Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

なにかもやもやした国政の雰囲気に派閥の陰の動きが喧しい

2018-05-05 21:49:44 | 日記

2018/5/5

なにかもやもやした国政の雰囲気に派閥の陰の動きが喧しい

●派閥の資金集め総会がしきりに来場者の数を増している。岸田の時は4000人、いまを時めく二階は5000人だとかの数字が躍っている。

岸田はもう後塵を拝してまずは実質負け犬になっているらしい。 そこに石破が忍び寄ってきている。 アベの包囲網は静かに縮まってきているのか?

今日も又、静かだった小泉がアベに吠えていた。 新潟では田中真紀子が角栄生誕100周年の記念を挙行。 息子と娘も出席して角栄の遺徳をしのびつつアベに対して明確に初めて口を極めて批判した。 いずれ娘息子・娘の出陣を思わせる雰囲気が濃厚か?  

国会では立憲が綾瀬の加計関係者との会合を半分認めて参考人招致に応じることで国会審議に応じるシンキㇰサだが回り出しそう。 これからも行けどもいけどもモリトモ・カケイはなおもつづくのか。 このボディブローにアソウの効き目がどこまでかが、アベの死命を制す。 将棋で言えば投了の前には違いない状況がもうかなりな確度で迫ってきている。

そんな中、外交でもアベのツキは悪いようだ。 必要のない無償のバラマキをまたまた続けている。 1000兆円の借金をまたまた積み上げるこの暴挙は

狂っている。 海外向けの原子力の販売で英国・トルコで物凄い予算の狂いで日立・三菱重工が会社自体がひん曲がりかけている。 そこになんと政府保証の無茶振りは政権の末期症状の惨憺たる姿。

経済外交でも大きな問題化で一体に何たることかと嘆かわしいざまを呈している。 

https://www.facebook.com/?sk=welcome

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« なにかもやもやした国政の雰... | トップ | プーチン大統領 北朝鮮問題で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事