Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2015-12-12 18:46:48 | 日記

2015/12/12 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

憲法改正に賭けた官邸の軽減税率の捨て扶持

●すべてはこの一点に収斂して官邸ははじめから物見高を決め込んでいた。 

 生鮮食料品に加えて加工食品までを含む大筋合意の後、さらに外食も踏まえることも決まったが、これこそクリープのないコーヒーなんての話とおなじで、もう口に入るものはついでにすべての勢いである。 交渉事は底が抜けるとこんなことにもなる。 しかしこれは素晴らしいことだ。 もういわゆるごちゃごちゃした線引きなんぞなしになれば、一切のそのことに関わる事務雑務から解放される。 そんなやり方になれば隠れたマイナス費用は国家的にはいちど財務省に計算させればいい。  こんなどさくさに国家公務員の給与とボーナスをすでに引き上げした。 そのことには口にチャックをしておいて、今に及んでも財源をどうするとか言い募っているのはもう漫画の世界だ。 財務官僚の劣化と浅ましさはもう恥さらしの極限にまで至っている。

いまも折角の伸びた税金をあてがうとの意見についても減ったらどうするのだと屁理屈だけは一人前。 とにかく口に入るものはすべて対象にするということがこの際一番の分かりやすさで説得力がある。 

さて高みの見物の官邸のすべては憲法の為という思惑は取らぬ狸の皮算用にもなり兼ねない。 しかしながら消費税率を8%から10%に引き上げた場合、税収は約5・4兆円増える。 この増税分は、国の借金となる国債発行に頼る比率を減らしつつ、社会保障予算に使うことが決まっているが、ここへの切り込みの政府の努力は安保法制と比べてもユルユルの裁断である。 全体の予算の整合性、整理整頓から見る仕事が本来の政府の仕事である。 それと憲法改正を結びつけることは別のことである。 安倍はこういう方便政治の常用が

多すぎる。 物事の本質を別々にしないで何でもかんでもごった煮で考える。

本来この軽減税率は政府も体を張って対峙すべきことで、いつも難しいことから逃げる安倍の姿勢は厳に問われるべき責任回避なのだ。 それだけにこのオトコ信用ならん。 公明もこのことと憲法の両てんびん取引めいての要らぬ懐を探られぬようにしておかないと、もう早速次は憲法と底の抜けた取引に引き込まれるぞ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント

憲法改正に賭けた官邸の軽減税率の捨て扶持

2015-12-12 08:01:14 | 日記

2015/12/12 (敬称は省略します)

憲法改正に賭けた官邸の軽減税率の捨て扶持

●すべてはこの一点に収斂して官邸ははじめから物見高を決め込んでいた。 

 生菜食料品に加えて加工食品までを含む大筋合意の後、さらに外食も踏まえることも決まったが、これこそクリープのないコーヒーなんての話とおなじで、もう口に入るものはついでにすべての勢いである。 交渉事は底が抜けるとこんなことにもなる。 しかしこれは素晴らしいことだ。 もういわゆるごちゃごちゃした線引きなんぞなしになれば、一切のそのことに関わる事務雑務から解放される。 そんなやり方になれば隠れたマイナス費用は国家的にはいちど財務省に計算させればいい。  こんなどさくさに国家公務員の給与とボーナスをすでに引き上げした。 そのことには口にチャックをしておいて、今に及んでも財源をどうするとか言い募っているのはもう漫画の世界だ。 財務官僚の劣化と浅ましさはもう恥さらしの極限にまで至っている。

いまも折角の伸びた税金をあてがうとの意見についても減ったらどうするのだと屁理屈だけは一人前。 とにかく口に入るものはすべて対象にするということがこの際一番の分かりやすさで説得力がある。 

さて高みの見物の官邸のすべては憲法の為という思惑は取らぬ狸の皮算用にもなり兼ねない。 しかしながら消費税率を8%から10%に引き上げた場合、税収は約5・4兆円増える。 この増税分は、国の借金となる国債発行に頼る比率を減らしつつ、社会保障予算に使うことが決まっているが、ここへの切り込みの政府の努力は安保法制と比べてもユルユルの裁断である。 全体の予算の整合性、整理整頓から見る仕事が本来の政府の仕事である。 それと憲法改正を結びつけることは別のことである。 安倍はこういう方便政治の常用が

多すぎる。 物事の本質を別々にしないで何でもかんでもごった煮で考える。

本来この軽減税率は政府も体を張って対峙すべきことで、いつも難しいことから逃げる安倍の姿勢は厳に問われるべき責任回避なのだ。 それだけにこのオトコ信用ならん。 公明もこのことと憲法の両てんびん取引めいての要らぬ懐を探られぬようにしておかないと、もう早速次は憲法と底の抜けた取引に引き込まれるぞ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント