気軽に投資ができる仮想通貨の魅力とは!?資産運用方法

キャッシュレス化が進んで行く中今後の仮想通貨市場
朝日豊貴の仮想通貨ブログ
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡

暗号通貨ビットコインはなぜハードフォーク分裂が起きるのか

2019-08-07 13:46:52 | 日記
暗号通貨のビットコインは過去に2度もハードフォーク分裂を起こしております。

ビットコイン⇒ビットコインキャッシュ
ビットコイン⇒ビットコインゴールド

ハードフォークとは

これまでのルールとは互換性のない新しいルールを適用させて従来のものと分裂することです。

仮想通貨について!今後暴騰するのでしょうか・・・
仮想通貨の投資について分かりやすく説明して行きます。
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡 益々キャッシュレスが進む昨今、ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか?
ビットコイン⇒ビットコインキャッシュ
ビットコイン⇒ビットコインゴールド

ビットコインの既成のブロックチェーンから分かれて新しいブロックチェーンが作られました。

主な理由は開発者同士での意見の違いが出てきてしまい、
少数派の開発者が抜けて新たなキャッシュとゴールドを誕生させたと言われてます。


仮想通貨・暗号通貨の今後の未来予測!今後の仮想通貨市場とは!?

2回とも一時は価格帯が下がりましたが、すぐに持ち直しました。
現時点では断トツビットコインが基軸通貨となり暗号通貨市場の王道コインになっております。

何れビットコインを超すようなコインが現われるのでしょうか。

ビットコイン(BTC)仮想通貨を始めるには今がチャンス!? 上手な資産運用
学んだ投資について (札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡)


大手LINEが国内で暗号資産取引開始か

暗号通貨資産規制の中国と韓国の実態

2019-05-02 12:34:19 | 日記
隣国の中国と韓国はICOが2017年に禁止されれていますが、トークンを使った別の形態の資金調達であるIEOがひそかに流行しているとのこと。
IEOとは既存のICOにおけるトークンの販売や配布を暗号資産取引所に委託して行う資金調達方法です。
ICOのプロセスに暗号資産取引所が仲介役として立ち入りしているのがIEOである。

日本で初めてのICO「COMSA」朝日豊貴
IPOとは違い企業が独自に資金を調達することができるのがICOの魅力!
「COMSA]とは日本で初めて誕生したプラットフォームのことです。
昨年には約1か月余りで100億円以上も資金を調達してICOを実現しました。


メリットとしては取引所がトークンの事前審査を行うため詐欺的なトークン販売で利用者が騙されることがなくなると期待される。
中国と韓国の取引所は抜け道としてIEOを行っているのが実態ではないでしょうか。


このようなやり方で小規模な額での資金調達を複数回繰り返しているとのこと。


今年に入ってからもバイナンスやHuobiなど海外の大手暗号資産取引所が相次いで独自のIEOプラットフォームを立ち上げている。
最近は暗号資産全体では停滞気味ではあるが、IEOでの資金調達は好調でトークンの価格も上昇している。

暗号通貨といえばダントツ知名度を誇る王道コインのビットコイン!
その取引量は日本がトップを占めております。
以前は中国が上位でしたが中国政府の規制により取引量は大幅に減少しました。
そのような影響もあり日本が1位になりました。
世界には色々な金融商品がありますが朝日豊貴暗号通貨とどのような違いがあるのでしょうか。

株やFX同様に分離課税を期待したい

2018-11-10 16:20:43 | 日記
仮想通貨の税金の件は全世界共通でどのようにして行けば、良いかなどの議論は同じである。

最近フランスでは今後の仮想通貨全体を国が対応していくのに税制改革法案改正を採択しました。




次回、法案が承認されれば来年1月から仮想通貨に対する税率が最大36.2%から30%に減税される見込みである。
フランスの大統領は仮想通貨の法整備に力を注いでおり、ICOの法的枠組みも受け入れたいと発表してます。


36.2⇒30%はそんなに大胆な減税ではないが、大口の投資家からするとかなり大きな魅力になるのではないでしょうか。
今後、フランスの大口投資家からの資金の流入に期待をしたい。



今回はフランスが先に減税を行いましたが、日本も株やFX同様に分離課税されることを期待したいところです!




仮想通貨代表コイン(ビットコイン・イーサリアム・リップル)
今後の仮想通貨は様々な決済や投資目的に使用されると朝日豊貴は予想します。
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡まで全国に広がりつつあります。

暗号通貨2018年以降更なる期待!
今後益々注目され様々な日常で使用されると朝日豊貴の予想!
キャッシュレス化が進む日本の未来とは!?

仮想・暗号通貨は今後どうなっていくのか
仮想通貨の投資について朝日豊貴が分かりやすく記事を書いていきます。
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡全国までキャッシュレスが進む昨今、ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか。

ICOと各国の規制対策の違いとは

2018-10-28 17:42:02 | 日記
日本が世界で一番最初に仮想通貨に関する法律が作られました。
しかしICOに関する国内のルールはまだありません。


各国では暗号通貨よりも先にICOに関して規制をする考え方があります。


例えば下記の国ではこれらの規制があります。



・中国
昨年に中国はICOを全面禁止しました。
それまで中国はビットコインの取引量が世界一だったので、影響が大きかったと言えます。
もしかしたら、いずれルールが明確化されれば、解除されるかもしれません。


・韓国
韓国も中国と同様にICOによる資金調達を禁止しました。
それまではイーサリアムやリップルも取引量がトップクラスでしたが、価格にはほぼ影響がありませんでした。



我が国の日本では特にICOによる規制はありません。
但し関連するような法律としては下記のような決まりもあります。

ビットコイン(BTC)仮想通貨を始めるには今がチャンス!? 上手な資産運用


1、金融商品取引法
現時点では特に規定はありませんが、誰がどのように募集して、いくら調達しても国から何か指摘されることはありません。

ICOでは投資家が仮想通貨を出し、事業者はトークンを発行します。
両方とも金融商品取引法上で規定されている金融商品のどれにも該当しません。


仮想通貨・暗号通貨の今後の未来予測!


2、資金決済法
日本では仮想通貨取引所は、金融庁に取り扱う仮想通貨を届け出なければなりません。
ICOで発行するトークンが資金決済法上の仮想通貨に該当する場合、
販売する事業者は仮想通貨交換業の登録が必要になります。


仮想通貨について!今後暴騰するのでしょうか・・・
仮想通貨の投資について朝日豊貴が分かりやすく説明
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡 益々キャッシュレスが進む昨今、ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか?

暗号通貨2018年以降更なる期待!
今後益々注目され様々な日常で使用されると
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡
キャッシュレス化が進む日本の未来とは!?

仮想通貨の基軸通貨ビットコインBTCの特徴とは

2018-09-28 15:03:45 | 日記
ビットコイン(BTC)仮想通貨を始めるには今がチャンス!?

ビットコインBTC

通貨単位 BTC

またはSatoshi


1Satoshi=0.00000001BTC



発行量にも上限があります。
2100万コイン限定



現段階では1ビットコインの価格は約75万円ですが
1BTCよりももっと少ない数からでも購入することが可能です。

朝日豊貴の暗号通貨ブログ


2017年には「改正資金決済方」において仮想通貨と認められ法律が整備されました。


まだまだ店舗ではビットコインでの決済ができませんが、少しづつ広まりつつあります。



そもそもビットコインには、管理団体がないことが特徴です。
例えば電子マネーは企業が発行元となってますが、
ビットコインは取引する取引所はあるが、管理者はおりません。



ビットコイン以外にも様々なコインがありますが、正確な数は分かりません。
1000種類程度あるとも言われております。


ビットコインの他にも有名どころとしては
イーサリアム
リップル
 
特にリップルは今後、大幅な価格の上昇が期待できるといわれております。