Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2015-03-31 17:23:30 | 日記

世のなかとんとん

ことしの末までに2%の物価上昇目標を達成できるとまたまた強調する。

● 日銀の黒田東彦総裁は28日、TBSのBS番組に出演し、物価動向に関して「秋以降、上昇率が加速していくと思う」と述べ、2015年度末にかけて2%の物価上昇目標を達成できるとの認識をあらためて示した。 余程原油下落による消費者物価指数の下押し圧力で日銀のインフレ緩和政策が腰折れになることが黒田リフレの名折れにでもなるというのであろうか?   とにかく原油が安くなることはいい事なのに違いないのだ。 それといまはそのあり難い神風のおかげで27日に発表された2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、原油安の影響を受け、消費税増税の影響を除くと前年同月から横ばいとなったのが気にどうでも食わないのかい?   もっと分かりやすく普通に国民大衆に理解が進む言い方をすべきだ。 景気が本格的に上向けば、つまりデフレを脱却すれば消費者物価が上昇するということを言いたいためだろうが、つまりそれは黒田リフレの完遂を言いたいのだろうが、ことしの末までに景気が軌道に乗るかどうかは黒田氏の単なる予測である。  何度も言うがそれがその通りであれば延期した消費税を約束通り上げるぞと言う半分恫喝でもあるのだ。 そんなことは日銀の越権行為だ。 それは政府が決めることだ。 小々あんたも増長しているのでは?  そんなことは為ってから言ってほしいもんだ。 仮に一時的にそうなってもそのデータのあとすぐに下降に向かうことが経済の怖さなのだ。 そんな頼りないダッチロール経済の下でまたまた消費税問題が湧き上がれば折角のゼロから浮上しかかった景気はまたまた水面下になるということで、去年の二の舞だ。 ここはじっくりと腰を落ち着けて政策の浸透具合を見つめるべきだ。 政府や日銀の功名争いなんてみっともないことだ。

それとみっともないと言えば20年度のPBの基準をGDP比で勘案しなおすというバカげたルール変更をバカ小役人が策謀しているようだがもうそんな小細工を弄する暇はない。 そんなことよりなぜにエンジンがもう少しぶっ飛ばないのかの考察に考えが及ばないのか?   そんなことを考えるとこの国のコアな力がどこかで欠けていることがこんな些細なことしか考えられないこの政府ではどだいもう先は知れていると思わざるを得ない。 だからダッチロールしかかっている中国のAIIB問題でもアメリカと日本だけの二人ボッチになっているのだ。 アメリカは自力もあるスーパー国家だ。 いつでもやりくりはできる地力もある。 日本はアメリカのポチである。 ドタバタせずにポチはポチなりの両睨みはご主人がそうしない限りじっとご主人の足下で佇んておればいいのだ。 そのまえに自分で出した赤字のクソの始末だけは自分で始末せぇ。よそのことに口出しするのはそのあとだ。 

黒田日銀氏もそんなことは安倍政府氏に直接面と向かって堂々と言え。 なにか奥歯に物の挟まったようにあなたの方向に向かってぶつぶつ言うな。

こんな調子では17年4月の消費税は危なっかしくて払える訳はない。

ほんとうはすくなくともゼロか以前の5%に戻しした方が景気は戻るよ。

財政赤字はもともと政府のダラシナイ政治運営で作ったものだ。 政府がケツを拭けばいい。 自業自得と思う。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

ことしの末までに2%の物価上昇目標を達成できるとまたまた強調する。

2015-03-31 07:27:50 | 日記

ことしの末までに2%の物価上昇目標を達成できるとまたまた強調する。

● 日銀の黒田東彦総裁は28日、TBSのBS番組に出演し、物価動向に関して「秋以降、上昇率が加速していくと思う」と述べ、2015年度末にかけて2%の物価上昇目標を達成できるとの認識をあらためて示した。 余程原油下落による消費者物価指数の下押し圧力で日銀のインフレ緩和政策が腰折れになることが黒田リフレの名折れにでもなるというのであろうか?   とにかく原油が安くなることはいい事なのに違いないのだ。 それといまはそのあり難い神風のおかげで27日に発表された2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、原油安の影響を受け、消費税増税の影響を除くと前年同月から横ばいとなったのが気にどうでも食わないのかい?   もっと分かりやすく普通に国民大衆に理解が進む言い方をすべきだ。 景気が本格的に上向けば、つまりデフレを脱却すれば消費者物価が上昇するということを言いたいためだろうが、つまりそれは黒田リフレの完遂を言いたいのだろうが、ことしの末までに景気が軌道に乗るかどうかは黒田氏の単なる予測である。  何度も言うがそれがその通りであれば延期した消費税を約束通り上げるぞと言う半分恫喝でもあるのだ。 そんなことは日銀の越権行為だ。 それは政府が決めることだ。 小々あんたも増長しているのでは?  そんなことは為ってから言ってほしいもんだ。 仮に一時的にそうなってもそのデータのあとすぐに下降に向かうことが経済の怖さなのだ。 そんな頼りないダッチロール経済の下でまたまた消費税問題が湧き上がれば折角のゼロから浮上しかかった景気はまたまた水面下になるということで、去年の二の舞だ。 ここはじっくりと腰を落ち着けて政策の浸透具合を見つめるべきだ。 政府や日銀の功名争いなんてみっともないことだ。

それとみっともないと言えば20年度のPBの基準をGDP比で勘案しなおすというバカげたルール変更をバカ小役人が策謀しているようだがもうそんな小細工を弄する暇はない。 そんなことよりなぜにエンジンがもう少しぶっ飛ばないのかの考察に考えが及ばないのか?   そんなことを考えるとこの国のコアな力がどこかで欠けていることがこんな些細なことしか考えられないこの政府ではどだいもう先は知れていると思わざるを得ない。 だからダッチロールしかかっている中国のAIIB問題でもアメリカと日本だけの二人ボッチになっているのだ。 アメリカは自力もあるスーパー国家だ。 いつでもやりくりはできる地力もある。 日本はアメリカのポチである。 ドタバタせずにポチはポチなりの両睨みはご主人がそうしない限りじっとご主人の足下で佇んておればいいのだ。 そのまえに自分で出した赤字のクソの始末だけは自分で始末せぇ。よそのことに口出しするのはそのあとだ。 

黒田日銀氏もそんなことは安倍政府氏に直接面と向かって堂々と言え。 なにか奥歯に物の挟まったようにあなたの方向に向かってぶつぶつ言うな。

こんな調子では17年4月の消費税は危なっかしくて払える訳はない。

ほんとうはすくなくともゼロか以前の5%に戻しした方が景気は戻るよ。

財政赤字はもともと政府のダラシナイ政治運営で作ったものだ。 政府がケツを拭けばいい。 自業自得と思う。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-03-30 19:31:16 | 日記

世のなかとんとん

国債をリスク資産とみなす議論が始まっている。バーゼル委・新たな規制案

●世界の金融当局者でつくるバーゼル銀行監督委員会で、銀行が保有する金利商品に追加で自己資本の積み増しを求める案が議論されている。金利の急上昇(価格の急落)リスクに備える新たな枠組みで、導入されれば国債や長期固定の住宅ローンを多く抱える邦銀は資本の積み増しを迫られる。資本増強の代わりに保有国債を売却すれば長期金利の急上昇を招く恐れもあり、メガバンクなどは議論の行方に警戒感を強めている。 国債がリスク資産にされると、損失に備えて銀行は巨額増資や融資縮小を求められる。銀行が増資の代わりに保有国債を大量売却すれば長期金利の上昇を招く。<日本国債は問題ないという考えは、もはや通用しない>と危機感ムキ出しだったようです」(自民党政調関係者)
そして、日本国債の信用力を担保するため、財政健全化に本腰を入れるよう安倍首相に強く迫ったという。国債暴落に踏み込んだ黒田発言は、市場に悪影響を及ぼすとして議事要旨から削除、出席者に箝口令まで敷かれた。

日本は本当にドルと心中一直線だ。
そして、その後をにらんで世界の王室・貴族系は水面下で何らかの金融システムを構想して動いている。

ドルと米国債を頂点とする既存の国際金融システムが崩壊した場合、その後も機能しうる国際決済システムの一つは「金地金」「金本位制」だ。ドルから金地金へのきたるべき転換を見越してか、欧州やBRICS(中露印伯南ア)の諸国の中央銀行は最近、金地金を買いあさっている。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

国債をリスク資産とみなす議論が始まっている。バーゼル委・新たな規制案

2015-03-30 08:59:31 | 日記

国債をリスク資産とみなす議論が始まっている。バーゼル委・新たな規制案

●世界の金融当局者でつくるバーゼル銀行監督委員会で、銀行が保有する金利商品に追加で自己資本の積み増しを求める案が議論されている。金利の急上昇(価格の急落)リスクに備える新たな枠組みで、導入されれば国債や長期固定の住宅ローンを多く抱える邦銀は資本の積み増しを迫られる。資本増強の代わりに保有国債を売却すれば長期金利の急上昇を招く恐れもあり、メガバンクなどは議論の行方に警戒感を強めている。 国債がリスク資産にされると、損失に備えて銀行は巨額増資や融資縮小を求められる。銀行が増資の代わりに保有国債を大量売却すれば長期金利の上昇を招く。<日本国債は問題ないという考えは、もはや通用しない>と危機感ムキ出しだったようです」(自民党政調関係者)
そして、日本国債の信用力を担保するため、財政健全化に本腰を入れるよう安倍首相に強く迫ったという。国債暴落に踏み込んだ黒田発言は、市場に悪影響を及ぼすとして議事要旨から削除、出席者に箝口令まで敷かれた。

日本は本当にドルと心中一直線だ。
そして、その後をにらんで世界の王室・貴族系は水面下で何らかの金融システムを構想して動いている。

ドルと米国債を頂点とする既存の国際金融システムが崩壊した場合、その後も機能しうる国際決済システムの一つは「金地金」「金本位制」だ。ドルから金地金へのきたるべき転換を見越してか、欧州やBRICS(中露印伯南ア)の諸国の中央銀行は最近、金地金を買いあさっている。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

 

コメント

世のなかとんとん

2015-03-29 18:22:12 | 日記

世のなかとんとん

日銀の実験は終了しました。 はやくリセットしましょう。

●もうまえまえから人工的インフレ製造は無理だと思っていたが、いまの日本経済の現状をつぶさに見ているとつくづくそんな横柄横着なことができる訳はないと思います。 あまりにも政治と経済のあるべき本筋から見てももう日本自体が異質な国になってしまっていることです。 これだけのウソを塗りたくって真実国民大衆を騙していてはそりぁ国民もアホでないから面従腹背にならざるを得ませんょ。 安倍首相もその意味では国民大衆を舐めきっています。 だから衆参予算委員会やほかの委員会を観てみるといかにエエ加減な質問と答弁をしてひどい八百長政治をしているかが分かります。 とにかくあまりな一強自民のいまは、麻生政権崩壊のあとの民主政権への期待した未熟の果ての自壊が恐ろしいまでの政治不信を国民大衆の胸に諦めを沈殿させた。 その後のアベノミクスは当時の日本の実態を押し隠して手品のように瞬きの目くらましインフレ薬をこの日本に薬物投与の人体実験に及んだのだ。 しかしながら政治の諦めに沈殿したこの国の国民はやはり半眼は目を開けて半眼は閉じて騙された格好は見せていたがやはりここにきて、政府と大企業の政財官のトリックを見抜いていたように笛吹けど半分しか踊らなかったようだ。 3-4日前に半年ぶりに安倍・黒田会談が行われたがこれは何度も言うようだが、二人のアベック二人三脚の終焉の始まりだ。 黒田は財務省の己の故郷に帰還した。 安倍首相はたぶんもう三回目のバズーカ砲は打てない。 頼んでも打ってもらえないと思う。 自分で政策を経済の好循環につなぐ当たり前の努力を強いられることだ。 いつまでもあると思うなバズーカとアメリカの支援だ。 それに国債環境が金融戦争を留める動きを加速させてきている。

新聞報道のエエ加減さでアメリカ経済のかなりな蘇りの強さも、実はそれほどのものでもないと言う。 やはり原油の政治的下落の影響はアメリカの新石油の強さを相対的に弱めてもいる。 総務省の15年1-2四半期GDPの推移がどうなるかは一つのメルクマールである。 総括すれば黒田異次元緩和実験は成果を挙げられなかった。 そして財務省の関心は17年4月の安倍政権に対する言い訳なしの消費税延期分の引き上げを有無を言わさず実行することだ。 安倍政権はこれで普通のことを普通にやることでもう手品は2度と使えない。 たぶんそのかわり今まで以上にウソを重ねるのは間違いない。 ほんとうは黒田効果以外は何にもしていないのだ。 国民大衆もはやく目覚めないとあとあととんでもないことに放り出される恐れが強い。 世界で日本が蚊帳の外になりかねない。 そんな手前勝手な実験よりも、普通のことを真面目にやることがいちばんだ。 浮利を得るようなこすっからしい騙しは一国の政府がやることではない。 それにしてもいまの世情は選挙の低投票率をみてもかなり一億無関心の危ない世のなかに向かっている。 その政治不在が大いに気になる。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント