Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世の中はなんとも因果なことがある

2017-02-24 23:51:53 | 日記

2017/2/24  (敬称は省略します)

世の中はなんとも因果なことがある

●東芝、傘下の発電事業を220億円で売却、福岡県の石炭火力事業を220億円で売却(2/24)、WHに米破産法申請も選択肢原発事業の再建急ぐ (2/24)「東芝メモリ」4月発足(2/24)半導体メモリー事業の承継会社設立、東芝の生体解剖の惨。残る働く人のためにも生きよ。前言悔い革む。それにしても東芝の油断は日本のそれに通じる気脈を感じる。世の中、知らず知らずに世のなか時とし視野狭窄に知らず知らず陥るということの怖さ。自民の横着横柄の裸の王様ぶりが随所に。このままこの政権が続くわけはない。日本の右傾化はアメリカによって窒息させることが一番の処方箋。間違った軍国日本の再来ならば日本はアメリカの属州ででも無生き残るほうが人民には苦役から逃れられる。一億総玉砕の愚をまた再び繰り返す愚かさは結局は歴史を学ばない反知性の然らしむるところである。アベもトランプも読書しないでTVばかり見る大いなる欠点を糺すべきだ。相手を責めるばかりでなく自分の内なるものに尋ねないと知性は育たない。

コメント