Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2015-12-25 17:14:46 | 日記

2015/12/25 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

技術大国ニッポンに陰り?  

●三菱航空機のジェット新型機の納入が主翼の強度の不安から先延ばし、それと同じく三菱重工業の長崎造船所の受注していた世界的な観光船でも納期遅れから巨額の弁済金発生の事由があるとの前に報道をみた。 とくにジェット機は最近お披露目ですごい国産機のYSに続く期待されたものだ。 一方で日本のロケット打ち上げは、はじめは失敗続きだったが、最近はほとんど安心して見ていられる。  われわれ素人にはなにが強くてなにが弱くなっているのかはよくわからない。 しかし良くも悪くも突き詰めてゆけば要は人間が作るわけだ。 時代の変遷に伴って技術者の時代のやりたいターゲットも変わるはずで、新時代の分野には新しい頭脳と資金や環境が用意されるのは致し方ない。 先に述べた観光客船の納期の遅れは膨大な作業の中での客室の内装工事の火事が引き金になったという。 そのことから積み上げたスケジュールの管理が全体を狂わせて納入時期の大幅な遅延が原因になったという。 あの三菱がそのために何千億という損害を計上してこんご日本では観光船のような緻密で難しい受注は、現実にはもう三菱がだめならば他でもできないと言われている。 われわれど素人から見ればそれならばそれこそ頑張れば…・と思うが、もう実際の現場では技術の継承とかの面から見ても相当なギャップなどの問題があるという。 戦前の戦艦武蔵や大和などは国家的プロジェクトであり、いまの民間がやるのとはそろばんのはじき方が土台違うのだ。 いまのロケットも国家が後ろ盾で相当のバックアップがあってこそだろう。 これほどのロケットの成功があっても商業衛星としてみれば、競争的にはアメリカや欧州諸国と互角以上にはまだそろばん面でも戦うのは大変らしい。 

そのことを思えば敗戦後の日本の驚異的な復興再生はそれこそ草莽の民間から

萌え出たことを忘れてはならない。ソニー、松下、本田など枚挙に暇はない。 いま日本に足らないのはそのことである。

政治も経済もみーんな政府に負んぶに抱っこだ。 政治も形だけで形式的な似非民主主義で我欲に取りつかれた既得権益グループの跋扈、経済にしても官製相場と言われて本当の価格形成よりは官の絡んだ公的機関が腕力で捻じ曲げて本当の価格は隠れてしまっている。 その意味でどさくさに紛れていま自民党政権は盲目の独裁に成り上がってしまっている。 巨大な既得権益グループが日本を乗っ取っているのだ。 やはり日本の成長のためには民間の創意工夫と自由な発想を助けるあの高度成長時代の自由闊達な民間活力を取り戻さないといけない。 それは上からでは絶対に成功しない。 安倍政権の啓蒙的独裁主義は端から民間の自主的やる気を阻害している。 地方再生や一億総が目立って成果を挙げ得ないのはそこらあたりに原因がある。もっと正直に言えば政府を信用していないからだ。 冒頭における技術の日本の陰りも文書主義に汚染された政治の行き過ぎが、民間を甘やかしすぎと既得権益による事前の競争排除のイレギュラーがそういうひ弱さを招いている。 日本に蔓延する一部の既得権益グループがあらたな行政との癒着が以前からの古い岩盤と結びついて政治の透明性をさらに低くしてしまっている。

その意味で日本の病根はここにきて深まってこれをいかにして取り除いてゆくかに尽きる。 

政治はそのためには民間の活力吸い上げに助力すべきで、仮にも自らが中心ではなく、その誘い水の役割に徹すべきだ。 そしてできないことを言わないでちょっとしたできたことを大げさに膨らませてはいけない。 つまりは広報の

公平公正を担保して間違ってもこれを規制したり圧力をかけては民間の自由闊達な活動の邪魔になるのだ。 要は政府は行政のサービス機関である。 奉仕機関なのであって、権力を行使して圧力を掛けるのは間違いである。 

ましてやその権限を自らの既得権益に誘うために使役するのはもってのほかの乱用なのだ。 安倍政権はサービス行使のための国家の権限を政権のために乱用するケースが目立ってきている。 司法にもその恐れが波及してきている。 懸念すべき現象だ。 そのことを逆に利用しているのは許されない権力の捻じ曲げだ。

国民大衆に服務するという政治の大原則は国民大衆を啓蒙指導すると読み替えては間違いである。 どうも安倍はそこらあたりが全く知性が欠落していて無学であるし指導者として失格だ。 

大番頭である谷垣の頼りなさそうな迷惑顔を見るたびにこんな暖簾の先行きに

大いなる疑念を払しょくできない。  日本の強さの一角の技術力も国家がバックアップする一部の先端領域だけで、平均のレベルは物凄く低下している。

もうここで新幹線に何かあれば日本の安全技術神話は終焉だ。

以って瞑すべしだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

技術大国ニッポンに陰り? 

2015-12-25 09:34:13 | 日記

2015/12/25 (敬称は省略します)

技術大国ニッポンに陰り?  

●三菱航空機のジェット新型機の納入が主翼の強度の不安から先延ばし、それと同じく三菱重工業の長崎造船所の受注していた世界的な観光船でも納期遅れから巨額の弁済金発生の事由があるとの前に報道をみた。 とくにジェット機は最近お披露目ですごい国産機のYSに続く期待されたものだ。 一方で日本のロケット打ち上げは、はじめは失敗続きだったが、最近はほとんど安心して見ていられる。  われわれ素人にはなにが強くてなにが弱くなっているのかはよくわからない。 しかし良くも悪くも突き詰めてゆけば要は人間が作るわけだ。 時代の変遷に伴って技術者の時代のやりたいターゲットも変わるはずで、新時代の分野には新しい頭脳と資金や環境が用意されるのは致し方ない。 先に述べた観光客船の納期の遅れは膨大な作業の中での客室の内装工事の火事が引き金になったという。 そのことから積み上げたスケジュールの管理が全体を狂わせて納入時期の大幅な遅延が原因になったという。 あの三菱がそのために何千億という損害を計上してこんご日本では観光船のような緻密で難しい受注は、現実にはもう三菱がだめならば他でもできないと言われている。 われわれど素人から見ればそれならばそれこそ頑張れば…・と思うが、もう実際の現場では技術の継承とかの面から見ても相当なギャップなどの問題があるという。 戦前の戦艦武蔵や大和などは国家的プロジェクトであり、いまの民間がやるのとはそろばんのはじき方が土台違うのだ。 いまのロケットも国家が後ろ盾で相当のバックアップがあってこそだろう。 これほどのロケットの成功があっても商業衛星としてみれば、競争的にはアメリカや欧州諸国と互角以上にはまだそろばん面でも戦うのは大変らしい。 

そのことを思えば敗戦後の日本の驚異的な復興再生はそれこそ草莽の民間から

萌え出たことを忘れてはならない。ソニー、松下、本田など枚挙に暇はない。 いま日本に足らないのはそのことである。

政治も経済もみーんな政府に負んぶに抱っこだ。 政治も形だけで形式的な似非民主主義で我欲に取りつかれた既得権益グループの跋扈、経済にしても官製相場と言われて本当の価格形成よりは官の絡んだ公的機関が腕力で捻じ曲げて本当の価格は隠れてしまっている。 その意味でどさくさに紛れていま自民党政権は盲目の独裁に成り上がってしまっている。 巨大な既得権益グループが日本を乗っ取っているのだ。 やはり日本の成長のためには民間の創意工夫と自由な発想を助けるあの高度成長時代の自由闊達な民間活力を取り戻さないといけない。 それは上からでは絶対に成功しない。 安倍政権の啓蒙的独裁主義は端から民間の自主的やる気を阻害している。 地方再生や一億総が目立って成果を挙げ得ないのはそこらあたりに原因がある。もっと正直に言えば政府を信用していないからだ。 冒頭における技術の日本の陰りも文書主義に汚染された政治の行き過ぎが、民間を甘やかしすぎと既得権益による事前の競争排除のイレギュラーがそういうひ弱さを招いている。 日本に蔓延する一部の既得権益グループがあらたな行政との癒着が以前からの古い岩盤と結びついて政治の透明性をさらに低くしてしまっている。

その意味で日本の病根はここにきて深まってこれをいかにして取り除いてゆくかに尽きる。 

政治はそのためには民間の活力吸い上げに助力すべきで、仮にも自らが中心ではなく、その誘い水の役割に徹すべきだ。 そしてできないことを言わないでちょっとしたできたことを大げさに膨らませてはいけない。 つまりは広報の

公平公正を担保して間違ってもこれを規制したり圧力をかけては民間の自由闊達な活動の邪魔になるのだ。 要は政府は行政のサービス機関である。 奉仕機関なのであって、権力を行使して圧力を掛けるのは間違いである。 

ましてやその権限を自らの既得権益に誘うために使役するのはもってのほかの乱用なのだ。 安倍政権はサービス行使のための国家の権限を政権のために乱用するケースが目立ってきている。 司法にもその恐れが波及してきている。 懸念すべき現象だ。 そのことを逆に利用しているのは許されない権力の捻じ曲げだ。

国民大衆に服務するという政治の大原則は国民大衆を啓蒙指導すると読み替えては間違いである。 どうも安倍はそこらあたりが全く知性が欠落していて無学であるし指導者として失格だ。 

大番頭である谷垣の頼りなさそうな迷惑顔を見るたびにこんな暖簾の先行きに

大いなる疑念を払しょくできない。  日本の強さの一角の技術力も国家がバックアップする一部の先端領域だけで、平均のレベルは物凄く低下している。

もうここで新幹線に何かあれば日本の安全技術神話は終焉だ。

以って瞑すべしだ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント