Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

卑しく膿んでいるアベ政治をはやく止める

2018-01-21 17:47:30 | 日記

2018/1/21 (敬称は省略)

卑しく膿んでいるアベ政治をはやく止める

 

 

 

●にやけた岸田がきのう久しぶりにTVで総裁選への出馬は熟慮してと例によってこの男のいつもの癖をシャベッテイタ。 数は力なり言うが数があるから其れによって起つ候補者がいちばん優れているとは決まっていない。 しかしそんなことは素人の暇なたわごとかもしれんが、少なくとも何をしたいのかは国民の為にはもっとも大切な関心事である。 政治を忖度の度合いまでに引き上げてバカみたいな陰険な少数管理監視政治を構築したアベ政治を少なくとも禅譲した小泉政治はそのあとに出来てしまったゾンビのような想定外の経済専一と言いながら、ほとんど米国の経済に支えられてその裏で国民経済の実質の改善を放棄した実質賃金の低下と将来世代に誠にリスキィな膨大な財政赤字の贈与をせっせせっと蓄積してしまったのである。その禅譲責任は実に重い。それに最近の原発即廃止は勿論賛成だが、ご自分が総理の時はそのことがわからなかったとは実に無責任の極みであるぞ。 そんな言い訳は普通は通らない。

 さて、経済データはいわばデフレ退治との大義名分で注ぎ込まれた空前のバブルにちかい空前の国債資金が市中に撒かれて5年間滞留している。これを真実とみたくないのに馴れてしまってもう振り返る癖も忘れてしまったようだ。 すべての架空上乗せ数字が当たり前にように判断基準になってしまっているが、世の中の真実はたった一つに結果的には収斂して新たな事実を現出する。 もう日本は戦後70年余、良きにつけ悪しきにつけ米国の支配下にある。 いままた米国は空前の論外のリスキィな大統領の下ある意味ダッチロールしながらも飛んでいるのが実態である。 もうそこでは日本は独自の国家運営は出来ていない。全ては米国と二人三脚でぎくしゃくしながらも歩みを続けてゆかねばならん。そんななか、まだしも経済運営では自裁の余地のあるとはいえ、本当にいまの経済の中身に日銀はその財政の裏付けと資金の引き締め正常化に自信があるのであろうか?

そのことがもう一番の懸念関心事である。どうみてもきのうの岸田のにやにやとこの男のいつもの、かくぜつの悪い物言いは実に頼りなさそうだ。 そういえば石破もさらに岸田に輪をかけて一時よりは遠い感じをしている。推薦人の20人に一人足らない状況とも漏れ聞く。

アベにさらに三選させることはさらにこの国の未来に影て隠れてする悪辣憲兵政治と御多分に漏れない自民伝統のカネ二まつわる汚職をゆるすことになる。 これもいちばんしてはならぬ最悪の選択でもあるし、今日の事態を招いた実行責任はそんなに軽いものではない。 そうなると財務省と経済産業省の官僚軍団を新総理がいかに自分の考えで手綱を絞り切れるか、その采配をうまく託せるかだ。そういう使う能力の有無によることでも政治はいいのだ。 アベのように下手な鉄砲の数打ちゃ当たるのもう思いつきの、エエカッコシイのその場その場の対処療法政治ではだめなことはこの男のいろいろな悪事の露呈で明白だ。 政治を遊んでいる不埒なやつだ。

河野も大穴だが、わたしは野田女史は肝っ玉母さんの、なにか太いとろが・・・と思ったりもしている。 そんななか日本はオンナでいままでことごとく大失敗している。じつにこの際は言われてから20年ちかくなるので、小渕から始まって、最近の小池まで数えてみても両指では足りないくらいで待ち遠しい。 肝っ玉母ちゃんの野田オネェなんかは意外と大穴?  なにか頼れるし、アベみたいにお調子ものではないし、陰険増長増慢の卑しい奴でもなさそうではないか? 

推薦人もことしはクリアしているのはご本人が明るく笑い飛ばしいるので大丈夫。

https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 卑しく膿んでいるアベ政治を... | トップ | 自裁した西部というひと。 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事