Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

小泉に出来たことがアベには出来ない。この差は?

2018-06-15 13:04:16 | 日記

2018/6/15  (敬称は省略)

小泉に出来たことがアベには出来ない。この差は?

●自分で考えないことだろう。 神輿に乗ることで甘えの政治に馴れて本当の修羅場を経た経験がないことだろう。 普通の二世が辿る本当の苦節を経ていないからだ。 今回のように自分の好き嫌いで流してきたその拉致にしても、ひとつには小泉訪朝で取り戻したその後の帰国条件を履行しないでそのことだけで評判をとったある意味の安易なウソがまさに江戸の敵は長崎でと己が矢面に立たざるを得ない立場に内心戦いているのが正直なところだろう。 拉致の人道的な悪辣さを詰るのに己の悪法的と言えど約束違反の咎が自身に降りかかっていることには精神的に凹むのは当然のことだ。

加えてもっと大きく見ても歴史認識の俯瞰的立場で論理的に攻められればアベの頭の程度ではまったく上滑りで反論にもならないのはもうする前から勝負にならない。 先方が日本の朝鮮植民地政策のことに絶対に入るのは当たり前で、そのことと、拉致の仮に何十名を秤にかけて論破できるわけはない。 まずはやはり戦争責任も絡んでくるとすればいちばんはその謝罪から入るのが外交の入り口である。 こいつにその頭がないだろうと思うとまことに日本人として残念だ。 だからこの交渉はなろうことなら来年であるべきだ。  こいつは総裁選が頭によぎってとにかくカネと経済ではやく済まそうとするがそれでは仮に交渉が出来ても一人か二人の小出しでまずは長期の泥池に引きずり込まされる。  北はそこが付け目なのは誰が見てもあきらかだ。  時計の針は70年どころか1910年の日韓併合にまでは確実に遡るはずだ。  こいつはそのことの重みが頭が悪いから全然予想もしていないのでは?   だから人心一新でひとを変えないといけないと何度も言っている。 だから総裁選ではこいつは出せないようにせにゃならんのだ。  拉致家族もそこんところは含んでおいた方がいいと思う。 だからこんな前科者のアベよりは交渉人を人心一新することだ。  

https://www.facebook.com/?sk=welcome  

http://new-life-club.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小泉に出来たことがアベには... | トップ | 拉致解決済みでアベの対話作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事