無線免許代行業務日記

無線の免許を申請するなかで起こった出来事、日記にしてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コリンズ・ドレークの送信機系統図

2007年07月25日 15時39分58秒 | 靱帯再建闘病生活

コリンズ・ドレークの送信機系統図なんですが、主に米国製旧リグには取説はあっても、ブロックダイヤグラムである送信機系統図が無い場合が多くあります。

当然ではありますが、アメリカの免許は包括免許なので、リグの特定が不要の為、様は使えさえすれば良いと言うスタンスです。

日本で使用する場合は、ブロックダイヤグラムが必要な為、回路図等から読みとって、自力で作成するしかありません。取説を良く読めば、ある程度の事は分かりますが、英語であり、1台1台違う環境でありますので、それを具現化する事は、なかなか代書レベルでは難しいと言わざる得ません。

注意点としては、周波数の記載を漏らす事が多いので、それは記載した方が良いでしょう。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 技適番号と工事設計認証番号 | トップ | 公的個人認証入れようとしたら? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

靱帯再建闘病生活」カテゴリの最新記事