DALAI_KUMA

いかに楽しく人生を過ごすか、これが生きるうえで、もっとも大切なことです。ただし、人に迷惑をかけないこと。

風(27)

2019-12-25 18:48:55 | ButsuButsu


さて、続きの話をしよう。
相変わらず、びわ湖の底の溶存酸素濃度は低い。
今年は暖冬らしいから、この厳しい状況はしばらく続くのかもしれない。

酸素の多い水面の水を湖底に送り込む新しい方法を思いついた。
一度動き出したら、自然がエネルギーを供給してくれる。
実用化できたら夢のような話だ。

海で同じようなことを考えた人がいる。
Perpetual salt fountainと言うのだそうだ。
日本語では永久塩泉と訳されている。

こちらは栄養塩の豊富な深層水を自動的に組み上げる方法だ。
ちょっと聞くと眉唾な話のように感じる。
しかし、これはストンメルという著名な海洋学者による提案だから、あながち夢の話ではない。

Perpetualというのは永遠に続くという意味だ。
永久機関のようにも思えるが、エネルギー源は自然だから、元を辿れば太陽エネルギーということになる。
太陽と地球が存在する限り、この噴水は動き続ける。

私が提案しているのも、同じような原理だ。
種を明かすと何だと思われるだろうが、世の中というのはそんなものだ。
この仕組みで、びわ湖の全循環が回復できるのなら、こんなハッピーな話はない。

ということで、来年は忙しくなりそうだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 風(26) | トップ | 風(28) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ButsuButsu」カテゴリの最新記事