Biting Angle

アニメ・マンガ・ホビーのゆるい話題と、SFとか美術のすこしマジメな感想など。

神山監督が放つ最新ミサイル、『東のエデン』

2009年04月11日 | 東のエデン
ノイタミナ枠で、神山健治監督の新作『東のエデン』がスタートしました。

東のエデン公式サイト

おりしも世間では飛翔体とかミサイルとかでちょっとした騒ぎも持ち上がり、
不謹慎ながらタイムリーというかシンクロニシティめいたものを感じました。
時代の空気に敏感なフィクションに、リアルの側が歩調を合わせたかのようです。

OASISの『Falling Down』に乗って流れるオープニング映像は、スタイリッシュで
テンポの速いカッコいいものでした。
でもロゴとCGと携帯の組み合わせには、ちとシャフト某作品を連想しましたが(笑)。
5月に出るシングルCDにこんな感じの映像特典がつくなら、買わない手はありません。
てことで、忘れないうちに速攻で初回限定版を予約してしまいました。

ペーパーアニメっぽい映像にハイトーンの女性ボーカルとドライブ感のある楽曲が
うまくかみ合ったEDも、作品のイメージに合っていると思いました。
でもエンディングテーマのタイトルが『futuristic imagination』、バンドの名前が
school food punishmentってのは、どっちも長すぎるし言いにくいんだよなぁ。

羽海野チカのやわらかいキャラデザに全裸の青年というギャグっぽい幕開けは
女性視聴者を意識したようなとっつきやすさですが、その背景に見えているのは
ホワイトハウスとワシントン記念塔。
他ではたわいもない行動でも、ここでやった途端にテロ行為と見られかねません。
個人の意思とは無関係に世界がその行動を規定し、人間性を決め付けることの
危うさが、この導入部から既に見え隠れしています。
それがヒロイン・咲の語る「閉塞感」へと通じる流れは、地味ながらも巧妙。
おとなしそうに見えて実は切れ味バツグン、のっけから神山演出が冴え渡ります。

アメリカの街をリアルに描いた作画、丁寧に動かされたアニメーションなどは
ビジュアル的に見ても一級品。
でもそれ以上に魅了されたのは、携帯電話やパスポートなどの小道具を通じて
「アイデンティティ」と「記憶」の関係を問い直すストーリー展開でした。
記憶のない朗がまず頼る携帯電話、咲にとって荷物より大切なパスポートなどは
モノに託された「自我」の形であり、監視カメラや携帯のメモリーに残った姿は
外部化された記憶のリプレイです。
『攻殻SAC』で追求されてきたテーマは、確実に『東のエデン』という作品へと
引き継がれているようですね。

だれかに自分の未来をナビゲートされるという便利さと、裏返しの不安。
安全なはずの世界に張り巡らされた監視の目と、息苦しいほどの閉塞感。
キレイな映像にくるんだ鋭い切っ先はこれらを切り裂いてみせるのでしょうか、
あるいはあえて切り裂くことなく、さらに違った結末を見せるのでしょうか?
すべり出しは上々、あとは全11話プラス劇場版の中で、どこまで深く物語を
語りつくせるかというところ。神山監督の手腕に期待が高まります。

余談ですが、警官が朗を「ジョニー」と呼んだのは、名前がわからないので
アメリカで氏名不詳の男性をあらわす「John Doe」にかけたのだと思います。
そこを切り返して、朗が自分の「ジョニー」を見せたというわけ。
記憶はないくせに、妙なアメリカンジョークは使いこなせる王子様なのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 神よ見よ、我が業を。-映画... | トップ | ハガレンFA開始、1・2話&... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB感謝です~ (shamon)
2009-04-12 21:31:47
こんばんはー。TB&コメント感謝です。

視聴率も好スタートでIGはうれしいでしょうね。

>おとなしそうに見えて実は切れ味バツグン、のっけから神山演出が冴え渡ります。
枠が枠だけに小出しにして一気に引きずり込むんでしょうね。お手並み拝見です。
羽海野キャラはノイタミナからの申し出だそうですが、
私生活でも親しいお二人、抜群のコラボになりそうです。

しかーし

>妙なアメリカンジョークは使いこなせる王子様>なのでした。
このあたり、女性はちょっと引いちゃうかも^^;。



ミサイルだけに大ヒット~(^^; (青の零号)
2009-04-12 22:12:37
shamonさん、どうもですー。

>視聴率も好スタートでIGはうれしいでしょうね。
この不景気ですから、会社にとってはありがたいでしょう。
まったく神山さまさまですね。

>羽海野キャラはノイタミナからの申し出だそうですが、
>私生活でも親しいお二人、抜群のコラボになりそうです。
公式ブログでは初回を羽海野さん宅で見た様子がアップされてましたね。

今回の仕事、羽海野さんにも大きな成果だったと思いますよ。
監督自身も手ごたえを感じているでしょうし、さらにはりきって
劇場版まで突っ走ってくれそうです。

>このあたり、女性はちょっと引いちゃうかも^^;。
個人的にはウケましたけど、普通は引きますよね。
あのネタ考えたのは神山さんと伊藤さんのどっちなんでしょう?
まあ最近の腐女子と呼ばれる方々は、このくらい朝めし前らしいですが・・・。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

2 トラックバック

神山健治監督「東のエデン」ノイタミナでスタート! (ひねもすのたりの日々)
作品公式ブログはこちら。待ちに待った(笑)神山監督の新作「東のエデン」が、フジテ
■神山健治監督『東のエデン』第1話<br />  山崎浩司演出 近藤圭一作画監督 (★究極映像研究所★)
『ダ・ヴィンチ 2009年 05月号』 神山健治インタビュー  やっかいなことに