Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世の中とんとん

2018-09-22 18:51:58 | 日記

2018/9/22-22 (敬称は省略)

世の中とんとん

② 内閣改造のチョイ見せ興行が始まっているが、それがその通りのものであればいつもに増してそのままの大所は滑り台人事に違いない。 ともあれ三下奴で当選6や7でも目の前を匂いだけを嗅がされるウナギ議員は働きかた改革をわが身に降りかかる論功行賞に血眼だが、派閥の親分の力が昔ほどないだけに勢い官邸に目が行くこの季節が月末まで続く。 石破Gに対する処置はつまりはアベが最終判断するが、アソウみたいな感情的極端者にアベがまたしても忖度させられれば、やはりこの内閣は一見アベ一強に見えても3か4頭の

実質周辺のストロングマン身内有象無象の政権が本当の姿ではあるまいか?   3選を通じて今回はその意を強くした。 とくにアベが少なくともアソウに又しても表向きは別にしてもアソウの強引な上から目線の市民不在の粗暴な独りよがりの発言はアベを凌ぐ政権のイメージを壊す悪イメージだ。 森友の昭惠の異端的行動を今もアベに請求書を突き付けての貸借勘定からくるものだろう。 一方のアソウはアベに消費税2回の延長を暗に貸方勘定として計上、昭惠の借り方と差引する。 一方のアベは昭惠の借り方勘定に加えて財務省の改ざんなどの省内不行き届きのアソウのマイナスを貸し方勘定として相殺清算すればアベは差引1ポイントの借り方になるのでアソウはアベには強腰なんだろう。 そんな貸し借りは市民国民には勿論関係ない。 アホ・アソウはアベにはそういう意味では遠慮はない。 アベ政権の一強には例えばアソウとはそんなことがあり、菅にも、二階にもある筈なんだろう。 アベの3-4頭馬車政治が今回の3選の結果でモロに表面化するはずで、アベの指導力は全体に以前より低下は免れない。

しかしその方がアベにはプラスに働く筈だ。 もう勢い込んでの無茶なことをしてまで強い内閣を作る必要もないことをいくら何でもアベは悟ったはずだ。

智に働けば角が立つことの意味をこの御仁やっと理解したのだろう。

その点で見ればいまだ大きな声で辛気臭い顔をしてどや顔を突き出すアソウはもう人間的にはアベの格下にきっちりと囲い込まれて治めないと自民内は混乱するのは必至だ。 4人のカレーライス食い逃げ事件の探索どころではあるまい。

 政治的立場の本当の意味合いを理解したアベはその分石破派の扱い方で踏み絵を踏む判断だけは避けられない。 それがつまりはアベの宿命的総理総裁のしごとだ。 総理総裁の本当の仕事はそんなことだけがたいせつなんだ。 いらトップ政治なんて言ってもたとえば今度の訪米にはトランプとのゴルフはすでに外されたという。 それはそれでよろしい。 訪中で習とあらたな天安門の内部巡りでゆっくりと中国文明の匂いを嗅げば歴史に弱いアベの教養のレベルが上がるかもしれない。 拉致も中国を通じて思わぬ展開が。  トランプとの握手やゴルフがないのもある意味結構なことだ。 そういう意味のアベお得意の猫だましは誠に結構だと思うんだが。  そういう俯瞰する外交で市民の見方を楽しませるのも新思考外交ではと思うが。

 

①   今回文科省の次官が更迭された。 なんとも想像外の風体のオトコだ。

まるで官僚には見えない知的外の風体だ。 見方によればやくざの親分にも見える。 またそれを発表した林大臣もじつに肥満型の今どきのビジュアル時代から程遠い。 文科省はもうその前々から問題省として前川次官も含めて官僚村のある意味問題巣屈だ。  やはりこれは文部と科学の違う体質の両省を無理にくっ付けたその沿革をもう一度再検証すべだ。 まさに厚労省と同じ問題を共有している。 あえて行政の見直しと効率化に加えて組織の抜本的改革をすべき時期でないか?   その根底には次官は一人と言う人事問題が横たわっている。 最近の行政の問題化の水面下には官僚たちの人事、派閥による不満人事が横たわっている。 悪事の表の根源をお掃除するのが政治の役目だ。 政治家だけが人事に鵜の目鷹の目の合間にそれにつき合わせられる官僚たちにも目を向ける必要がある。 彼らが政治家の真似に興じる最近の風潮は結局は行政の力を歪めて政治に跳ね返る。 官僚には官僚のあるべき道がある。 ここを外しては結局困るのは政治である。

いずれにしても文科大臣は強力なひとを据えるべきだ。 林はいずれは総理と目されたがやはり参院出身の弱さで途中でレースからとっくに外れた。

今の彼は仕事中にスポーツクラブかどこかでオンナマッサージにうつつを抜かすほどに落ちぶれた。 更迭のナンバーワンだ。

ひとを更迭している分際ではない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント

世の中とんとん

2018-09-22 09:21:26 | 日記

2018/9/22-1 (敬称は省略)

世の中とんとん

①   今回文科省の次官が更迭された。 なんとも想像外の風体のオトコだ。

まるで官僚には見えない知的外の風体だ。 見方によればやくざの親分にも見える。 またそれを発表した林大臣もじつに肥満型の今どきのビジュアル時代から程遠い。 文科省はもうその前々から問題省として前川次官も含めて官僚村のある意味問題巣屈だ。  やはりこれは文部と科学の違う体質の両省を無理にくっ付けたその沿革をもう一度再検証すべだ。 まさに厚労省と同じ問題を共有している。 あえて行政の見直しと効率化に加えて組織の抜本的改革をすべき時期でないか?   その根底には次官は一人と言う人事問題が横たわっている。 最近の行政の問題化の水面下には官僚たちの人事、派閥による不満人事が横たわっている。 悪事の表の根源をお掃除するのが政治の役目だ。 政治家だけが人事に鵜の目鷹の目の合間にそれにつき合わせられる官僚たちにも目を向ける必要がある。 彼らが政治家の真似に興じる最近の風潮は結局は行政の力を歪めて政治に跳ね返る。 官僚には官僚のあるべき道がある。 ここを外しては結局困るのは政治である。

いずれにしても文科大臣は強力なひとを据えるべきだ。 林はいずれは総理と目されたがやはり参院出身の弱さで途中でレースからとっくに外れた。

今の彼は仕事中にスポーツクラブかどこかでオンナマッサージにうつつを抜かすほどに落ちぶれた。 更迭のナンバーワンだ。

ひとを更迭している分際ではない。

https://www.facebook.com/?sk=welcome       http://new-life-club.com

コメント