Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

アメリカの司法に比べ日本はふんどし担ぎの体

2018-02-05 15:00:21 | 日記

2018/2/5 (敬称は省略)

アメリカの司法に比べ日本はふんどし担ぎの体

●日本は政権の下に置かれている。 もちろんアメリカもそうであるが、ドダイトランプのロシア疑惑の捜査を見ても司法省やFBIの抵抗ぶりは彼我の差を感じさせる。 もともと日本の三権分立という民主主義を教えたのは欧米先進列強であるからもともとが司法の先進国だ。 それにしても今に至る司法の有り体は最近のアベ政権においても隠微な増長増慢な手法でまさにアベの陰険体質を地で行く隠蔽さである。トランプもいろいろとロシア疑惑については完全に白ではないかもしれんが孤軍奮闘しトランプなりに表舞台で戦っている。

アベの森友、加計などをみると行政を隠れ蓑に司法の場に行き着く前に握りつぶすという人事圧力で握りつぶという官邸の悪辣さは歴代の中でも際立っている。まさに恣意的に行政を私的利用している。 内閣人事局の陰険な権力の拡大利用は飴と鞭の使い分けに堕して善悪の政治行政の区分けにまで浸透してしまっているのである。 この政権の胡散臭さは一重にアベの胡散臭い陰険性格に拠っている。 それにしても東京の最近の特捜部は早く獲物を挙げないと存在自体が疑われている。 官邸の人事操作に猫だましのクスリを嗅がされているのか?  さっぱり獲物を挙げていなくてもう10年位経つのじゃないか? 

それにしても岸田・石破・野田-最近の野田はもう軽すぎてイカン-・河野もお調子者 もうまさに帯に短しタスキに長しでお話にならん大不作だ。もう総裁選なんて茶番はやらないでいい。 時間の無駄だ。 それにしても岸田と石破はまるでだめだ。

アベにアソウがくっついて5年、一強ではなく二強と言うことなんだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で旧いものから少しずつ... | トップ | 見せかけの議院内閣制はそろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事