Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

官僚の人事を政治が束ねるのは当然のことで正しいが・・・・。

2017-06-26 13:27:13 | 日記

2017/6/26  (敬称は省略します)

官僚の人事を政治が束ねるのは当然のことで正しいが・・・・。

●アメリカのように政権が変われば傘下の官僚たちも移動するということから見れば、日本の官僚連は政権移動があっても自分らの立場は変わらない。今まではその上に各省の次官人事までは各省任せで官僚の人事の裁量権は広いものだつた。次官が省内人事を握っていた。 そのことからすれば高級官僚の600人の人事を内閣人事局が握ることで人事に敏感な官僚たちが政権に及び腰となるのは致し方ない。 以前には官僚たちが増長して大蔵省などがノーパンしゃぶしゃぶの大顰蹙の増長増慢の振舞いが世間を騒がせた。どっちもどっちなんだ。 何度も言うようだが今回の官邸、実質は内閣府と文科省の醜い争いは、普通ならば怒りえなかった。許認可権を既得権益として握っている文科省が反対していたのだから絶対に認可されなかったところにアベが茶々を入れてこんな始末に問題を拡げてしまった。 とくに傷口を大きくしたのはアベの裏の汚い仕事師の羽生田の暗躍にある。脛に傷を持つこいつがいちばんのガンだ。上役の菅の黒子でダーティ役を引き受けてもう一人の悪漢の見るからにワル顔の山本創生相などが入り組んでなおも審議官なども加わったごった煮の悪のアベ一家の押し込み夜盗団と化していた。結局は、

世の中は天網恢恢疎にして漏らさず、いざ御用と相成っているのだ。

都議選の皮きりの第一声も外されたアベは都落ちの神戸三宮でこう弁明したそうだ。 加計以外のほかの多数も参入してもいいと思うと実質加計に己の関与を認めた。森友もそうだがきのうあのとんでも社長が皮肉を込めてわざわざ東京まで例の幼稚園の開校祝いとして渡した100万円の返金に来たという。まことにずっこけた話ではないか?   この都議選の間どこをほっつき歩くんじゃい?  

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント   この記事についてブログを書く
« AIの衝撃、藤井4段と対決して... | トップ | AIの衝撃、藤井4段と対決して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事