河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

フレームザック

2017-08-16 10:26:00 | 登山


かつて、フレームザックなるリュックがありました。
今でもあるのかも知れませんが・・
私も一時期これを使った事があります。



大昔、登山者たちが担いでいたザックは、キスリングと呼ばれる、
帆布で出来た横長のザックでした。
それは、私が登山を始める以前の代物で、
ただ単に帆布の袋でしかありません。

その袋にどうやって登山用具を詰め込んでいくかは最大のテクニックが要りました。
軽い物は下側に収め、重い物は上に詰めていくのですが、
それでも常時必要になる物は、上に詰めなければなりませんでした。



キスリングを形が良く整える事で、その人の登山歴がばれてしまいます。
下手な人のザックは形もバランスも悪かったのです。
私が登山を初めた頃にも、まだキスリングを使っている人は珍しくはありませんでした。
また、大学の山岳部の連中は、わざとキスリングを使って、
用具の収納やバランスの勉強をさせている所がありました。

穂高岳の下りで、私がほぼ下り切った夕暮れに、
大学の山岳部の連中10人くらいが大型のキスリングを背負って、
掛け声をかけながら、これから穂高を目指して登って行くのに出会いました。
「あ~、やだな~、大学の山岳部なんて死んでも入るもんじゃないな」と、
必死の形相の下級生を見ながら痛感したものです。



そういったキスリングに比べて、
フレームザックは最初から箱型に形が整えられているので、
用具をテキトーに放り込むだけで良かったのです。
ファスナーが所々にあるので、横からでも荷物を取り出せるし。

また背中がザックと直接触れずに間が開いている感じも、
汗をあまりかかずに快適なイメージがして、とても魅力的に思えたのです。



それで私もフレームザックを買い込んで、
晴れ晴れとした思いで山歩きによく使いました。

しかし、フレームザックにはとんでもない落とし穴があったのです。

日本の山には結構倒木があるのです。
台風の後などに登山すると、登山道に木が倒れているのです。
そういった箇所になると、当然倒木を跨いだりくぐったりしますが、
くぐる場合が難点なのです。

上にあるフレームが木をくぐった筈だと思ったのに、
くぐり抜けられずにガーンと引っかかるのです。
いきなり急ブレーキをかけられた状態でストップさせられてしまうのです。

それでもそれはまだいいのです。
問題は、岩場の下りなのです。
それはビックリするなんて事では済まずに生死に係わるのです。
ある時、岩場を降りていました。
その時、下側のフレームがコツンと岩に当たったのです。
それにはビックリどころか泡を喰いました。
後からいきなり背中を押されたと同じなんですから。

「冗談じゃないよ、これじゃ死んじゃうよ」
それ以来、私はフレームザックを使う事はありません。
捨ててしまいました。

フレームザックというのは、
あくまでもトレッキング・・山麓を歩くザックであり、
本格的な登山などで使うべきでないザックだと思い知りました。

今でもあるのかどうかは知りませんが、懐かしい。
(エバニュー・バックカントリー)なんてカッコ良かったからな~。
でも穂高に行ったら命とりになるザックでしたね。


コメント