Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

米株のアメリカンファーストは本震の?前震?

2018-02-04 05:25:41 | 日記

2018/2/3 (敬称は省略)

米株のアメリカンファーストは本震の?前震?

●from FRBイエレンto パウエルの初っ端で望まない早速のプレゼント。少し前から原油がちびちびと高くなってきたなと思っていたら今度はFRB議長のまさに交代の初日のプレゼントだ。富士川の水鳥のあれに似た突然の連鎖反応。やっぱりアメリカ人もダウの休みのない上昇にはあれよあれよで内心は手綱を引き締めに掛かっていたのだ。 史上6番目の下げだとさ。しかしそんな切実感はコインチェックで日本では吹き飛んでしまったようだ。 これも杜撰というよりは大きく急落したそのあとの紛失騒ぎでどうも調子が良すぎるしその翌日には大幅下がった時価でコインか現金で戻すと恰好のいいことで相場は急回復のあと早速金融庁の査察が入るといつ26万人に返却できるかわからないとの無責任返答。 頼りなさそうな学生風の社長の横の奴の方がぺらぺら勝手にしゃべってつまりはその筋の調査の国の役人が期限なしなのだと早速言っている。この実務担当の眼鏡のこいつはなにか胡散臭い奴に見える。 被害者もそれは薄々分かって被害者同盟を早速立ち上げたがすぐにはコインも現金も帰っては来ない長期戦だろう。 それもそうだが国の方もあまりエラそうなことは言えないぞ。今回のアメリカのまあ言えば小暴落も元を糺せは金利の跳ね上がりにその淵源がある。

金利が上がれば株は下がるは資本主義の古今の明言。 異次元のバラマキ国債で超低空というよりはマイナス金利に睥睨している日本国もいつ何時コインチェックや今回の米国株式暴落に見舞われるかも。 それはそうとして日本の黒田はもう再任と言うことだな。 今にほかのだれかに変われば・・・・そんなことはどう考えてもあり得ない。 出口はまだまだ先で光のかけらも見えないようだ。  古今の物理学の永遠の哲理の光の直進も重力によっては曲るのである。 あめりか株も無理に一直線にならなくても、多少息抜きをしながらこういう綾を何回かに分けてという方が混乱が少ない。 やはりアメリカの経済力のつよさが背景にあるからだ。少々の調整といっても流石にデカイ。

 パウエルは今年も3回くらいは利上げをするという。 日本はいまだ出口に

陰すらも立っていない。 だから黒田を離せない。アベは放してもどうってことはないが黒田はたまたま自分を首に出来ないようにややこしい難しい立場に追い込んでいるのはたまたまそうなったのか他にそれを出来る人物がいないからか?  それとアフターアベについて、岸田、石破、野田、河野とあるがどれもこれも帯に短しタスキに長しとなってきている。 国会でひたすら官僚の答弁原稿に食らいつく姿は早く国会に居たくないを体で表現している。

https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米株のアメリカンファースト... | トップ | 世界で旧いものから少しずつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事