Biting Angle

アニメ・マンガ・ホビーのゆるい話題と、SFとか美術のすこしマジメな感想など。

やっぱりゲームは見るものじゃなく、遊ぶものです。

2006年01月16日 | ゲーム
昨年からの宿題のひとつだった『FFⅦ アドベントチルドレン』ですが、
先日とうとう見てしまいました。
ぶーぶー言っといて見ないでおくというのも一つの手でしたが、
一度は中身を確認しておかないとなぁという気もありましたので。

さて感想ですが、大体は世間のウワサどおりだったな~という感じです。
アクションがほとんどで独自のドラマ性が薄いとか、ゲームやってない人には
向いてないとか、全くそのとおり。
この作品のドラマ性は、そのほとんどをゲームの『FFⅦ』に依存しています。
『AC』は、そこで未決着だった物語を引き継ぎ、最新の3DCGによって
これを映像化したものであって、あくまでその域を出ない作品でした。
新たな物語は、ここにはありません。あまりにも変わっていないことが
うれしかった人もいるでしょうし、そこが物足りない人もいたはずです。

ウワサと違ったのは、思ったほど映像に新鮮味が感じられなかったこと。
CGは確かにがんばってました。でもそれがスゴイということと、
映像として見ごたえがあるかということは、やっぱり別物です。
あれはFFⅦがゲームであったからこそ「CGでよかった」という考え方が
成り立つわけですよ。ゲームキャラの印象が壊されないから。
でも演技力とか存在感というものについては、人間の役者とはとても比べようが
無いくらいの薄さでした。
絵的にもどこかドラマチックさに欠けるし、演出もタメが少なくてゲーム的。
各シーンもどこかの映画やアニメで見覚えのあるようなもので、なんだか
既視感を感じてしまいました。
ゲームのイベントムービーであれば十二分、いやむしろゲーム本体を脅かすほどの
クオリティだとは思いますが、これがフルCG映画の最高峰ということであれば
実写映画にとって代わることは当分無いでしょう。
映画ファンは映画を見にいくし、ゲームファンはゲームをやり続けると思います。
それはそれで、健全なことなのかも。なにしろ表現の形が違うのですから。
無理に一緒になろうとしなくてもいいんですよ。

でも1時間40分ほどの映像の大半がSFXの、しかもアクションばっかりの映画って
やっぱり作品としては疑問ですね。

これが『FFⅦ』の物語じゃなかったら、みんな満足できた?
結局この作品の最大の価値は『FFⅦ』の続きであったことに尽きるんじゃないの?
これを一般の劇場公開作品と考えたとき、普通のお客は納得してくれると思います?
それともこれは『FFⅦ』をプレイした人だけが享受できる娯楽なのですか?

だとすれば、結局これは「ゲームのイベントムービー」なんでしょうね。
それもえらく長くて、手の込んだヤツ。そう思えば納得もできるというものです。

瑣末な話をいくつか。
FFⅦのコンピレーションについては『BC』と『AC』が既に発表されてますが
これに今後出る『CRISIS CORE』を入れると「ABC」が揃うことになります。
さらに『DIRGE of CERBERUS』が『DC』になるということで・・・狙ってるのかな?
『AC』については『BC』と対になって「西暦」=キリスト暦をもじってるようです。
『アドベントチルドレン』という言葉自体、そもそもイエスを思わせるものだし。
ちとネタバレですが、教会での水かけの姿は明らかにバプテスマのイメージでした。
だからといって宗教的な深みとか含みがあるということは無さそうですけど・・・。
もしそれを狙ってたとしたら、いささか説明不足だったかな。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今年もトップ愛は不滅です | トップ | 『火星夜想曲』は大傑作! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿