Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世の中トントン

2018-11-11 10:35:18 | 日記

Bizdoor

2018/11/11  (敬称略)

世の中トントン

●橋下と小沢の水面下の話し合いがマスコミでチラチラと見かける。 来年の野党連合の下打ち合わせと大方は推し量る。 噂になって半年くらいだ。 いずれ来年の少なくとも4月くらいまでには具体的な形が見えないと夏の参院選には間に合わない。 この年末から各野党と陣営と協調関係がポイントになる。

そのときには国民民主とのタイアップの可否がどうなるかは微妙で

国民との協調がここまで立憲が強く拒否反応がでていると今後の野党連合の進め方にも基本的な修正を加える必要性は高まる。

もう同床異夢のごたごたはうんざりだ。

そんな中、こういう現状を小沢はなんども経験済みだし、橋下も大阪の経験からまずはこのことの前提の新たな変更のかじ取りが当面の課題であることは間違いない。 究極は立候補者の交通整理を各野党がどこまで大義に向かって協調姿勢の苦い薬を飲み込めるかだ。 野党第一党の立憲の枝野がどうあってももう一度政権を覆して、先の民主党政権の失敗を経験したそのマイナスをどうでもプラスに復元したいと最近の述懐は経験したものでしか言えない真実を伝えているが、まずはその点があまり前面に出ないように野党連合のまとまりを最大限のターゲットに譲るべきである。 与党の投票総数よりは野党連合のそれの方が勝っているのにこれほどの長期政権を許している非算術的な非合理はもう馴れというにはあまりな怠慢である。有権者を粗末にする死に票はなとしても減すべきだ。

 市民・国民へのせめても長い悔恨を是正して今度こそは揺り戻しの期待とかという棚から牡丹餅の僥倖よりは知恵と協調で勝ち取ることを念頭に本当の意味で政権交代の可能なやり方を学んでほしいものだ。 おそら小沢にしても今回が最後に近い政治軍師のチャンスであろう。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの気概を見せてほしい。 橋下にはいずれの地方の活性化のための本当の意味の日本再生のための道州制を目途に

この野党連合を育成してほしいものだ。 地方創生なんかよりはやはり地方行政の合理化に過ぎるものはない。 いまの与党では無理である。

政治の重層的無駄の排除はもう待ったなしだ。

税の軽減にも繋がることだし、何よりも市民・国民の声が国政にも届くスビードが早い。

 

https://www.facebook.com/kdouman

コメント