会議員だけがという思いが強いのは当選である。 

とにかく議員のこのことに対する甘い制度はまずは国政政党が櫂より始めるべきであると今までにも何度も言われてきたのに現状は直らない。 維新の会とかおおさか維新は前々からも公約に掲げたりはしているが未だしだ。 今度こそは本気になって野党として統一公約として来年の参院選に向けて身を削ることだ。  百の議論よりは身を切る一つの実行の方が分かりやすい。 民主はその中でも皮切りをすべきであるのにこういう時にさすがと言わせたことはない。 現下の反安保運動がいまも来年の参院選に向けて隠然と進む中で野党の

落ち目と言えどいまだ数では多い民主がこのことでも沈黙しているのは実に情けない。 維新の党でもおおさか維新でもなんでもいい、やはりこのことを国政ベースですぐに次の選挙に向けて公約化すべきだ、 大いなる政治効果を発揮するはずだ。

大阪維新も8年ほど前は橋下知事が府の公務員給与にメスを入れたのが、大阪市になってもそれを敢行して橋下人気の下支えをしてきた。 

やはり国政ベースで改革の先頭に立つべき民主はまずはここらあたりを切り口にすればこんごの展開も変わるだろう。 でないと市会・県会ベースの議員らの裏での不正行為は絶対に直らない。 政府はこのことに関してはいつも議員の立場の問題であり議員自らが判断することだと議員心理の低意を見透かして真剣には対応しない。 外国は知らないがこの政調費のまやかしは日本だけのものであろう。 カネに釣られて沈黙する日本の議会政治と日本の議員体質はみんなで渡れば・・・・の足元から不実な集団と化している。 本当に政治調査に関わるほどどんな政治活動をしているかは日頃の彼らの生態をみれば粗方分かる。 国民大衆の政治家に対する深層不満はとくにこんな不誠実にも起因している。 とにかくまずは我田引水、李下に冠を正さずである。 民主にその気概が少しも見えない。 やはりいっそ維新の党などとの新党もありではないか?   小さいものがバラバラでは話にならない。 政調費をターゲットにして自民を追い上げくらいの話題を撒かないではとても野党糾合はできない。 そのうえで選挙区調整と候補者調整がきっちり効けば巻き返しも本気で意味を成す。 野党再編に昔の橋下ブームをいまに取り返せと言いたい。

とにかく岡田の愚図はもうやらないのと同じで時間のロスだ。 ある意味国賊といってよい。 何のために政治家をやっているのかと言いたい。 もう口先屁理屈の極みである。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント