Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

自民党内でのアベに対する改憲・風見鶏ムードが・・・・・。

2017-12-21 15:07:10 | 日記

2017/12/21 (敬称は省略)

自民党内でのアベに対する改憲・風見鶏ムードが・・・・・。

●自民党憲法調査会での改憲の動きが年内取りまとめを敢えてしないで来年に先送りしたことで、アベの思惑に掉さす動きと捉えられている。 いま改憲の国民の支持率は自民党の調査では49%とされている。 これではいずれ国民投票をしても、日本国憲法第96条では、憲法改正の手続きについて、「国会で衆参各議院の総議員の3分の2以上の賛成を経た後、国民投票によって過半数の賛成を必要とする」と定められている。 これは思えば大変なバーである。

この憲法を作った先人の知恵の2/3というのはエライ。 アベが如き気ちがいをよくぞ72年も前に想定して見通していたのだ。

このことから先行きについて敢えてアベに忖度する必要のないムードが此処に来て霧のごとく漂い始めてきているのだ。 自衛隊をこの時期に軍隊として憲法に明記する必要性の根拠はすでに現実に馴染んでいることからして、敢えていま何が何でもこのとくに緊迫している北東アジアの安保状況に更なる火に油を注ぐ愚の必要はないとの態勢がようやく漂い始めたことにあると言える。 

中国の習体制の対日宥和政策への兆しが仄かにでも見える中、対北朝鮮に対する圧力を少しでも緩和・軽減のための糸口を探る意味でも、アベの米国に袖の下での外部、特に北に対するアカンベェ―の圧力!圧力!の小人のアホ面そのものの掛け声は、拉致政策の完全放棄を意味する愚策であり、北をさらに向うに追いやる人でなしの無情な悪政である。 

そんな中で、アベの陰険な火事場泥棒に似たいままでの

卑劣な秘密裏の権益取込み政治は、森友加計に加えてスーパーコンピューターに纏わる口ききとか大手建設5

社のゼネコン談合は東京特捜の強制立ち入り検査を受けてアベとこの4社トップの会食の事実もあり、もう裏の顔ききのアベはもう乱食気味に立ち至っている。 こんな奴が米国の僕に成り下がって国益を云々する表の顔との使い分けはもう許せないのだ。 いかなアホ自民の平和ポケ議員もこのままでは国民の本当の逆鱗に触れるとの原点回帰にやっとこさ気付き始めたのだ。 

いま二階がそろそろ安倍との対峙にやっとこさ向い始めた。 来年の総裁候補に小泉進次郎を本格的に立ち上げる腹を固めつつある。 アベは二階を信用していない。 来年のちかい先で二階・マングースとアベ・ハブの珍見ものが始まると思う。 もうアベの表裏利権巣屈の官邸に二階の老いの剛腕卜伝必殺剣の秘儀が襲い掛かる。 そして晴れてホワイトナイトが有象無象を消し散らかしてのご登場だ。 そこには2度目の崖から飛び降り損ねて首の骨を折った小池の無残な躯が捨て置かれていた。 そしてその傍に新しくアベ・ハブの忌まわしい鬼気迫る骸が並んで醜く。

https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加