Biting Angle

アニメ・マンガ・ホビーのゆるい話題と、SFとか美術のすこしマジメな感想など。

リボルテックEVAの隠し玉“ザ・ビースト”ついに登場

2010年05月15日 | ホビー・フィギュア・プライズなど
今回はひさびさにホビー系のネタを一発。
海洋堂のリボルテックヤマグチから、劇場版EVA2号機の裏モード解放状態である
「獣化第2形態“ザ・ビースト”」が発売されました。
劇場版:破で衝撃の登場を果たし、世のアスカファンを失意のどん底に叩き込んだ(笑)
いろいろといわくのある機体でもあります。

「ガナーザクウォリアー、出るわよ!」
…おっと、中の人と機体の赤い色がかぶってる別キャラと勘違いした模様。

figmaのキーワードが「よく動く、キレイ」なら、さしずめこちらは「よく動く、ブキミ」。

過剰なまでの猫背ぐあいに、新規造型のこだわりが感じられます。
背中の制御棒は、上から2本目だけがリボ玉つきの可動パーツになってます。

リボシリーズでおなじみ大量のエフェクトパーツをつければ、獣化形態の暴れっぷりも
より一層グレードアップします。

露骨なまでの悪趣味とムチャクチャさも、この形態にはむしろお似合い。
他にも血しぶきとかのエグい系エフェクトが付属しています。

これを下からアオリで見ると、こんな感じに。

こうなるともはや人造人間というよりも、むしろ大怪獣に近い。
そう思うと、背中の制御棒がなんだか怪獣の背びれにも見えてきます。

…あ、これってなんだかゴジラのイメージが入ってるかもしれん。

そういえばEVAって、そもそもウルトラマンの流れを汲む「怪獣映画」だったはず。
“ザ・ビースト”の姿には、そんなEVAの原点をもう一度確認しようという意図が
込められているのかもしれませんねぇ。

ちなみに初回生産分のおまけとして、サンダースピアもついてました。

おまけとはいえ、ちゃんとと折り畳みが可能なスグレモノ。
これで一番くじSCMの2号機から武装を流用する必要もなくなります。

…まあ最初からノーマル2号機につけてくれればいい事なんですけどね(^^;。
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「建築はどこにあるの?7つ... | トップ | 『話の話』を見に行った話―ノ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
買うしかない!? (BP)
2010-05-16 21:35:36
 twitterでも、リプライしたとこですが、こちらでもこんばんは!

 この迫力は買うしかないですかね。
 破のDVDを観る時には是非手元においておきたいもの(^^;)。
買うなら早いほうがお得かも (青の零号)
2010-05-17 20:39:57
BPさん、こんばんわ~。
これに関しては「特撮リボルテック」に分類されても
あんまり違和感ないかもしれませんね~。
この造型に抵抗がないであろうBPさんには、安心してオススメできますw

リボルテックは変なタイミングで品切れになるので、
入手できるうちに買ったほうが安心かもしれません。
記事に書いたとおり、初回版にはオマケもつきますから。

コメントを投稿