Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2015-02-28 18:17:56 | 日記

世のなかとんとん

安倍首相、訪米に対ロ政策や歴史認識で波乱も

●ここ最近の中韓の対日批判報道は一時に比して落ち着いている。 しかし今年の秋ごろ以降は中国の戦勝国50年などの刺激的行事など、それに韓国のご招待参加などもあって毎年のごとく秋から冬にかけては北東アジアは政治の季節だ。 そしてロシアのプーチン来日の予定がどのように絡んでくるかは、4月から5月にかけての連休中の安倍訪米の中味にも関係している。  小生は最近の安倍政権の右派傾斜に鑑みこれ以上の右寄りは対米関係にも水を差すものと思う。 一つは憲法改正であり、もう一つは秘密保護法のこれからの運用の次第である。 この訪米時にアメリカは日本、とくに異例異質とまでは言えないがこの時期の安倍政権の本質の見極めのチャンスとみてもし議会での演説が取りざたされていることから興味を示しているし、きっと日本国内とはまるで冷めた見方で眺められると思う。 日本人が、アメリカ合衆国議会合同会議で演説する栄誉にあずかれないのと対照的に、韓国の大統領が演説の機会を得たのは、1954年李承晩、1989年盧泰愚、1995年金泳三、1998年金大中、2011年李明博、そして今回の朴槿恵で、合計6回になります。

アメリカ合衆国議会合同会議での演説は大変格式ある行事であり、オバマ大統領は「われわれの最も親しい友人のために取ってあるもの」と述べたそうですが、上位を占める各国の要人による演説回数は下の通りとなっています。

イギリス(8回)、フランス(8回)、イスラエル(7回)、メキシコ(7回)、韓国(6回)、イタリア(6回)、アイルランド(6回)、ドイツ(5回:西ドイツと統一ドイツの合計)、インド(4回)、カナダ(4回)、オーストラリア(4回)、アルゼンチン(3回)、フィリピン(3回)。

それに対して、アメリカ合衆国議会合同会議での演説する栄誉にあずかった日本の総理大臣は、これまで一人もいません。

同じ敗戦国であっても、ドイツやイタリアの要人は、何度も、アメリカ合衆国議会合同会議の演壇に迎えられています。

実は、小泉純一郎は、この栄誉にあずかる最初の日本人になる予定でしたが、靖国参拝で頓挫しました。 

 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

安倍首相、訪米に対ロ政策や歴史認識で波乱も

2015-02-28 12:17:43 | 日記

安倍首相、訪米に対ロ政策や歴史認識で波乱も

●ここ最近の中韓の対日批判報道は一時に比して落ち着いている。 しかし今年の秋ごろ以降は中国の戦勝国50年などの刺激的行事など、それに韓国のご招待参加などもあって毎年のごとく秋から冬にかけては北東アジアは政治の季節だ。 そしてロシアのプーチン来日の予定がどのように絡んでくるかは、4月から5月にかけての連休中の安倍訪米の中味にも関係している。  小生は最近の安倍政権の右派傾斜に鑑みこれ以上の右寄りは対米関係にも水を差すものと思う。 一つは憲法改正であり、もう一つは秘密保護法のこれからの運用の次第である。 この訪米時にアメリカは日本、とくに異例異質とまでは言えないがこの時期の安倍政権の本質の見極めのチャンスとみてもし議会での演説が取りざたされていることから興味を示しているし、きっと日本国内とはまるで冷めた見方で眺められると思う。 日本人が、アメリカ合衆国議会合同会議で演説する栄誉にあずかれないのと対照的に、韓国の大統領が演説の機会を得たのは、1954年李承晩、1989年盧泰愚、1995年金泳三、1998年金大中、2011年李明博、そして今回の朴槿恵で、合計6回になります。

アメリカ合衆国議会合同会議での演説は大変格式ある行事であり、オバマ大統領は「われわれの最も親しい友人のために取ってあるもの」と述べたそうですが、上位を占める各国の要人による演説回数は下の通りとなっています。

イギリス(8回)、フランス(8回)、イスラエル(7回)、メキシコ(7回)、韓国(6回)、イタリア(6回)、アイルランド(6回)、ドイツ(5回:西ドイツと統一ドイツの合計)、インド(4回)、カナダ(4回)、オーストラリア(4回)、アルゼンチン(3回)、フィリピン(3回)。

それに対して、アメリカ合衆国議会合同会議での演説する栄誉にあずかった日本の総理大臣は、これまで一人もいません。

同じ敗戦国であっても、ドイツやイタリアの要人は、何度も、アメリカ合衆国議会合同会議の演壇に迎えられています。

実は、小泉純一郎は、この栄誉にあずかる最初の日本人になる予定でしたが、靖国参拝で頓挫しました。 

 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-02-27 18:20:51 | 日記

世のなかとんとん

枝野氏「ほかの閣僚にもいろいろ問題ありそう」

●昨日の予算委員会で西川辞任大臣のあとをすぐに受けて特別に呼び出された

文科大臣の下村は安倍シンパのお仲間だ。 どうやらオリンピック関連もこれから含みで利権絡みの事前運動などが深く静かに潜航中を思わせる。

それにしてもだんだん明らかになってきている政治とカネにまつわる自民の

政治資金の回帰運動の兆候は以前にもまして安倍政権に群がる権益に政官財の昔風のスタイルに戻りつつある風潮が強くなってきている。 折角の政界刷新運動のための政治助成金のタガが緩んで、経団連や財界からの献金が続々復活してきて、カネの面から政治が曲げられつつあるのはその煽りが最近の続々として表面化するこの政治資金違反事件である。 まさに氷山の一角が期せずして表に出でてきている。 いまの自民がこういうことで先祖がえりしていることからして先行きの政界の浄化問題が政治の改革の古くして新しい問題となりつつあるのはゆゆしいことである。 政党助成金の根本意義を改めて問われなければならないとは慨嘆すべきことだ。 

またまた政治はその姿勢を一から問うべき時期にも立ち至っている。 巨大自民のこの弛みは実は国民がそれを許した責任、つまり選任責任と言わざるを得ない。もって瞑すべしだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

枝野氏「ほかの閣僚にもいろいろ問題ありそう」

2015-02-27 09:14:36 | 日記

枝野氏「ほかの閣僚にもいろいろ問題ありそう」

●昨日の予算委員会で西川辞任大臣のあとをすぐに受けて特別に呼び出された

文科大臣の下村は安倍シンパのお仲間だ。 どうやらオリンピック関連もこれから含みで利権絡みの事前運動などが深く静かに潜航中を思わせる。

それにしてもだんだん明らかになってきている政治とカネにまつわる自民の

政治資金の回帰運動の兆候は以前にもまして安倍政権に群がる権益に政官財の昔風のスタイルに戻りつつある風潮が強くなってきている。 折角の政界刷新運動のための政治助成金のタガが緩んで、経団連や財界からの献金が続々復活してきて、カネの面から政治が曲げられつつあるのはその煽りが最近の続々として表面化するこの政治資金違反事件である。 まさに氷山の一角が期せずして表に出でてきている。 いまの自民がこういうことで先祖がえりしていることからして先行きの政界の浄化問題が政治の改革の古くして新しい問題となりつつあるのはゆゆしいことである。 政党助成金の根本意義を改めて問われなければならないとは慨嘆すべきことだ。 

またまた政治はその姿勢を一から問うべき時期にも立ち至っている。 巨大自民のこの弛みは実は国民がそれを許した責任、つまり選任責任と言わざるを得ない。もって瞑すべしだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

世のなかとんとん

2015-02-26 16:30:54 | 日記

世のなかとんとん

止せばいいのに70年談話で墓穴を掘りかねないぞ。

●なぜに10年ごとに談話を改めるのだ。 もう村山・小泉で達意のはずだ。 なにか過去に新しい歴史の新発見でもあったのか?   両談話を全体として引き継ぎながらなにを加えるのだ?   勿体ぶっていてもどうせ何かを引き抜こうという魂胆が見え見えだ。 もし引き抜こうとするものが植民地支配と侵略という二つとすれば全体として引き継ぐことにはならない決定的なインチキまたは詐欺と言わるに決まっているそのことはそのまま血を流した傷として歴史に晒しておけばいい。 恰好が悪いからそろそろ剥がそうというのはこれこそ隠ぺいするキタナイ隠し事である。 歴史修正主義の汚点を残すことになる。 傷は傷として残すことにこそ意味がある。 なにを安倍はエエ格好するのだ。 じつに見下げ果てた奴だ。 とにかく何事も隠ぺいしようとするこいつは歴代のトップのなかでも許しがたい。 とにかく深い知性がないことは恥ずかしい限りだ。 未来に逃げて過去を塗り替えることは卑怯である。 過去を認めることで相手も信じるのであるし、相手にも翻っていえることもあるはずだ。

国と国の関係のみならず、言葉もあれだが、言ってることとやってることとに違いがあってはもう信頼は生まれない。 安倍首相は世界でもあまり信用されていないと思う。 原発は完全にコントロールされているのウソはひろく世界に広がっている。 だのに昨日今日も東電の重い高濃度の汚染漏れは露見して問題化している。 もうあれから4年も経っているのに。 あれだけ世界に大きな顔をしておいてこういうことには一言も発していない。 沙汰の限りだ。欧米の報道が湧きたっているのに日本の報道はわずかである。

じつに政権獲得後のこの人物の数々のすり替え、インチキ、情の無さ、言行不一致は国民大衆のみならず国際的にも今回のイスラム対応も含めてずいぶんメッキが剥げている。 もう今まではたまたま運のよく自己撞着も通りおおせてきたが、これからはみーんなが国内・世界が隙あらばと注視している。 今迄通りに何とか素通りで済まなくなってくる。 アゲインストに立ち至っている。 とにかく言ったこととやってること、やったことは合わせることだ。 じつにエエ加減でつじつまの合わないことを平気で横着横柄にしてきている。 これからはそうもいくまい。 談話問題はこのままなにも加えないし何も引かない。 言葉ではなく行動でそれを合わせてゆくことだ。 基本的にこの人物は軽薄で、喧騒だしウソつきでもある。 はなはだ、日本国民としては情けないし残念である。 日本がはなはだ軽躁な国に落ち込んで骨太の精神を失ってきている。

まるで藪にらみで卑屈に見えてきた

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント