Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

プーチン大統領 北朝鮮問題でロシア排除されないようくぎ刺す

2018-05-06 11:49:22 | 日記

2018/5/6

プーチン大統領 北朝鮮問題でロシア排除されないようくぎ刺す

●ロシア・プーチンは大統領選挙を制して2024まで6年間もこれから居座ることになる。 どうせ選挙違反ギリギリのの管理選挙で強圧的になったことだろう。 

それが朝鮮問題にまたまた六か国協議の時代に思いを馳せて米国のはしゃぎぶりに刺激を受けて自国の関与を言ってきた。 元々が北朝鮮の生みの親の自負をいまも残しているのだ。 それにミサイル技術の北への伝授もあってとにかくロシアがしゃしゃり出てることは問題を複雑にする。 なるべくロシアの影響を排除しつつむしろ中国と折り合いを回復したからこその今回の南北融和と米国との象徴的な歴史的会談である。 その意味でロシアと日本はこの会談のあとに事後処理国として参加することが望ましい。 つまり6か国では纏まるものも纏まらない。 船頭多くして船頭船山に登るの愚はもう頂けないように今回は南北朝鮮と米国との長い相克をまずは纏めることである。

エサにあり付こうとする狼らはこの際しずかに待ての姿勢が望ましい。

ロシアが早速匂いを嗅いで近寄ってきていることは米・中・南北朝鮮にとってもよく注意したほうがいい。 日本は拉致がおおいなるトゲとなって無茶振りできないのはアベ政権の5年間の無策と不作為に尽きる自業自得に尽きる。ご家族には切歯扼腕の恨みが政府に募るのは当然だ。口だけでぜんぜんなにもしていないのだら。 あとあと北との二国間で本来はすべきものだ。

米国に頼むことは一国の外交交渉としては情けない限りである。 大人しく待ての恰好で対峙するしかない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« なにかもやもやした国政の雰... | トップ | プーチン大統領 北朝鮮問題で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事