無線免許代行業務日記

無線の免許を申請するなかで起こった出来事、日記にしてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8月1日変更分提出完了(自局再免許)

2007年08月01日 22時18分14秒 | Weblog

8月1日変更分提出完了(自局再免許)しました。

案の定、今回の変更はプログラムのみでなく、全部入れ直しでした。JAVA+安全な通信の証明+公的個人認証のJAVAへのファイル移動+申請プログラム です。

確かに、再免許部分は簡略化されて、印刷しても2ページにおさまります。しかし、プログラム上は、何故か書かなくても良いような部分がありまして、プログラム上の見た目の量はたいして変わらない印象です。

自局500Wの再免許でしたが、おそらく問題ないとは思いますが、結果を待ちたいと思います。

今回は環境プログラムもバージョンアップされていて、一応はインストは楽にはなっていますが、詳しく読まないと、何処が楽なのかが分からずに、それを探して電話したりするのが大変だったりしました。

これで、法務省も総務省も無事最新バージョンとなりました。PCは別ですが、

 

コメント

本日分もICカードでやってみました

2007年07月30日 16時00分01秒 | Weblog

保証がおりた局長さんがお見えでしたので、本日分もICカードでやってみました。今回は登録も換えてありましたので、すんなり行きました。スピード的にはPKIのファイル形式と同等です。早いです。

しかし、ICカードリーダーがほこりっぽい所にあるので、耐久性に不安は残ります。8月1日にサイトが停止するので、急いで行いました。

8月2日は例によって、JAVAのバージョンアップに苦しむかもしれません。出来ましたら、自分の500W固定局の再免許にチャレンジします。

コメント

技適番号と工事設計認証番号

2007年07月25日 15時34分17秒 | Weblog

技適番号と工事設計認証番号なんですが、結構わかりにくい表現です。

KN****が工事設計認証番号

KV**** KH**** KU****等が技適番号です。

当方も結構混同しておりましたが、最近のものは圧倒的に工事設計認証番号と言う事になります。

技適制度初期のリグが、技適番号と言う事になります。

 

コメント

電波利用料増える、無線局は大丈夫か?

2007年07月16日 09時34分10秒 | Weblog
電波利用料、総務省が徴収対象拡大の方針…経産省反対(読売新聞)

 電波利用料の徴収範囲を拡大する総務省の計画に、経済産業省は公式に反対意見を表明する方針を固めた。

 総務省は高速道路のノンストップ自動料金収受システム(ETC)などでも電波利用料を徴収できるように電波法を改正する方針で、実施されれば製品やサービス価格に転嫁される可能性がある。経産省はこうした計画が情報技術(IT)サービスの普及を妨げると反発している。

 総務省が募集中のパブリックコメントに、経産省は週明けにも反対意見を表明する。一省庁の政策に別の省庁が公の場で反対を表明する事例は極めて珍しい。

 総務省の「電波利用料制度に関する研究会」は6月末に報告書案を公表した。その中で、「免許不要局の(電波利用料)負担について検討が必要」と、2008年度から徴収対象を拡大する方針を打ち出した。


コメント

公的個人認証

2007年07月13日 20時49分24秒 | Weblog

公的個人認証のICがついたカードをもらって来ました。ICとカードで合計1000円で、IC部分は3年有効です。

これからはこれでやろうか?

 

コメント

迷惑メールフィルター

2007年07月07日 23時45分21秒 | Weblog

今、プロバイダーがニフティーとDTIを使ってます。それにレンタルサーバーが2つ、メールは主にDTIに来ますが、迷惑メールフィルターはニフティーが結構有効です。こちらへ来る前にウエブメールフォルダーに自動で振り分けてくれますが、精度が良いので確認しなくても結構いけます。

DTIはここ数日前にやっと対策してきました。こちらは件名にmeiwakuなる文字が入ってきますので、件名でフォルダー振り分けをすれば、まとめて削除出来ます。精度自体は結構良い様です。

メールアドレスが多いので、そこら辺に迷惑メールが散らばらなくなっただけ、多少楽になりました。

この辺でお勧めプロバイダーが決まるでしょうね。

コメント

ついに8月1日の変更連絡が入りました

2007年07月07日 23時35分39秒 | Weblog

総務省 電波利用 電子申請・届出システムからのサービスに関するお知らせ

■ メンテナンスに伴うシステム停止(予定)のお知らせ
 下記の日程でシステム保守を行うため、保守作業の間、本サイトは閲覧できません。
利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、停止時間終了後再度お越しいただきますよう、
ご理解及びご協力をお願いします。

停止時間: 平成19年 8月 1日(水) 0時30分 ~ 8時30分(予定)

なお、今回のシステム保守は、制度改正に伴う停止となっております。
インターネット申請アプリケーションのバージョンアップを予定しています。

--------------------------------------------------

となっておりますので、8月1日の再免許申請の変更プログラムが組まれる様です。法務省と違い、総務省は各自の配布されたソフトで入力しますので、そのプログラムも当然バージョンアップされます。

まずは、私の500W固定局の再免許にチャレンジしてみようと思います。

又、その際はご報告致します。

 


 

コメント

公的個人認証

2007年07月07日 23時30分57秒 | Weblog

公的個人認証なんですが、総務省サイトでは当初より使用可能でした。なんたって500円で安い。印鑑証明書が1通300円なら、何回も使えるICカードは、その意味では割安です。しかし当初電子定款をするのに、PDFへ署名する時点では行政書士のIGすら認めておらず、総務省サイトではIGは全く使いものにならないどころか、×が入って申請すら出来ませんでした。

やっと最近総務省でIGが使える様になったらしいのですが、こうなるとIGどころか最初から入れた公的個人認証に軍配が上がると言うものではないでしょうか?

法務省へこれで入ることは確実に出来ますが、PDFの署名も可能かどうかはまだ検証していませんが、多分出来るのではとは思います。

こうなるとどうなるのかともうしますと、少なくとも当方で行っている総務省と法務省のサイトでは公的個人認証で全部出来ると思われます。

ホンと言うと国交省も入れます。

元々、ネット上の印鑑証明に屋号を入れる事が意味があるのか?は疑問でしたが、全体の価格破壊が進むなか、より疑問な点が増えます。

 

コメント

総務省の電子証明書

2007年06月28日 18時12分55秒 | Weblog

総務省の電子証明書に行政書士の電子証明書が使える様になりました。なったのは良いんですが、努力していただいているのはわかるんですが、もう2年やっているのに、今更変更するのも、なんですかね。

3年の電子証明書がもうすぐ、切れるんですね。24000円でした。いままで問題なく申請出来ているので電子証明書を変更はしないですが、もうちょっと安くなるかな?

ご存知の様に、電子証明書とはネット上の印鑑証明ですが、市役所の印鑑証明とはちがって、色々選べます。

安かったり、使いやすかったり、ですが、業務で行うには使いやすい方が良い訳です。

司法書士さんや社労士さんと違って、申請が多岐にわたる場合は、ICカード方式は合わないし、、

しかし、総務省のサイトって、市役所で出してくれる個人認証でも入れるはずです。

これって確か500円です。

こっちにするか???

でも、電子定款が出来なくなってしまうんで、、、

 

コメント

インド車アンバサダー帰還

2007年06月28日 01時00分18秒 | Weblog

インド車アンバサダー帰還、茶色を黒、黄にしました。インドタクシー仕様です。アンバサダーも珍しい車種ではありますが、このカラーリングはおそらく日本に1台です。これを無線車仕様にします。完成はいつになるかわかりませんですが、和文CWやります。復活しますです。

インドも左側通行の右ハンドルなので、当然パドルは左手打ちです。パドルの設置場所が問題ですが、おそらくシフトレバーでしょうか。

しかし、屋根のラインと、後ろのトランクのラインは、鉄板が薄くて紙みたいな日本車のプレスでは絶対出来ない芸術的なラインです。

タイヤハウスの張り出しなんか、1センチも出せない日本車は、後付でネジ止めだったりすので、ガッカリです。

仏教発祥の地インドだからでは無いでしょうが、頭は坊さんのてっぺんのライン、トランクラインは、ぷりぷりヒップライン。

やっぱ、普通では理解不能でしょうか?

コメント