Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

政党助成金でサラリーマン・フニャフニャ議員ども

2018-01-23 22:39:43 | 日記

2018/1/23 (敬称は省略)

政党助成金でサラリーマン・フニャフニャ議員ども

●もうこれだの官邸主導政治をみているともう政党というものの存在感は実に薄くなっている。 それによく見ると議員どもに暇があり過ぎて不倫とか良からぬ金儲けに勤しむ与野党を問わずの給与タダどりの奴らが多すぎる。 だから週刊誌ネタをせっせと生むのだ。 そういう意味ではもう与野党ともに議員階級の身分制ともいえる仕事をしない仕事人を政治が生み出している。 とくに今は不埒な国会軽視のアベがおるので国会を開くことに自分の所為で都合が悪いので尚更文句をつけて本来の義務を果たさないで給与のタダどりを目論んでいる。 忖度の悪弊にタダ乗りして自分らがさらに楽をしているのだ。 その原因に野党の連中の作為的ともいえる国会軽視もそれを助長しているのだ。

議員の定数削減、広域行政へのアプローチ、たとえば道州制のはやい実現、そしてつまるところは小選挙区制の廃止と競争原理を再興して以前のような中・大選挙区制への回帰もあってもいいのではないか?   要は議員同士の切磋琢磨の為の緊張感がいまは無さすぎる。 ただ政党助成金はいまの半分以下に減らすことも思考すべきかも。 とにかくあまりにも今の議員を見ていると遊び半分の腰掛議員が多すぎる。 歴史は繰り返すはまさに正しい。

https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自裁した西部というひと。 ... | トップ | 店舗での無人決済導入開始 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事